別所温泉駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Chakuwiki.png
Chakuwiki認定
このページはChakuwikiっぽいです。
サイト趣旨に沿った形に編集するか、Chakuwikiのほうに書いてください。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
本件に関する詳細はノートを参照してください。

別所温泉駅(べっしょおんせんえき)とは、長野県上田市にある上田電鉄終着駅であり、鉄道むすめが働くである。鉄道教信者はもちろん、温泉利用客やオタクからも人気が高い。

概要[編集]

信州の似非鎌倉と呼ばれる別所温泉の玄関口となる駅である。かつては線路が2本あったが、時代の流れで1本は不要になったので放置されて荒れ果てている。これが使われることはもうないだろう。

駅の手前は40‰の急勾配となっており、登りきれずに逆走していく列車や、速度を出しすぎて止まりきれずに車止めに激突する列車が後を絶たないが、よくあることなので気にしてはいけない。

昼間は鉄道むすめが駅業務を行っており、その時間に駅に行けば凛々しい姿を拝むことができる。これを目当てに駅を訪れる人も多い…かもしれない。

終着駅ということで、鉄道教の中でも人気が高い。全線走破をするのに終着駅は必ず行かなければならないものであり、また普通の駅よりも、終点というだけで人気が高いようである。

駅舎[編集]

別所温泉駅。非常に廃れた味のある駅である。

全体的に見てボロい味のある駅である。駅本屋は木造(多分)であり、心温まる。しかし何故か外観は洋風であり、一応信州の鎌倉を名乗っている別所温泉のことを考えると異質である。何故こんなことになっているのか不思議である。

それでも開業から50年近く経っているためか、地元では見慣れた光景となっていて誰もなんとも思わないし、気にしない。これがマインドコントロール慣れ、というやつである。

このあまりの空気の読まなさっぷり萌える者も多く、人によっては(特に鉄道教の駅舎宗)若くてピチピチな鉄道むすめよりもこちらの方が萌えるらしい。

大阪の、2009年に地下鉄が開業した南海荒野線の汐見橋駅と同じく、駅に貼ってある路線図にはえたいの知れない路線がたくさん書いてある。実際運行されている路線については(ry

丸窓電車[編集]

右が丸窓電車、左が亡霊か何かと思われる似非丸窓電車。

駅の近くにはかつて別所線で使われていた丸窓電車放置保存されている。

これが放置保存されている線路は別所線とは繋がっておらず、永遠に動くことは無いはずだが、これの幽霊と思われる似非丸窓電車が沿線でたびたび目撃されている。

実は動かそうという計画があるが、霊となって似非丸窓電車に乗り移ったためかが抜けており、動かすことは難しいようである。

鉄道むすめ[編集]

駅のコレクションケースには他の鉄道グッズと一緒に鉄道むすめのフィギュアが飾られており、購入することもできる。わざわざ自分の姿をフィギュアにしなければいけないほどお金が無いのだろうか。
別所温泉駅で購入したフィギュア。本物の職員もこんな感じである。少なくとも服は。

別所温泉駅では、昼間の9時から17時の間だけ、鉄道むすめ・八木沢まい氏が駅業務を行っている。まだ若いが、観光駅長となっており、れっきとした駅長である。

若い女性かつという姿には萌え分が大量に含まれているため、わざわざ駅を訪れる人も多い。秋葉原日本橋を本拠地とするオタクには大人気である。別所温泉駅は別所線の終着駅であるため上田駅から全線を利用することによって上田電鉄にもお金が入り、別所線も廃線を避けることを少しはできるだろう。さらに往復乗車券を買って駅を訪れれば、鉄道むすめも満面の笑みで貴方を迎えてくれることだろう。

しかしバスやマイカーで駅を訪れ、駅舎に入るだけ入って帰ってしまえばちょっと寂しい笑顔で見送られるだろう。これは鉄道むすめを見たいだけで上田電鉄のことなどどうでもいいということであり、上田電鉄に関わっている者としてはつまらないことだろう。これはいけない。

ただし、バスやマイカーで訪れてもフィギュアや記念入場券など、グッズを買えば晴れた笑顔を向けてくれるだろう。せめてそれくらいはするべきだ。

ところで、実際の観光駅長は検閲により削除

アクセス方法[編集]

東京から[編集]

  • 長野新幹線上田駅下車、上田駅から別所線で終点の別所温泉駅で下車。
    • これは鉄道をフル活用し、鉄道教とすれば最も理想的なルートである。所要時間は約2時間半で最も速い。土日きっぷ等お得なきっぷを使えばJR東に赤字を計上しつつ上田電鉄には黒字を計上できる。
  • 池袋駅から高速バスを利用。
    • 4時間弱で行くことができる。金を節約することができる…が鉄道を全く使わないので駅を訪れるのが目的ならばいかがなものか。もしも貴方がバスオタならば片道はこちらでもいいだろう。一応、上田電鉄に寄付もできる。
  • 在来線を乗り継ぐ
  • マイカーを使う。
    • あまりおすすめしない。確かにマイカーは便利だが、別所温泉駅は鉄道駅である。もし貴方が鉄道ファンなら是非とも鉄道を使っていくべきだ。でも鉄道をそこまで愛していないなら別にかまわないかもしれない。鉄道むすめのちょっと寂しそうな笑顔を見たいという微妙な嗜好ならやりたくもなるかもしれないが…是非ともグッズを買ってあげよう。
  • 歩く・自転車を使う
    • 交通費がかからないので一見、最も安そうに見える。しかし実際には一日で到達できなかったりして宿泊代などがかかり、結果的に結構な金がかかってしまう。好きでないならばやらないほうがいい。のたれ死ぬ可能性もあるなど、非常に危険である。

大阪から[編集]

  • 新大阪から倒壊道新幹線を使って東京まで行き、あとは上のどれかを使う。
    • 東京から長野新幹線に乗り継げば最も速く到達できる。しかし金かかってしまう。JR東海の金づるになる。
  • ワイドビューしなの号を使ってしなの鉄道と上田電鉄を乗り継ぐ。
    • 6時間以上かかるが、鉄道教信者ならば充分に楽しめるだろう。何気に10000円くらいでいける。
  • マイカーを使う
    • 8時間はかかるが、下心がそこそこあれば、途中どこかでアーン♥♥できるかもしれない。高速道路が高かった時代は、途中の松本やら豊科やらから山に入っていって、目的地そっちのけでアーン♥♥できるとこにしけ込むことができた、ただし通行料金をケチりすぎると、見えない何かをお持ち帰りすることになりかねない。
  • 夜行バスを使う
    • やはり上と同じく(ry
    • しかし、こちらは上田駅までしかいかないので別所線を使うことになるので問題無いかもしれない。
  • 歩く・自転車を使う。
    • 上と同じで(ry

名古屋から[編集]

  • 名古屋から倒壊道新幹線を使って東京まで行き、あとは上のどれかを使う。
    • 東京から長野新幹線に乗り継げば最も速く到達できる。しかし大阪ほどではないがやはり上と同じく(ry
  • ワイドビューしなの号を使ってしなの鉄道と上田電鉄を乗り継ぐ。
    • 5時間ほどかかるが、鉄道教信者ならばこれくらいは楽勝のはず。10000円でもお釣りがくるのだから、使わない手は無い。
  • 夜行バスを使う
    • 当然上と(ry
    • しかし、ここの場合は松本もしくは長野駅までしかいかないのでJRも別所線も使うことになるので別段問題は無い。
  • 歩く・自転車を使う。
    • 上(ry

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「別所温泉駅」の項目を執筆しています。