利用者:POLM/署名講座

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

UncyclopediaなどのMediaWikiでは、トークや議論をする際に署名することが義務づけられています。しかし、初めての人にとっては「署名ってどうやるの?」と疑問に思うことでしょう。
また、普通に署名している人の中には、「この人の署名はかわっているなあ」と感じ、そして「自分も署名のスタイルを変えてみたい」と考える人もいると思います。

このページは、そんな人たちの為に、署名について私が知っている限り伝えておく場です。このページを読んでも、署名について分からないことがありましたら、Forum:ヘルプデスクで訊いてください。

署名の意味とそのやり方[編集]

署名は「これは自分の発言である」と証明するものであり、署名がないと、それを一目見た他の利用者が誰の発言か分からず、迷惑行為となってしまいます。署名は必ずしてください。
やり方はとても簡単で、トークページやForumで文章を書き込んだ後、編集画面に並んでいるボタンの中の署名マーク.pngを押すだけです。この際、カーソルの位置が自分の書きこんだ文章の一番最後にあることを確認してください。改行をする必要はありません。ボタンを押したら、「--~~~~」と書き込まれます。このように(編集画面で「リスさん登場!」と書き込んだとします)。

リスさん登場!--~~~~

これで署名ができました。もし署名のボタンがなかったら、「--~~~~」と入力してください。半角ハイフン二つと、半角チルダ四つです。プレビューをすると、私の場合はこのように表示されます。

リスさん登場!--POLM (会話) 2010年8月29日 (日) 01:42 (JST)

署名がきちんとできたら、保存しましょう。保存した後にまた編集画面を開くと、

リスさん登場!--~~~~

ではなく、

リスさん登場!--[[利用者:POLM|POLM]] ([[利用者・トーク:POLM|会話]]) 2010年8月29日 (日) 01:42 (JST)

となっています(書き込んだ時刻が2010年8月29日 (日) 01:42 (JST)の時)。編集画面をまた開いて「--~~~~」と書き直さないで下さい。
ただ、署名したい時に「--~~~~」と打てば、“署名”については誰からも文句は言われません。

UTCやJST[編集]

さて、署名の仕方は説明しました。しかし、この署名の最後に何やら分からないアルファベットが括弧の中に入っています。「(UTC)」とか「(JST)」とか。これについて説明します。

まず「UTC」とは、「協定世界時」のことです。これが書かれた署名になってしまう方は「あれ、時刻が9時間遅れて表示されている!」と慌てないように。インターネットサイトの一つであるアンサイクロペディアは、世界各地から閲覧することができます。しかし時差というものがあって、日本と外国の時刻がずれています。日本は昼で、その裏側のチリやアルゼンチンは夜なのに、両方とも同じ時刻だとおかしいですので、時差というものが生じるのです。
時差、時刻の決定はイギリスを基準にしており、これを「協定世界時」といいます。そして日本は協定世界時より9時間進んでいます(時差)ので、時刻に「JST」即ち「日本標準時」と書かれるのです。

アカウントを取っていないIPユーザーの方は、たいてい協定世界時で署名されていましたが、今では日本標準時で署名ができるようになったようです。アカウントを取った一般ユーザーの方は、日本標準時で署名することができます。混乱を生じさせないために、日本標準時で署名されるよう設定しましょう。ここは日本語版アンサイクロペディアですから。
設定の仕方は、

  1. アンサイクロペディアにログインして、ページの右上にある「個人設定をクリックします。
  2. 「日付と時刻」というタブがありますので、それをクリックしてください。
  3. 「時差」にある「時間帯」という部分を「アジア/Tokyo」にします。

これで自分の署名が「(JST)」と表示されます。

署名したら末尾が「(JST)」以外になっている登録ユーザーの方は、上述の方法で設定をし直すことを強くおすすめします。

時刻だけの署名、名前だけの署名[編集]

「--~~~~」は名前・時刻セットの署名となっていますが、名前だけにしたり、時刻だけにしたりすることができます。ただ「できる」だけであって、実際に名前だけや時刻だけの署名をしないでください。

まずは名前だけの署名の仕方です。 「--~~~」と入力する、それだけ。自分の利用者ページにリンクさせたい時などに「~~~」と入力すればいいでしょう。私の場合はこうなります。

~~~

これが、

POLM (会話)

こう。これくらいしか利用法はないかと思われますが、半角チルダ三つの署名には裏技があります。これは後に登場します。

次に時刻だけの署名(と言うよりもはや署名でないかもしれませんが)の仕方について。
「~~~~~」と入力する、それだけ。半角チルダ五つです。

~~~~~

これが、

2018年7月21日(土) 10:47 (JST)

こんな感じになると思います。半角チルダ五つは次の節で利用します。

これらの署名も、保存した後にまた編集画面を開くと、半角チルダのままではなく、自分の利用者ページへのリンク、時刻が書き込まれています。

署名のフォントを変えてみる[編集]

