内臓ハードディスク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

内臓ハードディスク (ないぞう -)は、日本のみで使用されているとされる、人体から取り出した内臓を原料に製造されるコンピュータ外部記憶装置ハードディスク)。人体を傷つけて、人間が使役する電子機器の一部を製造するために、極めて非人道的だとして、この部品の製造および使用は、世界から非難を受けている。日本の大手電子機器メーカーは、日本の資源不足と旺盛なコンピュータ需要を考えると、効率的な外部記憶装置の生産は避けられず、内臓ハードディスクは必要悪だとして、製造を続けている。

なぜ、人体からでなくては製造できないのか、他の生物有機物からの製造が可能ではないかとの指摘もあるが、現在のところ、研究が進んでいないのは内緒である。

歴史[編集]

2000年問題を何とか乗り切ったコンピュータ業界は、新たな問題発生源を求めて、人体からコンピュータ部品を製造するという危険な賭けに出た。この背景には、コンピュータ業界の“常に世間の注目を集めていないと不安になる”体質が原因とされている。時期は不明であるが、2000年初頭には日本の大手メーカーは、人間の内臓からハードディスクを製造する技術を確立したとされる。これは密かに大手メーカー製PCに内蔵されて出荷されたが、技術者が作成した仕様書に書かれた「内臓ハードディスク」という文言から発覚。世界中の人権活動家WHOなどから批判を受けた。

性能[編集]

とりあえず、内臓ハードディスクを買って自分のPCに取り付けても、普通に動く。特に他のハードディスク製品との性能上の違いはない。普通のハードディスクよりも高速でもなければ、耐久性にも優れているわけではなく、全くの同等品といってよい。

有限責任中間法人 日本内臓ハードディスク協会[編集]

内臓ハードディスクを製造、販売する企業が、その必要性の啓蒙活動を行うために2006年4月1日にに設立された。だんだん加盟企業は減っているという噂もあるが、その実体は不明である。略称はJIHDA(Japan Implant Hard Drive Association)。

日本内臓ハードディスク協会発足(PCうおっち)

参加企業の一覧

これからの内臓ハードディスク[編集]

ハードディスク消した?.jpg

世界的な批判を受けて、いくつかのメーカーは生産を中止しているとされている。しかし、もはや批判をものともせず、PCメーカーの公式サイトでも内臓ハードディスクの使用した製品であることを明記したものも散見され、今後の動向が注目されている。一部の国会議員は、国会政府の姿勢を質したが、厚生労働省見解は明らかにはなっていない。