<div style="text-align:center;font-size:xx-large;font-weight:bold;font-family:sans-serif;">APHU関連ニュース</div>

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典:UnNews(ベータ版)
UnNews Logo Potato (No text).png
UnNewsプロジェクト:七星/UnNews:APHU関連ニュース

APHU関連ニュース[編集]

長く、APHUに関係ないニュースはUnNewsに、そのほかはバ科ニュースへの投稿をお願いします。

戦争関連はここに投稿してください。

為替レート

通貨名 単位 換算した通貨コード 換算後
日本
24,000,000
CHD
0.9683249
1
USD
0.0923451
米ドル
210,200
CHD
0.97924711
1
EUR
0.6098323
ユーロ
184,200
CHD
0.89974211
1
JPY
156.39437
キッド(一般用)
ストップ安
------
------


2007年3月[編集]

22日[編集]

  • 広東、宇宙進出?--有人ロケット打ち上げ計画進行中-珠海
広東糸瓜共和国は、宇宙進出計画を発表した。国産有人ロケットで月に着陸する予定らしい。なお、このロケットはすでに製造が開始されている模様。ちなみに名前はStomach(ストマック)となる予定。
  • キッド暴落であわや市場停止
キッドが昨日から暴落している影響で、今日も市場ではキッド売ヘチマドル買が目立ち1キッド=0.0000000000000000000000000000000000000000000000000003まで落ち込んでいる。一時はストップする危険性があったが緊急サーバー増設で何とか保っている状態。本日は日本時間2時に終了予定。(平常時は日本時間午後5時まで)

20日[編集]

  • 空席の菫事長、蘇我氏が就任-広東糸瓜共和国-珠海
崎陽軒氏の辞任後、空席だった菫事長は次期国家主席の蘇我博之氏が就任することとなった。蘇我氏は、「菫事長になれてうれしい。今のうちから内部を知っておかなければ…」とコメントした。なお、蘇我氏の国家主席就任後にヘチマおじさんが菫事長になる可能性が高い。
  • キッドに対してまた急騰-止まないヘチマドル高-珠海
昨日、ワンチンドラーが廃止され新通貨のキッドが流通し始めたがこれに関連してヘチマドルが急騰。原因はドラーに影響されていた為、CHDがまた値上がりするのではないかとの見方の模様。さらに政府はキッドにおいて外貨専用紙幣及び硬貨を受け付けないと発表。さらに値上がりしている。

1日[編集]

  • 5000ヘチマドル紙幣発行-偽造防止強化
今日、5000ヘチマドルが発行された。
5000ヘチマドル
5000ヘチマドルにはアップデートされたものがいくつかある。
  1. 製造地の表示
  2. ブラックライト
  3. 検閲により削除
等があげられる。
の発券によってヘチマドルがあがると期待されたがドラー固定レートのため目立った動きがなかった。この5000ヘチマドル、今年の4月から流通が開始される。

2007年2月[編集]

28日[編集]

  • ヘチマおじさんがワンチン訪問-ヘチマドル高に対応
ヘチマおじさんがワンチンを訪問した。これは、ヘチマドル高に対応する為であると思われる。急激なヘチマドル高で悩まされたヘチマワンチン両氏はまず経済制裁について話し合い、解除することで一致。換算レートについては固定レートを採用することにした。戦争防止の為、不可侵条約を結んだ。さらにワンチン氏の推薦で、アンサイクロ国家連合国に加盟することが許された。今後も対談を続けていく方針。次回の対談は広東糸瓜共和国首都珠海で行われる予定。

固定レートはCHD1に対して100万ドラー。このレートは2週間(3月13日まで)維持される予定。 ちなみにこれによってヘチマドルは徐々に下がりつつある。そして緊急会議は閉会となった。

27日[編集]

