創聖のアクエリオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「まともな話は一話も無い。」
創聖のアクエリオン について、『となりの801ちゃん』内での脚注

創聖のアクエリオン (そうせい -) とは、「念心!」「合体!」「GO!アクエリオン!!」なロボットアニメ。 OVA版・劇場版・パチンコ版もある。

アクエリオン

合体するときに気持ちいい燃えるなどエロスな匂いがプンプンするが、残念ながら健全な内容である。

ストーリー[編集]

一万二千年前に封じられた堕天翅族が復活し、人間からプラーナを集めてる。それに対抗する為に創られたのがディーバである。 ディーバに集められたエレメント達は日夜合体訓練を続けながら、堕天翅族と戦っていく。

アクエリオンとは[編集]

3つの戦闘機、ベクターソル、マーズ、ルナが合体して完成するスーパーロボット。明らかにゲッターロボを意識した設計である。が、変形機構がさっぱり分からないことで有名なゲッターと違い、きちんと変形、合体が分かる。搭乗者がその日の気分で設定されたり、途中で変更できたりとパイロットの固定という概念がない、また必殺技も人それぞれ持っていたり、特定の組み合わせで発動したりと自由度が高い。かといって一回の戦闘で複数の必殺技を有効に使えていないなど、根本的な戦術の問題があるが誰も気にしない

超神話的なんとかの力でパンチが無限に飛んで行ったり、巨大化したり普通にする。毎回このネタで戦うため中盤にさしかかる前に大体の視聴者が何が起きても驚かなくなったが、作中の人は毎回素晴らしいリアクションをとっていた。

登場人物[編集]

ディーバ[編集]

アポロ(声:木野国也
本作の主人公。野生児。とても13歳には見えない。
主人公にありがちな、周りとなかなか溶け込めない一匹オオカミ的なキャラだったが、気がついたらみんなと仲良くなっていた。
最初から最後の方までずっと太陽の翼と勘違いされていた。この勘違いから結構な面倒事が散発したが、勘違いが解ける頃には比較的どうでもいい問題になっていた。というか忘れられていたと言ってもいい。
主人公というかベクターソルをほぼ独占していたため、出撃率ひいては出番が一番多い。
技の名前がやたらストレート。
シルヴィア・ド・アリシア(声:かかずゆみ
本作のヒロイン。ブラコン。
「気持ちいい」と叫ぶ役。決め台詞がほかに特にない、ヒロインなのに。
他の女性キャラが影が薄く、ギャグもこなさなければいけなくなった。
ヒロインだが、基本的に乗っているベクタールナにいろんな人が乗るのであんまり出番がない。
アニメ本編よりもスパロボの方が活躍の機会が多いってどうよ…
シリウス・ド・アリシア(声:杉田智和
シルヴィアの兄。ナルシスト。
バラとか好き。必殺技のエフェクトで使っちゃうくらい好き。
出番のわりには活躍が少ないような。
ナルシストと関係しているのか技名がやたら中二くさい。というかどう頑張っても「嫉妬変性剣」を「ゼーロテュピアーグラディウス」なんて読めない。
原作とOVAでは役回りがかなり違う。てか途中で死んでしまう。
ピエール・ヴィエラ(声:小野坂昌也
ディーバに所属するエレメント。ナンパ野郎。
こいつがメインの話はとってもあほらしいか、とってもまじめかの2択というふり幅の激しさ。
蹴ったサッカーボールが燃える。それってどんなイナズマイレブン?
一度、合体依存症的な状態になり、「合体させてくれ~」と叫びつつけていた。
紅麗花(こう・れいか)(声:小林沙苗
ディーバに所属するエレメント。不幸。
キャラが不幸以外特になかったので活躍の機会がとても少ない。
その不幸のレベルは作中でネタになったり、必殺技になったりするぐらい。
とあるイマジンブレーカーに比べたら不幸でも何でもない。つまり普通の人。
リーナ・ルーン(声:佐藤裕美
ゴシックな年齢不明。吸血したりするが、吸血種ではないらしい。
作中アクエリオンに乗ったのは2回という少なさだが、アクエリオンが銀色に変色する、テレポートするなどインパクトは絶大だった。
常にフリーザみたいな乗り物に乗っているが誰もツッコまなかった。
つぐみ・ローゼンマイヤー(声:日笠山亜美
めがねでドジっ子、巨乳、ガチ百合など様々な属性を持つ。
特殊能力が、心臓がドキドキすると爆破が起こるというよく分からない代物。
百合はもう止められない所まで来ていて、その愛が必殺技になったり、次元の扉を開くなどある意味こいつの愛が世界を救ったとも言えなくもない。
ジュン・リー(声:阪口大助
ディーバに所属するエレメント。オタクメガネで天才ハッカー。
能力が念写で攻撃性が皆無だった。上のつぐみとセットでの出撃が主で、念写→爆破という流れでしか攻撃ができなかった。
そして最終決戦で何もしていないという、完全にいらない子。
スパロボではなんとか拾ってもらえている。本当にスパロボとかの方が出番多いってどうなんだろうか?
不動GEN(声:石塚運昇
ディーバの司令官。謎の男
1万2000前から生きていたり、音もなく高速で動いたりと人類やめている。
こいつの助言で起死回生し、勝利するというのが定石。水戸黄門でいう印籠みたいなもの。
その格言は原作のみならず、スパロボやACEでも存分に発揮された。そして、どの世界でも「こいつは何者だ」と言われていた。
結局、ほぼ何も語られることなく、その素性などほとんどが謎のまま本編が終了した。

