前立線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

前立線(ぜんりつせん)とは、東京都立川市群馬県前橋市を結ぶ鉄道路線全体の愛称である。

前立線の概要[編集]

一般に前立線と呼ばれる路線は、JR東日本青梅線ハチ公線高崎線魍魎線と、西部鉄道西部国分寺線西部園線池袋線秩父線秩父鉄道乳母本線に跨って運行される列車もしくはその走る路線の愛称とされることが多い。

歴史的には前者のルートが先に全通していたが、後者を通しで運行される列車が登場するまで、前者の連携はほとんどあってないようなものであり、通しで乗る者も非常に少なかった。

西部前立線[編集]

秩父線建設[編集]

西部鉄道は、自らの運営する西部園とそこで行われる西部園競輪に目をつけ、最強のオケラ鉄道を目指して立川と前橋を接続する新路線の建設を開始した。

まず、米国で大陸横断鉄道の建設にしばしば使用されたA列車を輸入、西部20000系電車として運用を開始した。非電化路線の多い米国ではA列車は蒸気機関車牽引であり、事故はただちに鉄道会社の破滅を意味したが、西部20000系電車は電化鉄道である西部鉄道にあわせて仕様変更されており、順調に正丸峠を超える鉄道の建設が進んだ。

西部秩父線の全通後、A列車は北方に向けてさらに線路を伸ばして行ったが、その先にある軽井沢検閲により削除であった。

前立線の全通[編集]

接続する秩父鉄道乳母本線の改良工事完了後、レッドアロー一日40往復と、急行36往復が運行を開始した。

直後のバブル経済到来もあり、沿線の開発と近代化が急速に進み、西部鉄道は予想通りの収益をこの路線から上げる結果となった。

治安の問題[編集]

西部前立線の輸送密度は高く収益力も良好であったが、博徒が多数乗車する西部前立線には治安の点で問題が指摘されていた。女性専用車、男性専用車、発展専用車などを投入したが問題はおさまらず、ついに特急車を更新しNRAが投入されたことで、汚物の消毒と周辺の浄化が行われた。

JR前立線[編集]

西部鉄道の運営する前立線が、繁栄の一方で上記のような惨状を示すなか、国鉄より立川~高崎間をつなぐ各線を引き継いだ、JR束日本は、各線の改良に乗り出した。

その内容としては、一部路線の複線化、八高北線の電化などが挙げられる。

しかし多額の費用をかけた改良工事が実施されたため全線で加算運賃がとられており、運賃は西部前立線よりは割高になっている。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「前立線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)