  • 各国の市場停止-急騰するヘチマドル
各国の市場が全て停止した。広東糸瓜共和国などAPHU加盟国(ヘチマ連合を除く)で使用されているヘチマドルが急高騰してしまった為だ。
この話は午前6時半(日本時間)から始まる。話を要約するとまず、ヘチマおじさんが5000ヘチマドル紙幣の発行の発表と同時に「ヘチマドルの流通量を少なくする。」と発言した。このためヘチマドルは急上昇。CHD1=20000円になった。
ところがワンチンが黙っておらずに対策を講じた。しかし対策違い(間違ってヘチマドルを強くしてしまった)だった為、ヘチマドルがさらに上昇。CHD1=10兆2435億3300万Дとなった。(詳しく見てみる)
つまり、ヘチマドルが上がり過ぎたのである。このため各国の市場が全て停止。最終値がCHD1=10兆2435億3300万Д、CHD1=2京487兆66億となった。これによりヘチマドルは信用を得たと見え、当分は下がらないと考えられる。
これに乗じたヘチマドル長者がいた。TaraginoJomaskさん(23)は広東糸瓜共和国のニートアイランド居住者だ。フィリピンからやってきた出稼ぎメイドである。CHD1=5000円の時代、50万ドル買っておいたものを今回全て売って巨額の利益を得た。Taraginoさんは、「これで故郷に帰れる。私も億万長者よ。」と話した。
  • ヘチマドル急高騰-CHD1が20000円にまで
今日6時、ヘチマドル(以下CHDと表記)が突然急高騰した。原因は、ヘチマおじさんが国会(現地時間5:30開始)[CHD2000、5000紙幣の発行を発表すると同時に「CHDの流通量を減らす」と発言したからである。このため、CHDが急高騰した。

10日[編集]

  • 広東糸瓜共和国にニートアイランド誕生-広州
ニートたちは大喜び
広東糸瓜共和国にとても珍しい島ができた。その名はニートアイランドである。広東糸瓜共和国は元々ニート不足だった。しかし近年ニートの移民が増加。こんどは深刻なニート増加に悩まされている。そんな中で国家主席のヘチマおじさんが提案したのがニートアイランド。島全体を丸ごとニート居住地にしてしまうものである。
今日は2月10日。ごろあわせで読めばニート。これがあってか今日、正式にニートアイランドとして発表した。これについて広東糸瓜共和国現国家主席のヘチマおじさんは、「ニート対策にはこれしかなかった。これからはニートでも儲けられる。」とコメントした。
ニートアイランドに住むためには、広東糸瓜共和国のビザ(CHD10)が必要。また、犯罪歴があれば入島すら拒否される。後は月々CHD50(日本円にしておよそ25万円)を支払い続ければOK。しかし居住希望者・マンション不足のため、現在海外からの居住希望者はウェイティング状態となっている。

1日[編集]

  • アラマ連合、上海社会主義共和国進出。
アラマ連合がまたもや私利私欲のために上海社会主義共和国に軍事衛星「HATE.NA3」と、特殊科学部隊を進出させている模様。
その為、アラマ連合の首都「エビNOスタンプ3」では破壊主義派と平和主義派の内乱やテロなどが激化している。またアラマ連合のバンブー王国ではPSP(プレイステーションポータブル)派と、PS3(プレイステーション3)派での抗争で約7千万人の犠牲者が出ているらしい。

2007年1月[編集]

24日[編集]

22日[編集]

  • アラマ連合、APHUに加盟宣言
アラマ連合がなぜか大統領の欲張りのせいで、政府がAPHUに加盟宣言をした。大統領はこのように述べた。 「エーと、まーいろいろと加盟すれば戦争や何やらが起きて軍事衛星が打てそうだし、小龍包も食えそうだから。」などと破壊的思想中心に考えている。
  • 広東糸瓜共和国の次期国家主席決定-広州
広東糸瓜共和国の次期国家主席が決まった。次期国家主席に選定されたのは、蘇我博之氏(23)。日系広東人。選定された理由は、「彼に人気が集まっている為」としている。ヘチマおじさんもこれを容認。近くAPHU本部に移る予定だ。彼の就任は4月1日の予定。少し早まる可能性もある。