堕天翅族[編集]

聖天翅・頭翅(トーマ)(声:森川智之
頭に翅を持つ、堕天翅族の指揮官。OPの元となったラヴレターの作成者。どうやら彼はホモセクシャルで太陽の翼と合体したかったらしい。ちなみに劇場版では男でありながらガキを産もうとして流産している。
結局太陽の翼=アクエリオンだったため、機械を愛するというかなりやばい性癖の持ち主。
最終的には自分もアクエリオンに合体できて満足したのだろう、清々しい顔でフェードアウトした。
戦翅・両翅(モロハ)(声:矢尾一樹
戦闘型堕天翅。好戦的な性格をしていて、頭翅をライバル視しているという設定。
実際堕天翅のなかでは頑張っていたが、ご都合主義のアクエリオンの前では勝てなかった。

OPソング「創聖のアクエリオン」について[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一万二千年の恋」の項目を執筆しています。

また、OPソングは果てしなくぶっ飛んだ歌で有名。サビは『一万年と二千年前から愛してる』などといった、人間の常識を大きく逸脱した歌詞になっており、その後『八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった。一億と二千年あとも愛してる』と続く。さらにこの歌詞はサビとして何度もループされ、完全にストーカーちっくで救いようのない歌になっている。

数字部分が漢字だとあまりピンと来ない人もいるかもしれない。要は現在を西暦約2000年とすると、この歌の通り行くと紀元前10000年頃、つまり最後の氷河期が終わったか終わらないか辺りから愛し始めていたが、中国が始まるくらいにその想いは強くなり、現在は西暦100000000年になっても愛し続けると歌っているのである。ちなみに西暦100000000年もすると大陸の場所があべこべになっており、西暦200000000年には新しくアメイジア大陸ってのが出来る……らしい。詳しくはWikipediaね!

   \\         一 万 年 と 二 千 年 前 か ら 愛 し て る         // 
     \\ 八 千 年 過 ぎ た 頃 か ら も っ と 恋 し く な っ た      // 
      \\       一 億 と 二 千 年 後 も 愛 し て る          // 
        \\ 君 を 知 っ た そ の 日 か ら 僕 の 地 獄 に 音 楽 は 絶 え な い// 
          _ _∩.     _ _ ∩    _  _ ∩    _ _ ∩    _ _∩.    _  _ ∩. 
        ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡 
        (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡 
       _ _∩.    _  _ ∩     _ _ ∩    _  _ ∩    _ _ ∩     _ _ ∩ 
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡 
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.  
     |   |     . |   |     |   |     |   |     .|   |     . |   |
     し ⌒J     し ⌒J.    し ⌒J    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J

一応、ぼんやりと歌を聞いているだけだと、男女間のラブソングに聞こえてしまうのも事実。そういった次第で、うっかり結婚式に流してしまったなんて痛カップルもいたそうな。
パチンコCMのおかげで一躍メジャー化し、2008年度JASRAC銀賞なんてのもゲッツしている。
が、本曲で歌われてるのはシルヴィアのアポロへの想いではなく、セリアンのアポロニアスへの想いですらなく、きもトーマ様のアポロニアスへの想い、である。


Jasrac.jpg
JASRAC届出済
この項目に使用されている楽曲は、JASRACにより管理されています。

アンサイクロペディアでこの警告は分不相応かも知れませんが正真正銘の警告となります。
無断で使用した場合、著作権法により処罰の対象となりますのでご注意ください。

あなたと合体したい[編集]

このアクエリオンブームに乗ってSANKYOが朝鮮玉入れの新機種「フィーバー創聖のアクエリオン」を発売した。前述の曲がCMソングとして採用されており、オタク向け深夜アニメの主題歌を、女子高生DQNが口ずさむという信じられない光景が街中で目撃された。特に注目されたのが女優多岐川華子のセリフ「あなたと合体したい…」で、この言葉によりお茶の間にエターナルフォースブリザードが吹き荒れた。これは、細木数子が自らの冠番組で「センズリ」と発言した際と同等の数値である。さらに調子にのった会社はCM2号に「気持ちイイ」のセリフを挿入(まじめな意味で)し、チョメチョメを暗喩する内容となっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「創聖のアクエリオン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「創聖のアクエリオン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「創聖のアクエリオン」の記事を執筆しています。

満を持して始まった続編