剛田商店

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
株式会社剛田商店・ジャパン
Gouda Stores Japan Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 剛田、剛雑(西日本)、GS
本社所在地 102-19522
東京都千代田区8番町0番地8
電話番号 03-GOUDA-GAIAN
設立 1879年11月10日
業種 小売業
事業内容 小売店の経営
代表者 代表取締役会長・最高経営責任者(CEO) 剛田武

代表取締役社長・最高執行責任者(COO) ドラコルル

資本金 372億円
売上高 2兆6,755億3千1百万円
従業員数 3,305人(平成20年4月01日現在)
決算期 3月
主要株主 剛田武(80%)、剛田雑貨店(20%)
関係する人物 剛田武 骨川スネ夫 野比のび太

剛田商店英称Gouda Stores)は、東京都発祥の雑貨店、スーパーコンビニエンスストアホームセンター百貨店などの総合チェーン。国内ではスーパー、雑貨店として最大手、コンビニエンスストアとして業界2位、百貨店として11位(2008)の売上高規模を誇り、チェーンストアとしても米国中国ヨーロッパを中心に世界有数の店舗数を展開している。


資本[編集]

日本国内では剛田商店の代表取締役会長で、CEOを兼任する剛田武が率いるジャイアングループの、持株会社である株式会社ジャイアン・ホールディングスの子会社の株式会社剛田商店(英称:Gouda Stores Japan Co., Ltd. 略:GSJ)が展開している。1979年からは、野球チームジャイアンズを保有。文化事業にも意欲的な企業である。 又、ジャイアンズは2009年WBCで優勝。

沿革[編集]

現社長の時代になってからの社訓は「お前の物は、俺のもの。俺の物も、俺のもの」。アメリカでは「Yours means mine.」または「Yours are mine.」。この強引さで傘下の野比家や骨川家の経営するフランチャイズ店から100%のロイヤリティを徴収し続けて急速に成長した。 骨川スネ夫の経営する骨川商事に敵対的買収をしかけ、買収。しかしながら世間からの非難をもろともせず、マスゴミのインタビューに対し、「スネ夫の物はおれの物、おれの物もおれの。」とコメントした。 剛田雑貨店の商号を掲げていた直営店は、厳格な店番制により収益を上げていた。 2005年3月にフランチャイズ本部であった剛田商店の株を直営店グループである剛田雑貨店が取得することにより経営統一され、全店が現在の剛田商店に統一された。

歴史は剛田家が1879年に官営ススキヶ原殖産雑貨店の払い下げを受けて開いた小売店に始まる。「見のがしてくれたら、あとで一万円やるぜ。」を経営スローガンに政財界と癒着し、コーヤコーヤ農業試験場と銀河超特急敷設利権を政府に売却する一方、ピリカ官営製鉄所、官営エンリル炭鉱、官営バウワンコ造船所の払い下げを格安で受けて経営に着手、「これだけあれば、世界をせいふくできるかもな・・」といえるほどの暴利を上げた。

昭和金融恐慌に際し、「えいきゅうにかりておくだけだぞ。」と震災手形歌災手形のモラトリアムを永久化して乗り切ろうとしたが、ジャイ湾銀行が融資打ち切りを宣告して経営危機に陥った。

CEOに就任した際のコメント

第二次世界大戦後には財閥解体で経営の縮小を余儀なくされ、西東京の雑貨店として小規模な経営状態に落ち込んだが、1970年代以降に武会長が成人、母親のあとを継ぎCEOに就任すると、「ほしいものは手に入れるのがおれのやりかたさ。」と拡大経営に乗り出し、郊外型大型小売店であるスーパー・ジャイアンズなど新規店舗の展開をはじめ、現在の規模に成長。この際昭和金融恐慌時に融資を撃ち切ったジャイ湾銀行を買収。1979年にはアメリカ進出(Gouda Stores U.S.A. Co., Ltd. CEO:ダブランダー元蔵相)し、冷戦に乗じてでんでんハウスを販売して巨利を得る。ゴウダショッピングモールの商標で巨大店舗を展開し、ウォルマートのライバルと目されている。

