前田智徳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
前田智徳は死にました
今生きている前田智徳はそっくりさんであって前田智徳ではありません
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「前田智徳」の項目を執筆しています。

前田 智徳(まえだ とものり、1971年6月14日 - 1995年5月23日)は、広島東洋カープ所属の野球選手(外野手、右投左打)だが、現在プレーしているのはかつて前田 智徳だったモノ、簡単に言うとゾンビである←お前に言われんでも分かっとる!

そのプレー振りからは普通の人間に見えるが、本人が「前田智徳は死にました」と言っているので、間違いなくゾンビである。←お前に言われんでも分かっとる!

前田智徳は死にました[編集]

生前の前田の遺影。男前である。
前田智徳の弟と思われる人物。

生前の前田は熊本県立熊本工業高等学校時代、フリクリの次回予告でも言っていたが、チームの姿勢に感じるものがあったらしく、一度野球をやめたらしい。甲子園で優勝するために監督に呼び戻され、2年時の春・夏、3年時の夏の計3回甲子園出場を果たした。←お前に言われんでも分かっとる!

1989年ドラフト4位で広島に入団。地元の当時のダイエーホークスが指名すると言っていたのに反故にされて、ものすごく悔しい思いでの入団だった。←お前に言われんでも分かっとる!

あのイチローですら目標とするずば抜けた打撃センスをデビュー当時から発揮、守備も素晴らしく当時の山本浩二監督が「今後10年は外野の心配をしなくてよい」と絶賛、将来を嘱望される存在であった。←お前に言われんでも分かっとる!

その後も、3年目から3年連続で3割を記録し、首位打者争いを繰り広げるなど期待通りの活躍を続けていたが、1995年5月23日ヤクルト戦で一塁への走塁時に右アキレス腱を断裂。遊撃手の池山隆寛ですら聞こえるほどのアキレス腱の切れる音が鳴り響いたと言う。この時、野球が満足にできない体になった事実に前田はショック死してしまう。←お前に言われんでも分かっとる!

本人が死んだと言うからには間違いなくゾンビなのだろうが、ともかく球団としては、アキレス腱は切れたものの打ったり投げたりはまだできるだろうと、選手としての復帰をするように説得し、前田は復活に向けて動き出すことになった。←もう片方も切れました

それでもアキレス腱断裂の影響は大きく、走塁に難がある。2002年には当時のチームメイトのロペスに走塁について罵られた上に暴行を受けたほど。←言い訳したくない

しかし、やはり一度死んだ身、うまく体が動かないため自分が理想としていたプレーをすることは叶わず、苦悩の日々を送り続ける。その中でも「天才」と評される持ち前の打撃センスと、たゆまぬ努力で常に3割を打ち続けており、3割到達回数11回は、現役最多である。←本当の天才だったら、4割打ってますよ

そして、2007年9月1日中日戦で2000本安打を達成。かなりのベテランながら、今後の更なる活躍が期待される「侍」である。←侍は、そう簡単に倒れるもんじゃないんですよ

お前に言われんでも分かっとる![編集]

さっきから「お前に言われんでも分かっとる!」など幾多のツッコミが入っているように、非常に野球に対して高い理想を持って、それを追いかける選手である。

高校時代には自分の納得の行くバッティングができずに、守備に就きたくないとごねたり、ゾンビになる前も打ち損じても一塁に全力疾走したくなくなるなどの発言が目立った。←あの日、自分は負けたんです

しかし、ゾンビとなって以降、チームリーダーとしての自覚が芽生えてきたのか、最後まであきらめなたくないという感情が芽生えたようである。←最後まで諦めない

今日という日を一生忘れない[編集]

2007年9月1日に中日ドラゴンズ戦(広島市民球場)で、8回裏、投手久本祐一からライト前2点タイムリーヒットを放ち、史上36人目の2000本安打達成となった。セレモニーで「ショック死して、チームの足を引っ張って…。こんなゾンビを応援して下さって、ありがとうございます」と涙ながらに語った。

また、前田はゾンビだが、妻子持ちであり、達成の際、長男、次男に花束を贈られた。この時、「お母さんにな、本当にありがとうって」と伝言を伝えたシーンは語り草になっている。←こんな選手を応援して下さって、ありがとうございます

引退後[編集]

現役時代の寡黙で冷静沈着な侍の姿とは打って変わり、スイーツが好きなただの愉快なおじさんに。その変貌ぶりにはカープファンも目を疑った。それでも侍なりに人生の余暇を楽しんでるのだろう。←侍さんぽじゃなくて武士さんぽにしてください

引退後の職業はスイーツ評論家であるとともにプロゴルファーでもあり、平清盛もつとめる。野球解説はあくまで副業。だって解説しても面白いこと話すだけで野球のこと全然話さないもん。


関連項目[編集]


Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
ExSport.png この項目「前田智徳」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)