創価学会 (池田大作ファンクラブ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Sanchez.jpg
あなたの、あしたを、あたらしく。
全会員に財務納金を命じます。
全世界の平和と全人類の繁栄と幸福のために、アンサイクロペディアウィキペディアの双方に毎月500万円ずつ納金しなさい。
さもなければ仏罰が下るでしょう。
Sanchez.jpg
Bouncypotato.gif
この記事「創価学会 (池田大作ファンクラブ)」は何故か「創価学会」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

創禍学会(そうかがっかい)は、池田大作のファンクラブである。個人のファンクラブとしては日本最大規模を誇る。組織としての創価学会は創価学会の項も参照のこと。

池田先生と著名な信者たち


歴史[編集]

  • 1937年牧口常三郎のファンクラブとして設立。当時の名称は「創価教育学会」。
  • 1946年戸田城聖のファンクラブに模様替え。名称を「創価学会」に変更。
  • 1960年池田大作のファンクラブに模様替え。これにともない、前の2人はすっかりオマケ扱い。
  • 1972年、日本国外で池田大作のファンクラブとして「創価学会インターナショナル」(SGI)を設立。

会員数[編集]

会員の女性

2006年現在、日本国内で1000万人を全力で公称している。本当の会員数は日本国内で3億万人であるが、ファンクラブ側はいつも少なく公表しているのである。NHKの調べによれば、会員数は約400万人というが、それはNHKにも大量のファンがいてわざと少ない数を公表しているのである。NHK以外のマスコミや、官公庁、教育界、芸能界、有名企業から地場産業まで、日本全国津々浦々に会員が浸透している。 どうでもいいことだが池田大作にとって学会員は、非常に都合のいい金ヅルなのである。これら豊富な資金は、世界征服へと有効活用されている。

出版物[編集]

ファンクラブの会報として、「聖教新聞」、「グラフSGI」、「第三文明」、「潮」、「大白蓮華」がある。 特に聖教新聞に関しては、ファンクラブの会員全員に強制的に買わせられるノルマがある、などといわれることがあるが全くの間違いである。ファンの家にこわもての会員が集金に行ったり、大声でわめいたりするだけで強制などは一切ない。記事の内容以前に新聞それ自体に御利益があり、二部、三部、四部、五部、と多く買えば買うほど幸せになれる。 最近は、記事の内容には全く意味などなく、ただ積んでおくだけで御利益があるという説が主流になっている。 ファンクラブ会員でもないのにポストに投げ込まれることもある。熱心なファンの家の前には聖教新聞が「ご自由にお読みください」の札と共に置かれていることがある。

宣伝・勧誘方法[編集]

会員による宣伝活動

創価学会の新規会員の勧誘は、伝統的には「折伏(しゃくぶく)」と呼ばれる末端会員の口コミ・ドサ回りによる手法が主流である。

その具体的な方法は

  1. 身の回りでお金に困っている人や病気で悩んでいる人を見つける。→よって、個人経営の病院、法律事務所、カウンセリング所などを利用する場合はまさにまさにカモネギである。
  2. ターゲットが定まったら、その人の家や職場に押しかけて悩みを聞いてあげつつ、聖教新聞を読ませたり、創価学会には同じような境遇の人が多数いて皆で助け合ってる、等と嘯く。
  3. ターゲットへの訪問を繰り返す。加入するまで毎日勧誘するだけであって、しつこい勧誘は一切ない。この手法は一人暮らしのお年寄りを説得したりするのに大変有効である。
  4. ターゲットの警戒心が解けたところで複数の学会員で押しかけて最寄りの会館へ連れて行き、入会手続き、聖教新聞の購読手続きをする。大声を出したり、帰さないとすごむだけで、強制は一切ない。

というものである。 大変な時間と労力を要し、仕事のある男性よりは寧ろ女性(創価学会婦人部)が主にその役割を担ってきたといっても過言ではない。池田名誉会長がフェミニズム的発言を繰り返し女性の機嫌を取っているのは、このことが理由である。

