削除厨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
即時削除
こんな糞記事はとっとと削除しちまえ! こんなもん二度と作んじゃねぇぞ!!

このページは即時削除の方針に従い、このままだと削除されるでしょう、多分。

理由:俺様はこのページが気に入らない。

もしこのページの削除に納得できないならば、アンサイクロペディアは何でないかあたりについてもう一度考え直し、記事に面白おかしく改造手術を施した上でこのテンプレートを取り除いてください。勝手に取り除くとこわい人に怒られちゃうかも。

管理者へ - 削除の前にはリンク元と履歴のチェックなんか必要ないから、とっとと削除をお願いします。

削除厨(さくじょちゅう)とは、ユーモア欠落症患者であるウィキペディアにおける荒らしの一形態。吉他人が記入した内容を削除せんと日々屁理屈をこねくり回すことに命を賭けている人々のこと(インターネット…というかウィキペディア・スラング)である。多くはユーモア欠落症の末期患者(精神に重大な疾患を抱え、自分の周囲にユーモアが存在することが許せなくなる。)であり、まともな議論もできないので深く関わったら負けである

ただでさえ痛みやすいウィキペディアを日々腐敗させようと腐心していることから、ウィキペディア住人にも関わらずアンチウィキペディアであるとの見解もある。彼らに弄り回されすぎた記事は元がいかに秀逸で美しい記事だったとしても跡形も無く崩壊する。

削除厨の行動[編集]

一般的な見解

ウィキペディアは確かにフリーの百科事典としての機能を有するが、それ以前に誰でも編集が出来、百科事典としての機能以上のデータベースとして様々な情報源として機能しているという点は見逃せない。どのようなルールがウィキペディアに存在しようとも、その点を配慮せず、ただの「現在用語の基礎知識」化させる人々は削除厨の謗りを逃れられまい。いや百歩譲ってルールを守ったとしても、過度に削除しようとする輩は多いだろうよ。ウィキペディアのあちこちを見りゃ分かる。

削除厨は、ノートページ等に蓄積されたまじめな議論や叙述的な資料及び文学的な資料を「要出典! 要出典!」と喚いたり、日本語としての美しさを無視して「冗長な表現だ! 意味の無いフレーズだ!」と喚いたりして、自分には記事を編集する努力も能力もないのを棚にあげて記事をどんどん削除する。そのような削除厨が一人現れて記事を崩壊させるとその崩壊、腐敗した記事の発する臭気に引き寄せられ次々と同じタイプの厨房が出現する。これを繰り返すことで、記事の内容について想像を豊かにすべく加筆された文章は日々「削除」という行為によって損なわれていき、ただの無機質な辞典へと変貌を遂げていくのである。

そのような彼らは本来運営する上で排除されるべき存在なのだが、なにせウィキペディアは現代病の末期症状に達しつつあるので彼らをあまつさえ議論を行い記事を最適化する善良なユーザーとして認定しているようだ。

削除厨の目標[編集]

百科事典であるウィキペディアを零科事典にする事。

削除厨の典型的主張[編集]

  • この記事に載っている俺の嫌いな意見には出典がない為、俺から見れば独自研究であり、俺にとっては至高の存在であるウィキペディアにはそぐわない。第一、この記事の内容は俺の意見に反するから中立的でなく、俺は気にくわないから削除すべきである。
  • 「瑣末なトリビア」「wikipediaは***のデータベースではありません」というセリフも削除厨の典型的主張である。

削除厨の典型的手口[編集]

  1. 気に入らない記事を見つける
  2. その記事にある出典のついていない行を見つける。(ウィキペディアの99%の行はこれに該当する。特に目撃情報や状況証拠を基にした記事は格好の餌となる。)
  3. 出典がない事を理由に削除する
  4. 運悪く出典があった場合は、「この出典は信頼できる文献ではない」と主張して、削除[要出典]
  5. 信頼できる文献からの出典が示された場合、「出典文献の著作権を侵害している」として、特定版削除

分類[編集]

  • 要出典厨からの分派[要出典](明確にできないものは即削除。[要出典]上記の通り、そこにカタルシスがあるってのにねぇ。[要出典]集められた叙述的資料を 親の仇のように憎んでいる。[要出典]
  • 独自調査厨(独自調査だと思ったら即削除。その人にしか分からない専門外の話に削除の暴力で突っ込むのが好きな人々。そのせいで専門性の高い記事を書ける数少ない人間のやる気を大幅に削ぐ存在。ある意味ペンは剣よりも強しを実践している)
  • ただもうなんでも削除したい厨(自分のWebPageに掲示板置いて、そこに書かれるエロサイト広告を削除してった方がおもろいんでないかい?)
  • その他

アンサイクロペディアにおける削除厨[編集]

残念ながらアンサイクロペディアは必ずしも事実を書かなければいけない決まりもないし、ユーモアや冗長な表現、叙述的な資料に関しては「面白ければOK」という姿勢をとっている関係で削除厨にあたる人間は生息できない…と思われがちだが、実はウィキペディア以上に削除厨が幅を利かせているのが現状である。

というのもウィキペディアは事実を普通に書き込み、そのうえで出典元がはっきりさえしていればたとえ出典元の猿真似でも(但し完全な丸写しは不可)消されることはあまりないがアンサイクロペディアの場合、自分にとって面白くなければ「どこで笑わせればいいのかわからないただのまとめ記事になっています」と主張しては消し、自分が嫌いなものの記事(但し叩き目的の記事は可)なら見るに耐えないと主張しては消し、まだ立てられて日が浅いがために内容の少ない記事は「一行記事」と主張しては消し、逆に内容の多い記事では「アンサイクロペディアは細かいことをちまちま書き込むwikiではありません」と主張しては記事そのものを削除。

その結果現在アンサイクロペディアは赤リンクだらけで新規登録者が二の足を踏むくらいの廃墟に見えてしまうようで、すっかり過疎ってしまった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウィキペディア日本語版」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
削除厨が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/アンサイクロペディア」へ収録されています。
Bouncypotato.gif
この記事「削除厨」は何故か「削除線」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。