精神的に幼い方々へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

まずはこういうのを一通り読んで笑った後きれいさっぱり忘れてください。このページでは、精神年齢が若い方々(具体的には小学生リア厨厨房中二病ネット右翼くらいまで)がアンサイクロペディアに参加するときに、多くのアンサイクロペディアンが気をつけて欲しいと思うことを適当に羅列しました。とりあえずここで編集をする前に読んでおいてください。すでに「空気読め」などといわれているのであれば、空気を読むための手がかりとして使えるかもしれません。

アンサイクロペディアは、年少者(子ども)をどう扱っているか[編集]

アンサイクロペディアは利用者の年齢を確かめていませんが、書き込み内容で精神年齢ぐらいは特定されます。子どもから老人までタテマエでは平等だとうたっているので子どもであっても、とりあえず参加していただけます。

しかし、子どもの利用者はおもいっきり邪魔者扱いされます。失敗したときに「まだ子どもなのだから(許して)」という言い訳は通じませんが、相手はあなたに対してスライム以下の影響力しか持っていないので特に何もされることはありません。書き込んだ内容のユーモア、雑談での態度など、すべての場面で一人前の人間として扱われませんので、結構な頻度で「空気読め」とか言われます。

これは、子どもにとってはかなりきびしいハードルです。あなたには、ゴクツブシの間で暇人と一緒に変人達と同じようにロクでも無い事をする能力があるでしょうか。まず最初にそのことを考えてみてください。考えるだけで十分ですのですぐ忘れていただいて結構です。

アンサイクロペディアは、ユーモアあふれる八百科事典を作る暇つぶしです[編集]

アンサイクロペディアは、ユーモアあふれる八百科事典を作る暇つぶしです。このことはきっとテストに出ます。

八百科事典を作るうえでは、話し合いなどをする必要は特にありませんが、この暇つぶしには、より高いレベルで暇をつぶすためにコミュニケーションの要素もあります。このコミュニケーションは、「より高いレベルで暇をつぶすための無駄な罵り合い」をするためのもので、これを活動の主な目的にしている人も結構います。もしもあなたが暇人どもとの罵り合いを求めているのなら、アンサイクロペディアはうってつけの場所です。

アンサイクロペディアについて、世の中では「誰でも自由にできる暇つぶし」と説明されることが多いようです。しかしこれは間違っています。アンサイクロペディアは、「インターネットに繋がっている標準的なブラウザを搭載したパソコンを使用できる特別な方だけが記事を編集したり新しく作ったりできる高尚な暇つぶし」です。基本方針に同意していない方でも自由に執筆することができて、ダメなものはすぐ削除されますので質についても別に気にする必要はありません。

アンサイクロペディアに参加するのならば、「暇つぶしをするために、暇人どもがここに集まっているのだ」ということを、絶対に忘れないように活動してください。


年少者に特に気をつけていただきたいこと[編集]

これまで、年少者がアンサイクロペディアで起こしたトラブルの中から、年少者のみなさんがおちいりがちな問題点を、いくつか紹介します。

空気を読みましょう[編集]

アンサイクロペディアは、八百科事典を作ろうという暇つぶしです。大気圏内にあるらしく、空気が存在します。空気を読んだり風の息遣いを感じるようにこころがけましょう。

なお、空気をまだ一度も読んだことがない方は、一度そういったものを実際に読んでください。「空気とはどのようなものか」を知らないまま八百科事典を作ろうという暇つぶしに参加するのは、問題外の愚かな行いです。

