六位蔵人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「六位蔵人」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「麴塵袍」の項目を執筆しています。

六位蔵人(ろくいのくらんど)とは、日本酒の品評会で6位に選ばれた職人のこと。

概要[編集]

蔵人(くらんど)とは、日本酒の酒造職人で、杜氏(とじ)の下で酒造りに携わる人々のことである。全国新酒鑑評会を始めとする各地の品評会で上位入賞することは、日本酒の杜氏・蔵人にとって大変に栄誉なことであり、その中でも6位につけた蔵人は「六位蔵人」の称号を受けることを許される。なぜ6位が重要なのかというと、これが宮内庁御用達の最低ラインと言われているためである。また、その入賞した酒自体にも「六位蔵人」の称号を冠することが許される。さらに六位蔵人の酒は、「麴塵」と呼ばれる、コウジカビの色に由来する認定マークをラベルに表示することが認められており、ひと目でわかるようになっている。

類似する用語[編集]

ここでは、酒造業界で用いられている用語について説明する。

蔵人所[編集]

蔵人が集まる作業場のこと。

蔵人頭[編集]

蔵人の頭(かしら)。杜氏として認められる一歩手前のベテランの蔵人のこと。

五位蔵人[編集]

品評会で5位に選ばれた職人、及び彼らが造った酒のこと。六位蔵人を超える栄誉であり、当然、宮内庁御用達の対象となる。

蔵人五位[編集]

五位蔵人のまがい物。五位蔵人の栄光に便乗した悪質な表示であり、問題となっている。品評会で落選したかつての六位蔵人が、過去の栄光が忘れられず名乗っているケースが多い。言うまでもなく景品表示法違反であり、いずれ消費者庁によりお叱りを受けるであろう。当然ながら宮内庁御用達の対象からは外されている。

関連項目[編集]