利用者:.旻/君の記事にNRVまたはICUが貼られたら

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

※これは筆者の激しい私論です。これにより一切の損害を受けても筆者は責任を負いません。決して。決して。

進展状況 : 70%

初めに[編集]

ここアンサイクロペディアにどこかから辿り着き、色々な記事を見て「自分も面白い記事を書きたい」と思う人は多いと思う。

しかしアンサイクロペディアはあっちとは違って何でもかんでも受け入れてくれるウィキ、という訳ではない。それの一番の象徴がこのNRVICU (以後ICUは省略) である。

自分の書いた記事に「どうしようもない記事」という烙印を押され、最終的には削除されてしまうことに喜ぶ人は一人もいないだろう。いたとしたらそいつはおそらく真性のドM荒らしだ。


自分の書いた記事にNRVを貼られて、アンサイクロペディアへの意欲が薄れてフェードアウトしていく新入りは何人もいるし、何人も見てきている。これが原因でアンサイクロペディアは新入りを受け入れないような雰囲気があると勘違いされてしまうことも多いのだ。

とは言え、定着しそうな新入りが記事にNRVを貼られて、どうすればいいのかというのが分からずにそのままアンサイクロペディアを静かに去っていってしまうよりは、面白い記事を書けるようになってアンサイクロペディアに定着してもらったほうがずっといいのである。これはおそらくどの利用者も切実に思っているだろう。

あなたがこのページを読んでいるということは、おそらくNRVを貼られて右往左往している中、偶然見つけたのだろう。そこで君がNRVとどう正しく格闘していけば良いのかを説明しようと思う。

NRV、ICUの存在理由[編集]

まずNRVと直接対決する前に色々説明しなければならないことがある。ここではまず、なぜNRVやICUが存在しているか説明する。

一言で言うと、これらの修正系テンプレートは、アンサイクロペディアのクソウィキ化を防ぐためにある。これを読んでいるあなただって、面白くもない、イライラするような記事がたくさんあるようなウィキには来ないだろうし、来ても即座にウィキペディアに行ってしまうだろう。

「クソウィキ化?」と疑問に思ったら、カテゴリ:どうしようもない記事の中にある記事を幾つか読んでみるといい。もちろん中には希望が見えるものとほとんど見えないものの2つがあるが、どちらも存続基準に達していない点では同値である。

もし、カテゴリ:どうしようもない記事にあるような記事でアンサイクロペディアが溢れかえってしまったら、アンサイクロペディアは知らぬ間に廃れて人々の記憶から消えてしまうだろう。

そうならないように、NRV、ICUは存在しているということを、ひとまずは、理解して欲しい。

NRV、ICUの効果[編集]

ここまで読んで、おそらくあなたはこう思ったのではないだろうか。

「俺/私 の書いた記事はそんなにダメなの? アンサイクロペディアのクソウィキ化の一部を担ってしまうような記事なの?」

と。非常にはっきり言ってしまうと、全くその通りである。かなり厳しいだろうが、これが現実なのだ。ユーモアというのはとても難しいものであるから当然と言えば当然である。

そもそもユーモアのある記事を書くのは難しく大変なものであるのだ。あなたはそれを知らずにここの世界に入ってきたのかも知れないが、だからといって、その記事を残すということは出来ないのである。

さて、NRV、ICUが貼られたことを目の当たりにして、色々な感情が心に浮かんでくるだろう。「なんで?」という疑問や、怒り、失望、悔しさ、など色々あるだろう。実はそれがNRVの狙いである。記事の上にあるピンクのテンプレートを好む者は中々いないだろう。

このような感情を抱かせるのは、記事の改善の原動力をあなたに与えるためである。もしかしたら逆効果の人もいるかも知れないが。

しかし、次の点に留意してほしい。改善の余地があると判断されたからNRVを貼り付けられたのだ。ひどければ即時削除だって免れない。つまり、君の記事は頑張ればアンサイクロペディアの20,143とあるの中に飛び込んで独り立ちできるだろう。

誰が貼り付けるか[編集]

NRVは基本的には誰でも貼り付けられる。しかし一般的にそれを貼り付けているのは、あなたの先輩に当たるであろう、管理者か長期滞在しているユーザーのどちらかであることがほとんどである。彼らは多くの記事、——良い記事、悪い記事どちらも——を見てきているのである。エクストリーム・NRV貼り付けにもあるように、彼らは判断を間違えることは少ない。それは経験が豊富だからである。

あなたが本当にユーモアがあり、彼らの目が間違っているという可能性は無い訳ではない。しかしその可能性は非常に低く、前例はあまりない。

なぜ貼り付けられるか[編集]

NRVやICUのテンプレートに書いてあることや、カテゴリの名前を見れば分かるだろう。文字通り、どうしようもないからである。

アンサイクロペディアでは記事のチェックの目が多い。かなり多い。そのためUncyclopedia:どうしようもない記事にあるように、本当に誤ったNRVなら他の利用者がみつけて剥がしてくれる。と言っても嘘のようにきこえるだろうが、それは前述のように見誤ることは少ないからである。

NRVを貼られて様々な感情が湧き上がって辛いのは分かるが、自分の記事がどうしようもないということを認めなければならない。

また、記事ごとの理由は、NRVの場合は理由欄にある文が、ICUの場合は元のテンプレートと理由欄にある文が主要な理由である。NRVで理由がない場合や、もっと詳しく教えてほしいのなら、貼り付け人のトークページに出向いて質問すれば良い。

貼り付けられたら[編集]

NRVが貼られる理由は様々であるが、貼られる記事は3つに分けられる。

  1. そもそも選んだネタがダメな記事
  2. 選んだネタは良いのだが、根本からダメな記事
  3. アイディアやコンセプトは良いのだが、それを活かしきれていない記事

なお、これは削除してしまいたい順に並んでいる。

1の場合であるが、諦めよう。その題材で記事を書くのはどんな上手い記事書きでも難しい。{{sd|初版投稿者からの依頼}}を貼ると削除に飢えた管理者が通りがかりに削除してくれる。

2の場合、0から書き直そう。そのまま加筆しても良くならないばかりか逆に悪くなることがほとんどである。

3の場合、もっとネタを搾り出せ。せっかくそのネタを思いついたのに、それを百科事典的にできていない、または文章力の無さによって削除されるのは非常にもったいない。他の利用者に一番助けてもらえる可能性が高いのはこのタイプである。もしこれ以上書けないなら、あなたの利用者(サブ)ページやパソコン等に保存しておき、十分投稿できる状態になってから投稿すると良い。

よくある反論とそれに対する反論[編集]

  • NRV貼り付けるならお前が加筆しろ
→無理。上の1、2の場合完全にNTRしか存続への道は無いが、それは「はい、◯◯という題名で面白い記事を一週間以内に書いてね」と言われるのと同じ。

最後に[編集]