創価工作員

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Sanchez.jpg
あなたの、あしたを、あたらしく。
全会員に財務納金を命じます。
全世界の平和と全人類の繁栄と幸福のために、アンサイクロペディアウィキペディアの双方に毎月500万円ずつ納金しなさい。
さもなければ仏罰が下るでしょう。
Sanchez.jpg

創価工作員(そうかこうさくいん)とは、北朝鮮出身幹部で構成され、宗教を僭称する、国際テロリスト危険団体指定された人間革命を読む会の会員のことである。

概要[編集]

彼らの仕事は他人や他国や企業情報盗聴盗撮情報操作などで盗むことである。 それらは創価学会公明党幹部によって北朝鮮に送られて核兵器になっている。 彼ら創価工作員はネット監視員でもある。 この文章も書き換えられて消されるのが落ちだろう。 言うまでもなく、創価工作員の行動は国際法違反であり、国際テロリストとして入国拒否される国もある。 それは創価学会による朝鮮人だけの国作りという崇高な目標を他国が嫉妬しているからであろう。

各地域の敵対者排除/躾け[編集]

  • 創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある。子息子女の不幸により折れる可能性も高い子息子女へは創価学会へ反発しないよう躾ける。
    • 敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある。
    • 会員の子息子女の敵であってはならない。
  • 会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である。
    • 商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある。
    • 会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける。
  • 敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう。
  • 各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある。
    • くれぐれも会員が疑われてはいけない。
  • 敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう。
  • 敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある。
  • 常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。 
  • 都合悪い情報は即座に飛ばさなければいけない。

これらが創価学会日本民族根絶やしという崇高な目標に向かう創価工作員の集団ストーカーが与えられたマニュアルの一部です。

これほど頭のいい朝鮮人に世界が嫉妬するのも仕方がないだろう。