初期微動継続時間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

初期微動継続時間は、中学校にて学ぶ理科で最重要課題となる、暗記項目の一つである。

背景[編集]

中学校で学ぶ理科は、小学校よりも深く、そして高校のように物理や生物といった分野ごとに特化しない広い範囲を学ぶという点である意味日本の科学教育の山場となる教科である。特に2分野で学ぶ地学分野(気象・天文・地球)は、その後これらの分野を学ぶ学生がごく僅かであるため、『中学校で学ぶことにほんとうに意味があるのか』などといった意見が一部から囁かれることが多い。というのも、地学分野はその地味な雰囲気にもかかわらず多くの暗記項目・計算問題を含むことが知られており、いわゆる理科嫌いの学生からは目の敵にされているという一面があるからだ。

性質と有害性[編集]

グラフ問題も、計算問題もあるよ!

初期微動継続時間はその中学での地学分野の凶悪性を存分に発揮した項目である。その長大な名称(神聖8文字と呼ばれる)はテストで一度は問われ、漢字を間違えることで理科に対するトラウマを植え付けるのに十二分の威力を発揮する。また、「初期微動継続時間ってなに?」という問に対して「初期の微動が継続する時間だよ」とにべもない答えを教師から返される理科嫌いが古来より多数おり、その体験が理系に対する偏見を助長しているという研究結果が報告されている。

有益性[編集]

しかし逆に、その言葉が持つ論理性に惹かれる生徒も少数ながらいる。短い言葉(そう、彼らには“短い”と感じられるのだ)の中に無駄なく意味が込められた論理的表現に、科学の美を見出す生徒たちは、地学分野に限らず世界に羽ばたく理系人としての未来が保証されていると言われている。こういったことから、初期微動継続時間は子供に理系の素質があるかをふるい分ける為の試金石としての役割が期待されている。

東日本大震災の影響[編集]

2011年3月11日に発生した東日本大震災における地震は、全国の中学理科教師にとって地学分野のテスト問題の題材にうってつけであった。地震の分野は中学1年の2学期末から3学期にかけて学ぶので、それまでに現在、教師たちは1997年度生まれ以降の生徒のために地震波のグラフを問題の資料として集めようと争奪戦を繰り広げている。

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第18回執筆コンテストに出品されました。