冷泉隆豊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「冷泉隆豊」の項目を執筆しています。

冷泉 隆豊(れいぜい たかとよ)とは、オタク腐女子に受けそうな属性を多く備えているにも拘らず、未だに戦国無双戦国BASARAに参戦できない不運[1]の武将である。求心力を喪失し、人望が失墜したどうしようもない大内義隆を最期まで近侍し、斜陽の大内家を支えた忠臣であり、マゾヒストである。死後、その執念から怨霊となって陶晴賢に憑依し、晴賢を発狂させ、江良房栄を殺害させるなどの乱行に走らせ、また厳島の合戦では稚拙な采配を取らせて統率を乱し、晴賢の滅亡の一翼を担った。

人物[編集]

彼は戦国好きの大半を占めるであろうオタク腐女子中二病患者に受ける要素を多く備えていた人物であった。

大内家への忠勤[編集]

下剋上によって滅んだ西国の大大名、大内義隆に側近として仕え、多くの家臣が義隆を見限り陶隆房謀反に加担する中最後まで義隆に忠節を尽くし、義隆の介錯を行った忠臣として知られている。大内義隆は尼子攻めで大敗して以来厭世観に取り付かれて文芸・遊興に耽溺るようになり、また文治派、相良武任を重用するあまり陶ら武闘派の家臣を粗略に扱い求心力を失っていった。陶が謀反を起こした際も、義隆に味方するものは僅かであった。そんな中、最期まで義隆に付き添った隆豊は、王に忠節を尽くす騎士の模範とでも言うべき存在だろう。しかも、隆房が謀反を起こす前、隆房と相良武任との仲介を務めたり、義隆に隆房を粛清するよう進言するなど、忠臣ぶりを思わせるエピソードも多く残っている。直江兼続真田幸村にやたらと「義、義」と言わせるコーエーなどは、このエピソードだけでも隆豊をPCキャラとして採用していてもおかしくない。しかし後述の蜜月関係も考慮すると、悪く言えば義隆のバター犬であったとも言える。

主君・義隆との蜜月の関係[編集]

彼は義隆の側近として常に傍にいたと言われる。この義隆、非常に男色を好んだ人物と言われ、ザビエル神父にまで発情して襲い掛かってしまい、男色を嗜めるよう注意されたほどの男好きであった。謀反を起こした陶隆房も彼のお気に入りだったらしく、ケツを掘ってくれなくなったことへの逆恨みが隆房の謀反の原因だと主張する者までいる。近習の隆豊にも無論そっちの噂は立ち、隆房を粛清するよう進言した前述のエピソードは「恋敵」を排除しよういう隆豊の目論見もあったのではないかと言われている。義隆、隆房、隆豊、ついでに相良武任も混ざったドロドロの四角関係。いかにも御局様方が好みそうなネタである。

高貴な家柄[編集]

彼の苗字、冷泉とは勿論藤原定家の流れを汲む公家の名家冷泉氏の事である。無論、隆豊も冷泉の血を引く高貴な生まれの人物なのだ。主人公が高貴な生まれであるほうがオタクに受けが良いのは全身黒ずくめの変態仮面や歴代ファイアーエムブレムの主人公を見ても明白である。

奮闘[編集]

義隆が陶隆房の軍勢に追い詰められた時、隆豊は義隆が切腹する時間を稼ぐべく陶の寄せ手を相手に孤軍奮闘したと伝わっている。主を守っての奮闘だけでも燃えるシチュエーションだが、隆豊は義隆の介錯を務めた後、自らも腹を十字に掻っ捌いて、自分のハラワタを陶の軍勢に投げつけ壮絶な最期を遂げたという。落武者狩りに殺された明智光秀や、古寺で満身創痍で居るところを端武者に討ち取られた真田幸村などとは大違いである。

隆豊の死からおよそ30年、柴田勝家も賤ヶ岳で敗れて切腹する際、隆豊同様腹を十字に裂いて内臓を捥ぎ取り投げつけたと言われているが、隆豊に影響を受けた事は間違いないだろう。織田信長の重臣にまで影響を与えた隆豊の志がいかに崇高であったかが伺える。

尚、そもそも内臓を投げつける前に激痛のあまり昏倒するのが普通で、この話は創作であるとケチをつける無粋な輩が居るが、それはあくまで一般の人間の観点であり、隆豊(と勝家)が超人的な精神の持ち主であったと考えればなんら不思議ではない。

不人気の理由[編集]

しかしながら、戦国フリークの間での隆豊の人気はさほど芳しくないのが現状である。戦国時代を題材にした同人作品でも、「大内義隆×冷泉隆豊」モノは全くと言っていいほどない。隆豊の人気のなさの理由には、以下の点が挙げられる。

活躍した時代が早すぎた[編集]

隆豊が没した1551年と言えば、まだ桶狭間の戦いも川中島の戦いも起こっておらず、後に天下人となる徳川家康は10歳、伊達政宗真田幸村に至ってはまだ生まれていない。隆豊が活躍した時代は、戦国の人気者達が活躍した時代とあまりにかけ離れていた。

所詮はマイナー大名の家臣[編集]

大内氏は義隆の時期に最盛期を迎え、拠点としていた山口は西の京都と呼ばれるほど栄え、紛擾の真っ只中であった京都から多くの公家や文化人が身を寄せていた。しかし、大内氏は陶晴賢の謀反によって滅んでしまい、後世に名を残す事は叶わなかった。よほどの戦国オタでない限り、大内氏など所詮マイナー大名扱いである。そのマイナー大名の家臣である隆豊に注目が集まる事は、大河ドラマの主役にでも抜擢されない限りまずないだろう。[2]

注釈[編集]

  1. ^ 死姦を免れる、という観点から見れば幸運ともいえる。
  2. ^ 仮に彼を主役とした大河ドラマの企画が組まれたとしても到底1年持ちそうにない。