六本木

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「六本木」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「六本木」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「六本木」の項目を執筆しています。

六本木(ろっぽんぎ、ギロッポン)とは東京の地名である。アン=ルイス・アンルイスがホリエモンと心中したことで大変に有名。

レプラコーンの呪いがかかった六本の木が植えられている事によって命名され、このレプラコーンにより都合の悪いことはすべて忘却することで有名。特にに関する法律に関してはキレイサッパリ忘却された上に都合の良いように捻じ曲げられてしまう。

「木の呪い」は、主にヒルズと呼ばれる丘に濃縮されるようであるが、濃縮されることによって通常の日本では考えられない物価高騰を引き起こす効果があり、単なる珈琲に1000円程度の費用を必要とすることもある。

近年、地方出身の若い女性を連れて行く場合、例の333mの東京電波塔よりもヒルズと呼ばれる丘のほうが有名どころとして喜ばれる傾向が強くなってきている、と各方面から意見があったが、作家・リリーおじさんの著作の影響により東京電波塔の人気がぶりかえしてきた。

その地位の低下を恐れた塔内の高所居住者たち、いわゆる「ヒルズ族」は金にあかせた人海戦術によって、電波塔関連製品であるローソンの昔ながらの塩おにぎりを買い占めるなどの暴挙に出ているとゲシュタポ日本支部が公安調査委員会に報告を出しており、港区警察が近日中に家宅捜索を行う方針であるが、ヒルズの警備員との肉弾戦は必至であり突撃のタイミングを探っているところだという。

また夜間にはダークエルフとおぼしき外黒人が繁華街を闊歩しているほどリベラルかつアナーキーな側面ももつ。このためアメリカ国務省も六本木について渡航勧告を出しており、ウィキペディア日本語版で隠蔽された数多くの事実の一つである。

関連項目[編集]


Uroborosu.png え、えーと…この項目って本当に六本木であってたっけ?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで教えてよ! (Portal:スタブ)