前田敦子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は真ん中に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。


AKB Message 02.jpg


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「前田敦子」の項目を執筆しています。
「センターが当たり前田の前田敦子」
前田敦子 について、福山雅治
「あっちゃん卒業してバカだね」
前田敦子 について、しゅうまい君
「阪神のセンターは当たり前田の大和」
前田敦子 について、阪神ファン
「私のことが嫌いな方もいると思います。私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください!……ありがとうございました!」
前田敦子
「やっぱり、あっちゃんが一番強くてかわいいんだよね。」
前田敦子 について、ツワブキ・ダイゴ

前田 敦子(まえだ あつこ、1991年7月10日 - )とは、AKB48の元メンバー。卒業後もAKB48の象徴であり続け、2000年代後半より今に到るまでの時代の風雲児である。トマーシュ・ロシツキーの名でサッカー選手としても活躍中であり、AKB48の中では最も多忙であったメンバーとして知られている。

近影。(左が前田敦子。)

来歴[編集]

千葉県市川市出身。昔のアイドルみたいな顔と言われ続けてきたことが元で上京して一旗あげる事に憧れており、早く江戸川の向こう側に行きたいと願っていた。そして2005年にAKB48の第一期オーディションに合格したことにより上京する予定だったが、市川~秋葉原間は総武線各駅停車一本でいけるくらいにさほど離れていないため自宅から通うことにして上京をあっさり断念した。

黎明期の時こそ茨の道を進んでいた彼女とAKB48だったが、Mステへの出演から、メディア露出が顕著になりはじめる。口コミでAKB48の評判が広がりはじめた頃に同時に彼女の知名度も徐々に向上。そして高学歴のエリートながらもそれ故に不測の事態に対応出来ない、だから上手いアドリブが出来ないという弱点のせいで持ちネタの「武勇伝」封印以来下火になりつつあったオリエンタルラジオ中田敦彦から「あっちゃん」の代名詞の地位を奪い取るという快挙を成し遂げ、ここから伝説は始まった。

AKB48が売れてきた頃の写真。篠山氏の手の位置に注目。このようなサービスも笑顔で行なう姿勢が高い評価を得たのだろう。

シングルの選抜に全て名を連ね、総選挙でも首位を獲得し、ポジションでもセンターを担当するようになった彼女はいつしか世の中の男の子や大きいお友達の推しの的(一部ではセックスシンボル)として、女の子の憧れ(一部では嫉妬の対象)としてその地位を不動のものにしてきた。

人気者の宿命として、様々なスキャンダルが捏造されるなどの風当たりの強さなど歯牙にもかけず女に磨きをかけており、最近はボディや服装が徐々に服装がセクシーなものになりつつあるため、所属事務所の男性スタッフ一同は股間を押さえながら仕事を行っていると言われている

ちなみに、顔立ちが似ているせいなのか、「実は堀北真希の変装かも」とも言われている。もちろんそんなことはないのだが。

第3回AKB総選挙で1位となり再びAKBにおける全権を委任されたことと、顔のパーツがセンターに寄っていることとを引っ掛けて「中央集権の独裁者」とも呼ばれていたという。

ドラマ『イケメンパラダイス』の放送によって、今までは大量の髪によって隠されてきた神秘のベールが暴かれ、「センターは文字通り、顔もセンター寄り」という事実が明々白々になってしまった。その為かいまいちドラマの視聴率も伸び悩んでおり、打ち切りの可能性も出てきた。しかし一部の良心的な人達には非常に支持されており、良い目の保養だと言われ、さらには「本物のイケメンじゃないか!」と称賛もされている。 【   ∵   】 ←こういった非常に心温かい支持者達により作成されたあっちゃんの顔文字は、もはやネット上ではお馴染みとなった。余談ではあるが、トイレの便座メーカーにも熱心なファンが存在するようだ。何故ならば、上記の「∵」が使用されているからだ。

2012年3月25日に突然の卒業を宣言。しかし、大人の事情で実際に卒業したのは5ヶ月後の8月27日である。

人物[編集]

センターの意地[編集]

総選挙では一位の座こそは大島優子に明け渡す事になったが、彼女はセンターの座を守りきった。その秘訣は、食事、精神集中の密度、そして、秋元康氏の推しメンであることであろう。

食事[編集]

見かけによらず大食漢であり、一日三食を欠かすことはまずない。特に忙しいスケジュールの中で朝食を欠かさない姿勢が評価され、ほか弁の朝食のキャンペーンCMにも抜擢されている。また、他のメンバーの残した弁当を食べてしまう残飯処理の役も行っていた。

精神集中[編集]

彼女の行う精神集中とは、座禅とか空中浮遊ではない。携帯をいじる事に全神経を集中させることである。楽屋裏では携帯との対話に専念し、極力雑念の入る環境を排除している。握手会の前だろうと紅白歌合戦の前だろうと全ての舞台の前でそれを継続している。あまりの集中に周りのメンバーは話しかけるのを躊躇っているが、実際はアメーバピグとブログのコメントを見ているだけなのでそこまで高尚なことはやっていない。しかし、この習慣のおかげで彼女はあがることなく最高のパフォーマンスをやってのけることが出来るのだ。

名前の由来[編集]

彼女の名前には「」がつくが、こういった名前を持つ人には、お笑い芸人のインパルスの堤下敦やオリラジの中田敦彦しかり、の名手であったと言われている平敦盛など、芸事に秀でた人間が結構多い。その他にも漢字の読みは違うが福井県の地名の敦賀は市内に北陸本線の有名な写真撮影スポットがあり、人気を博している(ただし原発も検閲により削除)。このように、「」といった漢字には人を引き付ける何かがあると考えられる。

なお、母親が敦子とつけた名前の由来は、あ(んこ)、つ(みき)、こ(ぞう)である。これは母親が好きなものBEST3の頭文字を文字ったものである。こぞうだけは例外でこれは娘に小僧のように育ってほしいという切なる願いからつけた。ちなみに父親の意見は何一つ反映されず父親は「前子」という名前をつけたかったそうだ。その理由は「野比のび太」(のび太)のように育ってほしいから「前田前子」にしたかったからなのだそうである。

関連項目[編集]


まゆゆとラミミ 今、「前田敦子」は根も葉もないデマを書かれているの!やびゃあ(^ω^;) なの!
マウスでここをクリックして助けて! by まゆゆ (Portal:スタブ)