剣道三倍段

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

剣道三倍段とは、剣道の段位は他の格闘技の段位の三倍に相当するという意の格言である。たとえば、剣道の初段を持つものは、空手の三段並の強さを持つのである。

剣道三倍段は真実か?および、剣道三倍段にまつわる誤解[編集]

剣道三倍段は真実か?
結論から述べるならば、これは真実であるといわざるを得ない。したがって、中学校の剣道部程度であっても、他の格闘技の熟練者クラスの強さを持つものはごろごろいるわけである。したがって、彼らは決して異臭を放つだけの鼻つまみ者ではないことに注意されたい。
剣道三倍段にまつわる誤解
剣道三倍段について異を唱えないものでの間においても、その根拠については誤解がまかり通っているのが現状である。すなわち、剣道武器すなわちを持って戦うものであり、、そのリーチや武器自体の殺傷力こそが剣道三倍段の根拠であるとする俗説がまことしとやかにささやかれている。しかしながら、剣の道は後述するように単純な刀法に収斂されるものではない。後述するように剣道には刀を用いない技が多く存在し、いわば総合格闘技の元祖とでも言うことができるものである。これが剣道三倍段の真なる根拠である。これが真であることを証明するかのように多くの格闘技が剣道起源の技を用いているのである。

剣道三倍段を実証する数々の技[編集]

ここでは剣道の技のうち、刀を用いないものを技のうち代表的なものを説明する。これによって、剣道が格闘技の頂点に君臨する総合格闘技であることが明らかとなるであろう。なお、刀を用いる基本的な技をはじめとしたその他の技については剣道の項目を参照せよ。

出小手
出小手は「小手」を射「出」するの略である。すなわち、自分の小手を相手に向かって射出し、それで相手を射抜く技である。熟練者になると、出小手で空を飛ばす鳥を落とすことさえ可能となる。なお、ロボット漫画で見られるロケットパンチという技が出小手に着想を得たものであることは有名である。
合い小手面
相手の技を小手を射出することによって、迎撃する。これを合い小手という。そのまま、すかさず相手に近寄り、面すなわち頭部をもって攻撃する。ひらたく言えば頭突きをかます。この技を用いることによって剣道家たちは、飛び道具すらも無効にする。戦国時代、織田信長が三段構えの鉄砲隊を組織するに至ったのは、火縄銃の弾丸が剣道家の小手の射出によって打ち落とされてしまうという苦い経験からであった。剣道家の小手が通常2つしかないことに目をつけた織田信長は、1人の剣道家を倒すために、2発の火縄銃によって剣道家の小手を使いきらせ、3発目の火縄銃で倒すという戦法を確立させた。この技は剣道家以外に会得することは不可能であるが、素早く相手に近寄っての頭突きという部分のみはチョーパンという名でヤンキーの間に伝承されている。
抜き胴
相手の胴(の内部に存在するもの)を抜く。つまり、相手の内臓を引き抜くという荒業である。危険であるため、他流試合では用いられることのない技であるが、剣道家の間では比較的容易な部類に入る。なお、デッドライジングというTVゲームにおいて、主人公がこの技を再現している。
返し胴
相手の胴(体)をひっくり「返」す投げ技。後にレスリングにフロントスープレックスという名で導入された。
担ぎ面
相手の面を担ぎあげ、そのまま、垂直に落下させ、相手の頭部にダメージを与える。現在においてはDDTという名前で知られている技の原型とされている。

剣道三倍段への他の格闘技の対策[編集]

これまで述べてきたことから、剣道三倍段が真実であることが証明された。これに対して他の格闘技の対抗策というものは存在しないのか。この節では、剣道三倍段に対する対策を述べる。 剣道三倍段が真実である以上、たとえば、空手の六段であっても、剣道界にあっては二段相当でしかないことは覆せない。これに対抗するためには、段位自体をなくすしか解決策がない。段位がない以上、剣道家は比較対象を失い、剣道三倍段は成立しない。たとえば、ブラジリアン柔術においては段位を廃止、カラフルなベルトを段のかわりとし、剣道三倍段の呪縛から逃れることに成功したのである。ブラジリアン柔術の近年の格闘技界における躍進をこのカラフルなベルトで説明する識者も存在する。しかしながら、日本の伝統的な格闘技は因習にとらわれ、段位を維持しており、多くの現役格闘家たちを嘆かせる原因となっている。

関連項目[編集]

この項目「剣道三倍段」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)