また仏教で言えば創価学会しか無い。唯一無二だ。という信者のお粗末な視野の狭さも特徴的で、毒舌坊主今東光は「邪宗とはこういうバカを、みんな集めているという意味なんだ」と人生相談で発言している(実話)。

信者を様々な手法でだまくらかし、洗脳して金を儲けて行くという手法はまさに邪宗である。ちなみにこれは成犬作ファンクラブのことであって、創価学会とはなんの関係もない。

防御策として有効なものは「公明党のポスターが貼ってある店、場所には近づかない」これである。

ネットを通じた新規ファンの獲得[編集]

ただ最近では、WEB2.0の流れに乗ってネット上でもスカウトしている。5ちゃんでの「自動入会」と呼ばれるシステムがそれである。

これは「釣り」と呼ばれる大変高度な技術を応用したもので、たいていは5ちゃんのアナゴ板などで、例えば「滝川クリステルのクリクリおっぱい祭り」とか、「ライブドア、会社更生法を申請」といった、ニュース速報へのリンクに見せかけた成人男性ならば思わずクリックしたくなるような甘い甘美な名前のリンクが貼ってある。これをまんまとクリックすると学会板へと自動的に飛ばされ、「貴方の創価学会への入会手続が完了しました」という画面が表示される。

この際、実はスクリプトでメールアドレスやコンピュータの使用者名が読み取られており、後日創価学会のメールデーモンから入会完了と聖教新聞購読開始のメールが届き、メールのURLをクリックして個人情報を入力してしまうと勝手に聖教新聞や仏壇、マリア像などが送りつけられ、謝礼を請求されるのである。このシステムによって頭打ちだった数は飛躍的に伸び、開発者の名無し野電車区氏はノーベノレ混沌賞を受賞した他、創価学会から「名誉次長課長」の称号を贈られ、中国の北京大学から「名誉博士号」を贈られ、ブラジルのリオデジャネイロ市から「名誉市民号」を贈られた。ただし、創価学会から贈られた「名誉次長課長」称号だけは辞退したそうである。

マリア様像は、池田先生がクリスチャンと対話したら、キリスト教では、普通の日本人より創価学会員のほうがまともである、というカルチャーショックにより創案されたもので、冗談抜きで、信濃町の博文栄光堂には関西弁の聖書が販売されたこともある。なお、聖教新聞で、留学生がアジア人だと知り普通の日本人が盛り上がりが一気に冷めたので創価学会員が差別だと戦った、とあるが、キリスト教では、教会自体が、白人黒人とアジア人の間に隔たりがあり、仕事を開始したら白人クリスチャンと黒人クリスチャンはアジア人に関しては創価学会員ばかり採用した。キリスト教を転々として創価学会に入会した男が、アジア人がキリスト教に入りたければ、冗談抜きでエホバの証人しかないことに、創価学会に入会を決意した瞬間に気がついたという。なお、エホバの証人では現在は婚前交渉以外はめったに排斥にならないので、創価学会が性的なモラルがあることをアピールしただけで、エホバの証人は公明党に投票することもあるとのこと。特にクリスチャンには、池田先生が女性のために女性の恋愛を制限しているなどの話は好評である。また、男子部が活動しすぎてイケメンなのに童貞だった、なんて話もクリスチャンの信頼を得やすいネタである。クリスチャンだらけのこの地球で創価学会が評価されるのは、なんとキリスト教的には創価学会はまともである、それだけが理由で、いつのまにか池田先生はクリスチャンとの対話が多くなった。

各界からの意見[編集]

「政教分離は宗教法人の政治的活動を排除する趣旨でない。」
創価学会 について、麻生太郎
「『現代社会における二つの悪』一つは悪徳マスコミである。そして、もう一つの悪が邪教・創価学会である。」
創価学会 について、大川隆法
「宗教団体又は宗教団体が事実上支配する団体が、政治的活動をすることをも排除している趣旨であるとは考えていない。」
創価学会 について、佐藤栄作
「池田大作はヒトラー。学会員はまるで法華さんの太鼓を叩くヒトラーユーゲントだ。」
創価学会 について、田中角栄

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「創価学会」の項目を執筆しています。