利用者:Newjukl/Sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:Newjukl/Sandbox」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「利用者:Newjukl/Sandbox」の項目を執筆しています。

博多区(はかたく)とは、修羅の国への入口として機能する福岡市の区。

概要[編集]

一般的に区の北部は都心と呼ばれている地域にあたり、天神地区とともに市街地を形成している。人口は22万人と多く、人口密度も7000/km²をコミゴミしている。昔は町人がたくさん商売をして栄えた。

地理[編集]

区の東部に位置する。東区中央区南区春日市大野城市志免町宇美町などに囲まれている。海に面している部分は狭いが、周辺の海は博多湾と何故か呼ばれている。

博多の名前を冠しているため、博多市と勘違いされてしまうことが多い。ただし、博多と言う言葉は名産物に頻繁に利用されているため、博多自体の知名度は高い。

地域[編集]

県庁が存在し、福岡県の政治的な中心地となっている。ただし、福岡市役所は中央区にあるため、政令指定都市の福岡市内で大きい役割を持たないのが難点である。福岡県警も存在しており、夜の危ない福岡の街を24時間見守っている。郊外は一軒家が立ち並んでいて、そこまで都会でもない。

博多駅周辺はオフィスビルが多く立ち並ぶ。ほかの地域からサラリーマンたちを泊まらせるビジネスホテルは福岡の中でも多い。中洲周辺は歓楽街になっており、9万人もの人が、この地区でクラブキャバクラなどの街を楽しんでいる。

区内は交通が便利である。福岡空港から博多港九州新幹線山陽新幹線があり、博多区内にどのルートを選んだとしてもたどり着ける。

特徴[編集]

女子が多い福岡だが、区内には博多美人よりも男が多い。その理由は住吉・春吉にゲイバーが多数あるからである。福岡空港が近く、飛行機を間近で見れる。空港の存在で建物の高さが制限されていて、そこまで都会に見えないものの、福岡空港が博多駅まで5分の立地は見逃せないところだろう。

交通[編集]

  • 利用できる鉄道
JR九州(区内を縦に横断している。)