別府市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

別府市(べっぷし)は、大分県中部に位置する温泉都市である。Onsen.JPG独立国ともされ、国名は、アチチ共和国(あちちきょうわこく)[1]

湯煙とともに悪魔が湧いて出ることから、「この世の地獄」と称される。Onsen.JPGその知名度は県庁所在地・大分市を上回るほどである。

市内は常に熱気と狂気が渦巻いており、Onsen.JPG人々の悲鳴が飛び交い、得体の知れない異臭が立ちこめ、血の池が煮えくり返るさまは、まさしく「地獄の坩堝」であると言える。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「別府市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「別府市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「別府市」の項目を執筆しています。

概要[編集]

Onsen.JPG別府は、奇跡の湯が湧き出る神聖な土地であり、世界中から多くの巡礼者が訪れる「泉都」である。市域のあらゆるところから湯気が噴き出しているため、間欠泉の不意打ちを受けて殉教する者が後を絶たないと言われている。Onsen.JPG

別府」の地名は、陰界大冥府の出先機関である「泉京別天府」が置かれたことに起因するとも、豊後国の首府たる大分の異称・「府内」に対する「別府」であるとも伝えられる。

熱湯翼系の政治団体・Onsen.JPG別大熱湯会」の九州支部の所在地であり、露天風呂熱湯浴を愉しんだ人間が、寒風に吹かれてそのまま異界へ旅立つことは、泉都・別府における風物詩となっている。

温泉に浸かれば、極楽にいるかのような気分を味わえるとされるが、高温泉に入った場合は、煮えたぎる熱湯による苦痛のあまり、「極楽、極楽」と唱えなければ、意識を保つことが出来ないことは言うまでもない。Onsen.JPG一歩間違えば本当に極楽行きになってしまうので注意が必要である。

地理[編集]

東に別府湾が広がり、Onsen.JPG西に鶴見岳などの活火山がそびえる。火山帯に属するため、別府の地盤はきわめて不安定であり、Onsen.JPG地響きが絶え間なく続くことも少なくない。朝見川の奥地には、猛毒の火山ガスが滞留しているため、この世のものとは思えないの世界が広がっている。至るところから湯煙が立ちこめているため、少しでも気を抜くと地元民ですら迷子になってしまうほどである。Onsen.JPG

歴史[編集]

古来より、「血の池地獄」の存在が広く知られており、Onsen.JPG温泉地獄につながっている考えられていた。その湯煙はに立ち上ることから、温泉はを結ぶ存在として信仰や畏怖の対象となっていた。湯霧が立ちこめる地獄地帯は、足を踏み入れてはならない禁忌の地であったが、時の権力者が温泉を独占するための口実に過ぎなかったのではないかとされている。

別府は、かつて熱海郷と呼ばれた。「熱海」とは温泉地に授けられる最高の称号であったが、伊豆熱海によって称号を剥奪されたことから、「熱海」を「敵見」と表記していた時期があったという。何とも物騒な話である。Onsen.JPGその後は、九州の東方に位置することから「朝見」と称したこともあったようである。

又、明治からは多くの著名人の別荘地として賑わっていた。例えてみれば「炭鉱王」や「麻生公」や「重光葵」などなど・・・・

観光[編集]

「怖い物見たさ」による「地獄めぐり」が盛んに行われているが、現在では過度に開発が進んだため、Onsen.JPG聖地としての威厳が損なわれてしまったことは否めない。

で血を洗う「血の池地獄」に代表される別府の湯は、Onsen.JPG端から見るとおどろおどろしい地獄であるが、いざ飛び込んでみると忽ちあらゆる煩悩が吹き飛び涅槃の境地に到達するされているが、真相は定かではない。

極寒地獄の中にある「ぬるま湯地獄」は、炬燵にも似たであり、あまりの心地よさに浸かった人間の思考を停止させ、一度入ったら抜け出せなくなってしまう。Onsen.JPG次第に冷めていくぬるま湯のなかで人々は逃げ場を失い、ついには極寒地獄に呑まれることになるのである。

その他、熱湯や熱泥を撒き散らす「龍巻地獄」や、涼しそうな外観とは裏腹に、人肉を溶かすほどの灼熱地獄である「海地獄」や「白池地獄」など、地獄のは尽きることを知らないのである。Onsen.JPG

関連項目[編集]


この項目「別府市」は、執筆者がアンサイクロペディアの地獄にはまっていた可能性もありますが、明らかに極寒地獄です。極楽浄土に導いて下さる求道者を求めています。 (Portal:スタブ)