刺青

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 タトゥーは、この項目へ転送されているばい! ロシアの音楽グループについては「t.A.T.u.」をCHECK IT OUT!! はい!!!


刺青(いれずみ、しせい)は、体に何の模様も持たない人間が求愛時に異性にアピールするために体にデザインをして美しく見せるもの。20~30代の特に男性が良く使う。同類のものとしてボディペインティングがある。左翼主義の象徴として橋下徹が忌み嫌っている。

刺青の一例。人はこのように求愛する。

概要[編集]

イソップ物語の『美しい鳥コンテスト』という話をご存じだろうか。「美しい鳥コンテストが開催されたが、真っ黒なカラスは醜い姿では優勝できないと思い、他の鳥の羽を集めて自分の体に付けて出場する。一度は優勝が囁かれたものの結局は他の鳥にばれてしまいエクストリーム・謝罪にエントリーする」というあらすじだが、この項目においてカラス=人間、他の鳥の羽=刺青と思って貰いたい。の世界ではキレイな・美しい雄がにモテ、求愛する時に有利に働くことが生物学的に証明されている。これには遺伝子が関係しているらしいがここではそんなことはどうでもいい。とにかく、美しい男が結婚できると言うことである。

人間の体は見ればわかる通り、基本的に『肌色』のみで着色されている。しかし、「それでは女性へのアピールが足りない!結婚できない!」と思う者もいなくはない。そこで生まれたのが刺青である。腕や背中などに針や糸を使って花や龍、鎖などを色などで描き異性へのアピールを試みる。稀に外国の方々は「蚊」など、明らかに漢字の意味を理解していないまま彫ってしまう場合がある[1]。しかし、本来無い物を体に入れるのですごく痛い。そして、激痛が伴う。また、すさまじい痛みを感じる訳である。そのため、いくら結婚願望が強くても刺青にまで到達する者は僅かであり[2]、特に日本ではほとんど見られない。しかし、その辛さを乗り越えた者はあらゆる人から注目されることが出来る。

刺青はボディペインティングとは違い、基本的には消すことが出来ない。これは結婚に対するあまりの思いの強さによって体に染み込むから…ではない。流石のアンサイクロペディアでもそんな非科学的なことは申し上げられない。要するに後悔先に立たず。一度入れてしまうと後から漢字の意味を知っても、デザインが嫌になっても、会社倒産しても、が家出しても、子どもがDQN化しても、退陣に追い込まれても北極の氷が溶けだしてもなでしこJAPANが優勝しても、ベルリンの壁が崩壊しても、金王国が滅亡しても、消せないのである[3]。ただし、大金を払えば元に戻せる。世の中所詮(ry

とは言っても…[編集]

現在体が美しくて異性に人気があるのはのみである。生物学的にも刺青を入れた所でモテるか、と言われるとお察し下さいの領域に踏み込むことになるだろう。逆に刺青を入れると異性や周りから敬遠される場合がとてつもなく多い。というか、これだけで結婚できるのならあんな人達も「○○は俺の嫁!!」などという哀しい状況には陥らなかったに違いない。しかも刺青を入れると周りから「あの人モテないんだなw」という目で見られることもあり、不利な点ばかりである。

メリット・デメリット[編集]

江戸時代ならばまた違ったそうです。
メリット
  • 体に色がつくことにより異性からの関心が得られる。それが良いものか悪いものかは判断しかねる。
  • 強そうに見せられる。同時に周囲にヤクザだという先入観を与える。
デメリット
  • 一般人からは非難の目で見られることが多い。そのため完全に露出する銭湯などでは「隠すか出るか」という究極の選択を強いられる。「見つけたらつまみ出すぞゴルァ」と公言している施設も多い。
  • 痛い。高い。恐い。
  • 実際に結婚しやすくなったというデータは残っていない。
  • MRIに一生入れない。献血も出来ない。

結局[編集]

ありのままの自分でいいじゃないか。

脚注[編集]

  1. ^ ご愁傷様です。
  2. ^ そこまで到達しているのは主にあんな方々やこんな方々である。
  3. ^ あなた青春時代の想い出のように。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「刺青」の項目を執筆しています。
Aku.jpg おい、こら、待ちなさい。おまえ、切れ味のいいネタを隠し持っているな。今ここで出せば見逃してやろう。
まったく、こういう者がいるから秀逸な記事が増えんのだ。 (Portal:スタブ)