別腹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

別腹(べつばら)とは、日本に生息する主に若いホモ・サピエンスメスの体内にのみ存在する消化器官の一つである。

概要[編集]

他の動物と違い、ホモ・サピエンスの消化器官はオスとメスで異なっていることがすでに研究によって知られている。オスの消化器官はから始まって肛門で終わる一本道となっているが、メスのそれはオスとは異なり、オスと同じ消化器官とは別に別腹といわれる消化器官を含む別ルートが存在する。またなかには、四次元別腹が存在し、この種の人達はどんなスイーツをどんなにたべてもお腹いっぱいになることはない。

消化可能なもの[編集]

他の消化器官と異なり、別腹ではスイーツ以外の食物を消化することができない。これはスイーツの消化に特化した仕組みになっているためで、オスに比べて体内に脂肪をより多く貯蔵しなければならないメスならではの仕組みといえる。

どのようなときに利用されるか[編集]

食事を終えたばかりのメスのホモ・サピエンスがスイーツを見つけ、自分自身の胃袋では消化できないと感じたときに別腹を使用することがある。またこの能力はメスにしか存在しない。別腹は前述の通りメスにしか存在しないため、オスが同様のことを行うことはできない。

関連項目[編集]


Dish.png この別腹は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)