制服

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「制服」の項目を執筆しています。
「らっぴんぐが制服…だぁぁ不利ってこたない ぷ。」
制服 について、こなた
「嫁にセーラー服着せました」
制服 について、橋下徹

制服(せいふく/漢: 性服 /英: Erotic Costume)とは、女性が着用することで男性に性的興奮を与えることのできる服飾一種である。 大抵の女性であればここぞという時に一度は着たことがある勝負下着のような役割を担う。首元にリボン等を付ければ更に性的興奮をさせることができる。

熱狂的なファンは着用せずとも鑑賞だけでごはん三杯はいける。

概要[編集]

制服とは女性が着ることにより、視覚的に男性を虜にできる服飾の総称であり、薬物等とは異なり純粋に布でできている為、非常に安全性が高く、戦前より長期にわたり愛用されている。 但し、その効能故、需要がとても高く、盗品が出回ったり、県の条例で取引を制限する事も多く、社会問題になったこともあった。

男性用と称するものも出回っているが、それには効用が無い為、消費者生活センターや厚生省によって警告ポスターが作成されている。 公共広告機構による呼びかけは確認していない。 但し、一部の腐女子において似た効能を発揮する高度なものも市場に出回り始めている。

男性の着用[編集]

女性用衣装であるが、男性も着用することが可能であり、しばしばそのような者を確認することができる。 男性が着用した場合は他の男性を誘惑することはほとんど無いが、制服自体に魅了されてしまう者は意外と多い。

又、実際に着用して登校する男子生徒も見られるが、多くの場合、校則に抵触する場合がある(学校によっては校則が不十分である為に問題にする事ができなかった例も存在する)。

但し、服の効能上や見かけの問題で非難されることが多々あり、男女平等に反するのではないかと日々熱い議論が交わされている。

着用まではせずとも所有を試みる者は多く、中古販売店にて購入する、友人から貰う、奪取する等が一般的な入手方法であり、親の目から遠ざける必要がある学生やNEETは、エロ本よりもかさばる為、隠し場所に苦労する。

フェチの間では概して人気がない。売られてもいない。 入手は困難を極める。

入手[編集]

入手方法としては、以下が一般である。

  • 正規の販売店より購入する

女性であれば身分証を用いて正規の販売店から数種類は購入することができる。 最も簡単な為、女性はこの方法を取ることが多い

  • 中古の専門店より購入する

ビルの一室などで売っていることが多い。 男性も購入可能な為、男性はこちらを利用することが多い。 但し、学校の制服を扱っているケースがほとんどであり、それ以外を望む者は非常に困っているケースが多い。

  • 「やふおく」を利用する

地下取引場所である「やふおく」を利用し、闇ルートを通じて取引を行うことで、公安の目を欺く。 あらゆる物が売られ、レア物を見つけることも多々だが、その販売日は事前に知らされていない為、こまめに足を運ぶ必要がある。

尚、「やふおく」では表立っての取引を禁止している。 その為、堂々と売る者は狩られる。これは、秋葉原等において裏DVDを売っている業者によく似ている。

  • コスプレ用品店を利用する

コスプレ用品を扱う店には、あらゆる制服がある。 但し、「本物」志向の人にはお勧めできない。 しかし、こちらの方が好きな人も非常に多く、恐らく人気を二分していると考えられている。


種類[編集]

制服の種類は非常に多く、多岐にわたる分類があるため、一概に書き出すのは難しい。 大きく分けて、実際に街中で見かけることのできるものと、ゲーム・アニメ等の世界に存在するものを模ったもの(コスプレ衣装に含まれる)が存在する。

街中で見かけることのできる制服には、学生服、セーラー服、ナース服、ファミレスの制服などがある。

人によっては巫女服やメイド服も制服に含める場合がある。


Syazai kaikenp.jpg この項目「制服」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)