利用者:クラY-21/作成中のページ/シンドラーエレベータ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Ffxi9.jpg
このページは、いかれたあるいは、ばかばかしい陰謀論を議論しています。しかしアンサイクロペディアは断固としてその陰謀の存在を否定します。
逃走用の黒いヘリコプターは、途中にあります本当はありません

シンドラーエレベータ(しんどらーえれべーた、シンドラーエレベーターではない)とは、東京都に本社を置くエレベーターアトラクション製作会社である。

概要[編集]

シンドラー製エレベーターによる事故の瞬間。

スイスに本社を置くシンドラーホールディングの子会社である。

以前、日本では地味だった頃、乗客が降りかけたところでいきなり発車するというパフォーマンスを実行。乗客を殺害したことにより、一躍業界で有名になった。

エレベーターアトラクション[編集]

タイトーエレベーターアクションとは関係がないと思われる。

シンドラー社の得意分野である。 動いている最中にドアを開けたり、ドアが開いた状態で動き出したりする。

これらは、国内で大多数のシェアを誇る他社(東芝三菱とか)からシェアを奪うために導入した機構である。

シンドラー社が国内でのシェアが少なかった頃、どうにか顧客を奪えないか試行錯誤していた。(もちろん、奪おうと画策しているものは顧客のお察し下さいであった。)

そこで、エレベーターをただ上下させるだけの乗り物ではなく、アトラクションとして活用したらどうか、という案が出た。

試作1号機は十分な成果を上げたが、コストが高かった。また、エレベーターとしては良質であったものの、アトラクションとしてはまだまだ改善の余地があった。

そこで、量産型ではコストを抑えるためにボロい安物の安価な機器を採用した。結果、低コストでアトラクション性が高い機体が誕生した。まさに一石二鳥である。

この理念はしR束日本走ルンですシリーズにもパクられて導入されている

世間の評価[編集]

だが、一部のアトラクション性が非常に高い機体は乗客を楽しませようとするあまり、乗客を挟み死に至らしめるというパフォーマンスを行ってしまった。

これらの機体は社内では評価が高かったのだが、世間からの風当たりが厳しかったため、やむなく改悪改良を施し、普通のエレベーターにした。結果、安全だが乗りがいが無いとして、M特殊な嗜好を持つ人には不評である。

関連項目[編集]


この項目「クラY-21/作成中のページ/シンドラーエレベータ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)