これから、特に気をつけてほしいことを紹介します。

1.面白いことだけを書きましょう
八百科事典は、ものごとを曲解し、差別と偏見の目で見つめ、面白おかしくまとめたものですので、たくさんの資料を調べ、いろいろな考えかたをまとめる必要はありません。みなさんは、学校でいろいろなことを学んでいることでしょう。しかし学校の授業で習ったことは全くユーモアのない知識のほんの入口であり、それだけでは八百科事典に書くには十分な情報であるとは言えません。記事を書くのならば、授業で習ったことをもとにするのではなく、図書室に行って関連する本(漫画など)を何冊か読む、図書館から専門書(漫画など)を借りてきて調べる、といったことが必要です。
また、アンサイクロペディアは、つまらない真実をクソ真面目に書くところではありません。みなさんは、学校で毎日つまらない真実を教えこまれていることでしょう。しかしアンサイクロペディアの記事は、そんなものを必要としていません。ですから、事実を淡々とまとめた記事は間違いなく削除されます。
不適切な記述がなされた場合、誰かがそれを直す必要があります。それは「直すひとに暇つぶしを与える」ということです。おかしな項目が作られると、削除をするかどうかの話し合いをする手間がかかりますが、嬉々として議論に参加したり削除する管理者がたくさんいますので気にする必要は全くありません。
2. ウィキペディアの丸写しは、絶対にダメ!
ウィキペディアから記事をパクって書くときも、参考にした記事からの丸写しは、絶対にやめてください。また、JASRACに大金を支払う必要がありますので、歌詞やせりふなどをそのまま書くのもやめてください。丸写しは、アンサイクロペディアのユーモアを侵害することになります。多少前後を入れ替えたり、語尾を変えたりしても、ユーモア不足であることになんの違いもありません。ユーモア不足は見つかり次第削除されますし、繰り返し丸写しを行う人は投稿ブロック(編集禁止)されることはありませんが何がしかの贈り物や賞賛の言葉をもらうことになるでしょう。あと、著作権侵害は犯罪です(JASRAC)。
3. アンサイクロペディアはニュース速報ではありません
テレビや雑誌などで見た断片的な知識やニュース的な情報は、アンサイクロペディアには重要です。そうした情報は暖かいうちに書き込んでください。他にそうした情報削除依頼を出したひとがいたとしても、それはそのひとが間違っています。あなたは絶対にそれを書き込んでください。
4. アンサイクロペディアでは、記録を残しています
アンサイクロペディアでは、すべての編集について、記録を残しています。一つ一つの編集を「履歴」のページで確認できます。つまらない失敗や恥ずかしいネタについて書いたり、いじめに使ったりした場合、そのような書き込みはだれかが取り除くか汚い言葉で罵るでしょうが、書き込まれた内容と書き込んだ利用者の記録は黒歴史として残り、これを消去することはできません。あなたがチラシの裏のつもりで気軽に書いたことであっても、あなた以外のひとはそうは考えてはいません。
5. 注意や会話にはお決まりの対応をしましょう
「中国語の部屋」と呼ばれる小噺がありまして、小さな窓のついた小部屋の中に英国人のおっさんと分厚いマニュアルを入れておき、外の人が窓から記号の羅列を放り込むと、マニュアルに沿って中の人が決まった記号の羅列を返すという作業を行うのですが、そのやり取りされる記号が実は中国語で、外の人にはまるで中にチャイナ服を着た中華娘がいて、毎日愛情あふれる交換日記を交わしていると勘違いしてしまう、というストーリーになっています。それに習いまして、何かをしてもらったときには「ありがとう」、怒られたときには「ごめんなさい」などとお決まりの返答をしておけば、例え空気が読めなくても相手に勘違いをさせることができます。

友だちさがしのサイトではありません[編集]

アンサイクロペディアは、八百科事典を作ろうという暇つぶしです。馴れ合いはありますが友だちさがしサイトやおしゃべりサイトではきっとありません。アンサイクロペディアのアカウントを取ると自己紹介ができるページや会話ができるページがついてきますが、それらも百科事典作りのために提供されているものです。

特に、子どものユーザの中には、チラシの裏などとまちがえているのでしょうか、来る日も来る日もユーザーページををこまかく編集しているようなひともいます。それは、まとめて「空気読め」といいますが、アンサイクロペディアに「不快感を与える行動」であるために困ったことであるのと同時に、書いてしまったひと自身にとっても、事件にまきこまれたり口うるさい管理者に狙われたりすることもある、たいへんに危険なことです。

管理に参加するときは、慎重に[編集]

アンサイクロペディアでは、八百科事典としての質を保つために、削除や不毛な議論などの管理行為が行われています。年少者のなかには、これらの管理行為に熱中するひとたちがいます。

しかし、実はこの管理行為は、かなりむずかしいものです。

年少者が管理行為に参加してはいけないという決まりはありません。しかし、年少者による管理行為への参加は、しばしば空気を読まないとされ、問題となってきたことも事実です。管理行為に参加するには、慎重であってください。