1987年にはヨーロッパ(本部はデュッセルドルフ)に進出(Gouda Euro Continental GmbH. CEO:ドルマンシュタイン)。オランダでGoudaの名の付いたチーズを販売し、世界中で愛されるヒット商品とすることに成功。徐々にシェアを拡大し、TESCO、SPARと並ぶ存在になっている。

1995年10月、野比のび太の経営する株式会社ノビタレコード及び株式会社のび犬出版を買収しようとした際、社長の野比氏を「これからずっとおまえはおれのどれいだ。」と脅し、ノビタレコードの登記書類を強奪しようとしていたことが発覚。軽死庁捜査二課東京特許許可局に強制捜査を受け、翌年剛田会長は逮捕された。 剛田氏は、「いいどきょうだなあ」「あいつ(桜田門組)がきてから毎日がじごくだぜ」「俺は今ムシャクシャしてるんだ!」とコメント。
初公判直前の控え室にて、剛田商店顧問弁護人のナルホドくんに対し「きょうはぜったいに勝つんだ!エラーしたらぶんなぐる。」と戦慄の一言をかけたのはあまりにも有名な逸話である。一審にて剛田氏は傍聴席の野比氏に対し、「のびたのくせに生意気だ」と恐喝、更に(今俺を刑務所に送れば)「おまえがすごうく不幸になるぞ」と裁判官を脅した。
裁判の結果、一審無罪。検察は控訴を断念。理由は証人として召喚された真犯人が犯行を自供したからである。でもこれってすごく不自然なうわなにをするやめr

釈放時の新聞記事

釈放後、剛田氏はテレビのインタビューに対し「ジャイアニズムの勝利」「正しいのはいつも俺!」「逆らうものは死けい!」「おれがこの手で(検察の)皮をはいでやる」とコメント。日本中を震撼させたがすぐに会長職に復帰。

復帰後すぐに野比氏と「おぉ、心の友よ!」と会談しノビタレコードと平和的な業務資本提携を行った。

近年はロイヤリティや「きびしいごうもん」に関して加盟店側から提訴される事件が頻発している。

経営[編集]

店舗展開
地上げ、贈賄、リサイタルの開催や武力により出店するというバイオレンス政策により店舗展開を行っている。
スーパー、コンビニ、百貨店いずれも全国にくまなく出店されており、最近の新規出店としては四畳半島の例があげられる。都市部だけでなく景勝地にも出店し、1991年の全国売り上げNo.1、No.2は高井山店、尾の島店であり、ライバル店も続々と出展、観光地の景観と都市化が問題となった。
商品券
経営戦略は地域重視で、駐車場のある店舗が少ないかわりに、店舗の近隣ではリサイタル券とよばれる商品券が配布されている。この券の配布を受けた住民の利用率の高さはほぼ100%を維持し、注目されている。この券は現金との併用ができ、店舗側は「表の模様が裏に、裏の模様が表にある珍しい50円」を100円扱いでお釣りとして支払っている。会計の際には良集書が発行される。
宣伝・広告
一般の紙媒体や電波媒体、インターネット上などにおける宣伝などはせず、広告代理店を通してテレビ番組や雑誌社のスポンサーとなり、武会長の武勇伝などをマンガなどの形で番組として流す方式をとっている。現在はテレビ朝日系列の『ドラえもん』、小学館の子供向け雑誌などが有力な媒体として利用されている。

独自商品[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「剛田商店」は何故か「剛田商店 (総合商社)」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Hakaibakudan.gif 大変なことになっちゃった。この記事「剛田商店」はおもしろくないドラえもんが暴走しているよ!早く良い記事にして、ドラえもんを止めなくちゃ!良い記事にしてくれたら僕のお小遣いX円あげるからよろしく! のび犬より (Portal:スタブ)