出会い系サイト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「出会い系サイト」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「出会い系サイト」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「出会い系」の記事を執筆しています。

出会い系サイト(であ-けい-)とは、インターネット上で詐欺師がカモに出会うためのサービスである。

概要[編集]

インターネットの発達により、手軽に遠方の人間と繋がれるようになったことで人間関係は爆発的に複雑化していった。どんな僻地であろうと人間が住んでいればネットが通じるし、フリーで使える翻訳ソフトのお陰で外国人相手でも(文章であれば)恐れることはない。そういった先端技術は必ず金と欲を刺激するため、そこを活用する詐欺が生まれるのは必定である。だからこそ、インターネット普及の間には詐欺コンテンツ対策もまた普及してきたが、そのいたちごっこには限界が来ようとしていた。人間の発想など所詮は似通ってくるのである。

そこをなんとか解決出来ないか、という事で日本人は過去に学ぶことを考えた。そこにあったのは「最低限の被害は受け入れる[1]」と言うことだったのである。例えば江戸時代中期の江戸には総計一万人を越えるスリがいたが、彼らは全員組合に所属し「江戸在住の人間は狙わない」「おのぼりさん相手ならスッてOK」と定められることである意味合法化されていた。無論江戸市民を狙えば犯罪者として罰するが、田舎者なら別に構わないと公儀が認めていたのである。それに倣い、「エロい人だったら騙しても良いだろう[2]」という事で性的コンテンツで相手を釣り上げる詐欺向けサービスが開始された。その中で生まれたのが出会い系サイトである。

出会い系サイトは男女の出会いを演出する形式になっており、「無料でも会える」「金を払えば確実に会える」と謳って色狂いの男女を集めその中からじっくりとカモを見繕うことが出来る。実際に出会う事は出来ないが、騙されるような色狂いの情報弱者はそれに気付くことはない。またその程度の事もわからない人間は価値が低く、江戸時代の田舎者よろしく騙してもいいことになっている。

出会い系サイトの例[編集]

出会い系SNSの例。こういった扇情的な感じでカモを釣り上げる。
メーリングサイト
メールアドレスを交換する或いは購入するサイト。勿論プライベートなものがやり取りされることはない。直アド系とも呼ばれる。
近年は無料通話アプリLINEのアドレスをやり取りするケースが多く、芋蔓式に大量のアドレスを採れる為詐欺師界隈で流行中。
SNS
Facebook風やTwitter風など多数。共通するのは話題がことごとく性的であること。
実際にFacebookやTwitterで行うと通報されるような話もワイワイ出来るので、詐欺師以外にも愛好家は多い。
掲示板
一昔前に流行した形式で、会いたい旨や合コンの場所などを書き込んで様子を見守る。
ネオ麦茶事件以降掲示板サイトの締め付けが厳しく、近年では減少傾向にある。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 完全根絶より受け入れる方がコスパがいい。少々の犠牲は仕方がないのである。
  2. ^ エロガッパはひどい目にあえばいい、とみんな[誰?]が思っているため。

関連項目[編集]