利用者:.旻/マジックワード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ここでは、メディアウィキの特別な働きをするワードをあげる。使い道は無い。

__NOTOC__

目次を表示させない。例えばこのページとか。

__TOC__

目次を__TOC__と書かれた場所に表示させる。例えば、トーク:あべこべでは目次が下にある。

__FORCETOC__

たとえ__NOTOC__があっても目次を本来あるべきところに強制的に表示させる。

__NOEDITSECTION__

節ごとの編集のリンクをなくす。例えばこのページとか。

__NEWSECTIONLINK__

ページ上部の編集タブのとなりに「話題追加」タブを追加する。例えばこのペー(ry。

__NONEWSECTIONLINK__

ページ上部の編集タブのとなりの「話題追加」タブを表示させない。例えばこのページのトークページとか。

__NOGALLERY__

カテゴリに属するファイルをリンクだけ表示する。例えば・・・例えば・・・

__HIDDENCAT__

カテゴリを隠しカテゴリにする。特別:個人設定でこれを表示させることができる。

Category:隠しカテゴリにが使われているカテゴリの一覧がある。

__NOCONTENTCONVERT__ もしくは __NOCC__

文字の種類が複数あるウィキ(例えばアンサイクロペディアセルビア語版、中国語版)において、文字を変換させるときに、ページやタイトルを変換させない。それ以外の場所(ツールボックスとか)は変換される。

__NOTITLECONVERT__ もしくは __NOTC__

文字の種類が複数あるウィキで、文字を変換させるとき、タイトルを変換させない。上記の__NOCONTENTCONVERT__とは違い、本文も変換される。

アンサイクロペディア日本語版でもひらがなだけ・カタカナだけ・万葉仮名の三種類に変換することができる。

というのは嘘で、日本語版では言語の文字が一種類だけなので、使用しても何ら反映されない。

こう説明しても意味不明だと思われるので、User:What here area teamさんのwikipediaのサンドボックスを例にあげる。what(ry さんに感謝。

マジックワード使用無し
wp:sr:Корисник:What_here_area_team/sandbox1
__NOCONTENTCONVERT__
wp:sr:Корисник:What_here_area_team/sandbox2
__NOTITLECONVERT__
wp:sr:Корисник:What_here_area_team/sandbox3

上部の「ћир/lat」タブを開いてリンクをクリックしてみれば分かる。はず。

__INDEX__

検索エンジンに対して、ページをインデックス化するようにさせる。

これを使うとこれのようになる。

Category:検索エンジンに収集されるページにこれが使われているページの一覧がある。

__NOINDEX__

__INDEX__の反対。副作用として検索エンジンに収集されなくなる。

Category:検索エンジンに収集されないページにこれが使われているページの一覧がある。

__STATICREDIRECT__

リダイレクトページで転送先のページが移動されたときに、リダイレクトページをMediawikiに自動更新させない。

__DISAMBIG__

曖昧さ回避のページとして、特別:曖昧さ回避ページにリストさせる。そして曖昧さ回避にリンクしているページを特別:曖昧さ回避ページリンクにリストさせる。

アンサイクロペディアでは使えない。

参考 : 特別:曖昧さ回避のページwikipedia:ja:特別:曖昧さ回避ページ、及びwikipedia:ja:特別:曖昧さ回避ページリンク

関連