署名を豪華にしてみたいと思った方は、行動する前に下のリンクを読んでください。

自身の署名を豪華にすることは、自分の書いた部分を簡単に見つけることができるなどのメリットがあります。しかし、やりすぎてしまうと無駄に書式が長くなってしまったり、可読性に欠けるものとなってしまったりすることがあります。一例として下記に文章中にやたらと大きい画像の入った署名をした場合を示します。(以下の例示する文章は、Forum:ヘルプデスクの過去ログにある質問例を改変したものです)

質問例ってどんなことを書けばいいのでしょうか?--Example 2009年9月30日 (水) 00:00 (JST)
  もうあなたは「質問例」という節名で質問例を書けているのにおかしな事を聞く人ですね。
  はははは。--NonSquirrel.png アンサイク郎 2009年9月30日 (水) 00:01 (JST)
    そういう事ではないだろう、常識的に考えて…。--Example 2009年9月30日 (水) 00:02 (JST)

このように行間が大きく空いてしまい、読みにくいものとなってしまっています。

また、アカウントを取ってすぐに署名をいじると、「記事も書かずに署名を変えるとは、アンサイクロペディアの編集に携わる気があるのだろうか」と、不審な目で見られることもあります。気をつけて下さい。このページは豪華な署名を勧めるものではありません。

ということで説明していきましょう。今回はExampleさんにご協力を頂きました。下の表を参考にして、どのようにすれば署名がいじれるのかを確認してください。

CHANGING-FONT, APPENDING-LINKS, ETC.
指定 入力 表示
太字 [[User:Example|'''Example''']] Example
斜体 [[User:Example|''Example'']] Example
傍線 [[User:Example|<span style="text-decoration:underline">Example</span>]] Example
上側の小文字 [[User:Example|<sup>Example</sup>]] Example
下側の小文字 [[User:Example|<sub>Example</sub>]] Example
明朝体(HG明朝体E) [[User:Example|<span style="font-family:HG明朝E">Example</span>]] Example
背景色 (淡緑) [[User:Example|<span style="background-color:#00ffaa; stylepadding:1px">Example</span>]] Example
フォントカラー(赤) [[User:Example|<span style="color:#00ffff">Example</span>]] Example
背景色(淡緑)+フォントカラー(赤) [[User:Example|<span style="background-color:#00ffaa; stylepadding:1px ;color:#ff0000;">Example</span>]] Example
フォントサイズ(1.2em) [[User:Example|<span style="font-size:1.2em">Example</span>]] Example
画像追加(リスさんhalf-size) [[image:squirrel.gif|19px]] [[User:Example|Example]] Squirrel.gif Example
利用者トークリンク追加 [[User:Example|Example]] ([[User Talk:Example|会話]]) Example (会話)
投稿記録リンク追加 [[User:Example|Example]] <[[Special:Contributions/Example|Log]]> ExampleLog
投稿回数リンク追加 [[User:Example|Example]] *[[Special:EditCount/Example|とうこうかいすう]]* Exampleとうこうかいすう
メールリンク追加(wiki-mailを設定しているなら) [[User:Example|Example]] [[Special:Emailuser/Example|~Mail~]] Example ~Mail~

などなど。より細かい設定については、User:.旻/署名のカスタマイズを参考にしてください。ただ、下記に注意。

その他留意する点はあるかもしれませんので、不安な方は一度ベテランユーザーに尋ねてみてください。

自分の好みに合った署名を作ることができたら、自分で作成したものでどのように署名すればいいのか説明をします。ここでは、あなたがExampleさんであり、署名のフォントカラーを真っ赤に変えるとして、その方法をお教えいたします。(実際にやる時は、「Example」を自分の利用者名に置き換えてください)。

方法その1「直接入力」。署名するときに「--~~~~」ではなく、「--[[User:Example|<span style="color:#ff0000">Example</span>]] ~~~~~」と書くのです。ここで前節で説明した半角チルダ五つを使います。

方法その2。個人設定で署名を変える。これをまた細かく分けると二種類あります。

  1. アンサイクロペディアにログインして、ページの右上にある「個人設定」をクリックします。
  2. 次に、「基本情報」というタブにて、「署名」と書かれた部分のボックスの中に「[[User:Example|<span style="color:#ff0000">Example</span>]]」と書いて下さい。
  3. 「署名をウィキテキストとして扱う(自動でリンクしない)」にチェックします。これで完了です。

もうひとつの方法。

  1. アンサイクロペディアにログインします。
  2. User:Example/sig」のようなページを作ります。
  3. 編集画面で「[[User:Example|<span style="color:#ff0000">Example</span>]]」と書き込んでください。
  4. 保存します。
  5. ページの右上にある「個人設定」をクリックします。
  6. 次に、「基本情報」というタブにて、「署名」と書かれた部分のボックスの中に「{{subst:User:Example/sig}}」と書いて下さい。
  7. 「署名をウィキテキストとして扱う(自動でリンクしない)」にチェックします。これで完了です。

テンプレートの中に署名を入れる[編集]

ここでは、署名を改造した人向けの話となります。{{NRV}}や{{Expansion}}といった削除関連のテンプレートや、自分で作ったようこそテンプレート(ここ参照)には、署名が必要となってきます。しかし思ったような署名ができない方がいることでしょう。その解決策をここに挙げていきます。まずはNRVテンプレートについて。