内灘町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「内灘町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「内灘町」の項目を執筆しています。
内灘町(うちなだまち)は、加賀地方なのか能登地方なのか分からない、中途半端なである。

お隣金沢市の寝台都市。ほとんど島みたいなもの。自分の家が島なのか内灘なのか知らずに住んでいる住民も多い。

概要[編集]

内灘町(うちなだまち)とは、勝手に金沢市を名乗り始めた陸の孤島の町である。1970年代に土地が安かった場所にテキトーに「金沢医科大学」と名乗る病院が誕生。ここから島民の勘違いが始まった。海岸に面しているため塩害がひどいので、アンテナを立てても10年くらいしかもたないはず。雷も良く落ちるからね。

多分地デジアンテナ普及率は石川県で一番だと思うんだよね。河北斎場がありかほく市民や津幡町民、島民はほぼこの島で焼かれているんじゃね?

交通[編集]

鉄道[編集]

JR
ここに乗り入れるJRの路線はない、ぐーぐるまっぷで見る限り島国なのでどうでもよかったのかもしれん。
浅電
浅野川電気鉄道株式会社が運営する浅野川線、通称浅電。朝から出が悪いのでこの名が付けられたと聞いている。その昔は粟ヶ崎の海水浴場まで延びていた。水着で乗り込む客が多かった。電車がそのまま海にダイブしてくれるので電車に乗ったまま海水浴が楽しめると評判も上々だった。しかし、増え続けるマイカーでのダイブには勝てず、海水浴場までの路線は切り捨てられてしまった。

道路[編集]

能登有料道路
能登有料道路の起点があったが、この起点の位置も金沢なのか内灘なのか曖昧になってきた。この起点から乗ると料金所で確か220円くらい取られる。かほく市白尾から乗ると100円で済むので、こっちを利用する車がやたら多くなってきた。
2013年(平成25年)4月1日をもって無料化され、現在の名称は「のと里山海道(のとさとやまかいどう)」となっている。

バス[編集]

北鉄金沢中央バス内灘線
やっぱりバスも「金沢」である。15年前くらいは1時間に1本くらい兼六園下~内灘駅~宇野気駅を結んでいたが、最近は1日4本くらいに落ち着いた。
なだバスナディ
最近走り出したコミュニティバス。あと一歩のところでイオンかほくに行けるのだが、かほく市に入るところで容赦なく折り返しを強要される。


結局私鉄も島営バスもクソ過ぎるので、イオンバス(納豆みたいな名前の会社に委託)が独自に島に乗り込んできているとの噂が絶えない。

名所[編集]

海賊船公園
未来の海賊王を養成するための施設。これを目当てにわざわざ周辺各市町からやってくる家族連れやカップルが多かった。昼は子供がワンピースごっこ。夜は船内でアーン♥♥にも利用されていた。病院に次ぐ内灘町第二位の収入源だったが老朽化により営業停止。内灘町存続の危機にまで発展しているとかいないとか。緊急食料が隠されているので深夜に浮浪者があさっている。
サンセットブリッジ
石川県初のレインボーブリッジみたいなタイプの大きな橋。片側一車線で規模は遠く及ばないが・・・。夜間毎時00分になると七色に光るイルミネーションを楽しめる。お台場のよりある意味こっちの方が正しい「レインボーブリッジ」である。交通量も少ないので「サンセットブリッジ、封鎖できます!」少し先の丘からは橋が見える。そこに車を停めて橋を眺めながらまた別のものを封鎖する作業も夜間を中心に行われている。
コンフォモール内灘
内灘町初の小型ショッピングモール。24時「まで」営業のマックスバリュを中心に色々あるが、駐車場の規模の割に停車台数はいつも少なく地味な存在。隣の温泉は結構賑わってるみたいだが。晩飯の買い物以外はみんな宇ノ気のイオンにいく。もしくは晩飯の買い物ぐらいなら向陽台の東京ストアか大根布のチューリップで事足りる。最近向陽台のゲオが移転してきたけど、前より不便になった。

関連項目[編集]


この項目「内灘町」は、執筆者が職人だった可能性もありますが、このままでは未完です。究極の一品に仕上げて下さる同業者を求めています。 (Portal:スタブ)