21日[編集]

  • 広東糸瓜共和国でAPHU発足-広州
広東糸瓜共和国の広州で、APHUが発足された。APHUとはアジア太平洋糸瓜連合(Asia Pacific Hechima Union)の略。本部は暫定的に広州市に置かれ、本部長はヘチマおじさん
本部長のヘチマおじさんは記者会見で、「広東糸瓜共和国の領土はアジア広域にある。その領土とさらに結びつきを強める為に発足した。いつか1つの国にしたい。」と語った。また同氏は、広東糸瓜共和国の国家主席も務めている為、「近く国家主席を辞任する。」と発表した。

20日[編集]

  • 広東糸瓜共和国で大改革-広州
国家主席ヘチマおじさんは広州で大改革を行うと発表した。
改革の主な内容は
  1. 広東糸瓜共和国を1年以内に巨大化する。
  2. 日本にある植民地を3つにまとめる。
  3. 日本侵攻
  4. 珠澳連邦を併合(珠澳連邦から要請があった)
  5. 軍事力の強化
などである
このうち日本侵攻については、「据伪基百科说、日本是无政府状态。简要地说能进攻。(アンサイクロペディアによると、日本は無政府状態である。要は侵攻可能。)」とコメント。また、軍事力の強化には「现在,在九州王国,正制造最新的高兴的战斗机QS-Y582F。(現在九州王国で、最新悦の戦闘機QS-Y582Fを製造中。)」と発言した。

16日[編集]

  • アラマ連合、無名の島の名前を「NAZONO・SHIMA」と認定!
アラマ連合は前に悩んでいた謎の島を私利私欲のため勝手に「NAZONO・SHIMA」と懐け、領有権を主張した。国民は喜びパレードなどを始めている。とある市民にインタビューしてみたところ、「マジすげー!こんなに私利私欲のためにやったのは初めてだ!」政府はこの島に核実験場を造成する計画を立てている模様。

15日[編集]

  • アラマ連合経済海域に謎の島出現!
アラマ連合の近くにあるヒョッコリ海に突然謎の島が出現した。大統領は、次のように語っていた。「こんなことでは民間の人達が内乱を起こしてしまうため、どっかの国にアゲルカ、自分の領土にシチャオウトオモイマスネー。」

11日[編集]

  • アラマ連合、軍事衛星打ち上げ成功!
アラマ連合がついに軍事衛星「HATE.NA3」を月に向かって打ち上げ、成功した。軍事衛星「HATE.NA」とは、アラマ連合の最先端技術と超古代技術が複合した超強力破壊兵器である。超強力破壊兵器の名のとおり、威力はかなり強力で小惑星を約8000個壊せるほどのホーミングレーザーを2680個搭載している。 命中率も99.9%で月から地球のミジンコを射殺できるぐらい恐ろしいのである。この軍事衛星は、政府が3日くらい遊び半分でバグらせて出来たもう二度と造れない兵器なのである。政府がバグらせてくれたおかげなのかもしれない……。

9日[編集]

  • アラマ連合、とうとうアフリカ大陸に発足!
アフリカ大陸に、アラマ連合が発足した。アラマ連合とは、「アラマ・オセ・平和破壊連合国」の略である。1798年バンブー王国とジャワ軍事共和国などの約5カ国が合併して発足しようと思ったが、バブル崩壊や、内乱により発足できなかった。しかし、それが一瞬にして静まったため、発足した。アラマ連合の大統領、ファラオ・ガクズチ15世は次のようにコメントした。「エー、アラマ連合が発足して大変喜ばしいことである!アー、このようなことで色々と平和と破壊にチャント取り組みたいとオモイマス。まーこれからは核の実験をしたいと思います!」