前田利政

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
目立ちたいがために、イベント会場の上空を飛行する利政。
「マエダ・トシマサ?ダレデスカ?」
前田利政 について、アーネスト・サトウ
「お前、いたんだ。」
前田利政 について、前田利長
「いてっ!どこ見て歩いてんだよ!カス!!」
前田利政 について、足利義昭

前田利政(まえだ としまさ 天正6年(1578年)-寛永10年7月14日(1633年8月18日))は、安土桃山時代から江戸時代に活躍したりしなかったりした、専ら空気である武将で、前田利家の子。兄弟に平資盛鼻毛などがいたりいなかったり。前田土佐守家の初代当主であったりなかったりするのである。 東軍から西軍に寝返って大損したことでも有名。

概要[編集]

父・前田利家や、弟・鼻毛など、強烈なインパクトの持ち主の間に挟まれ、兄・前田利長とともに、まったく目立たないいるだけの存在であるが、目立たない度では利政のほうが上手である。また、徳川秀忠ミドレンジャートリケラレンジャー井伊直親高幡不動山崎退うずまきナルトルイージルイ16世とともに、10大空気と呼ばれることがある。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

生涯[編集]

前田利政の肖像。何も見えないとは決して言ってはならない。

1578年かそこらに、前田利家の次男坊として生まれたり生まれなかったりした。生まれた時から影が薄かったため、佐々成政の養子になる予定だったりそうでなかったりしていたが、佐々家と手切れとなったため、実現しなかったとかなんとかという説があったりなかったりする。文禄2年(1593年)、調子にのって15歳で能登国七尾城の城主になり、慶長4年(1599年)に能登国に所領を与えられ、さらに調子にのり、大名になったりならなかったりしてしまった。お父ちゃんが他界すると、お兄ちゃんと一緒に東軍に属し関ヶ原に向かう途中、利長を裏切って西軍につき、あの英雄とは逆のことをしてしまったりしなかったりした。しかし、いなくなったことに誰も気づかなかった。戦いの後、にてっきり能登を収めている人物がいないと勘違いされ、能登を没収され、利長に与えられた。その後、なんとか家康公に気に入ってもらい(存在を認識してもらい)、かろうじて大名として立場をキープしておくことができたりできなかったりすることができたので、よかったりよくなかったりしたりしなかったりした。晩年は、存在をアピールするため、宗帨と号したが、誰にも気づかれることもなく、なんとなく蒲生氏郷の娘を嫁にもらい、普通の人生を普通に歩んでいった。そして、知らないうちに55歳でこの世を去っていた。その後も、前田土佐守家は影が薄い存在として、地味に存続を続けることになる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「前田利政」の項目を執筆しています。