公衆便女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「公衆便女」の項目を執筆しています。

公衆便女(こうしゅうべんじょ)とは、主に公園や駅など公共機関に設置されている男性向け性欲発散装置である。

概要[編集]

公衆便女への任命。

公衆便女の起源は古代ローマに遡り、兵士の性欲処理の為公共トイレに設置したものが始まりとされている。古代ローマでは水道施設も整備されており、常に衛生的に性欲処理が可能になっていたと記録されているが、これは基本的に有料だった。その後も欧米圏の公衆便女は有料制が多く、辻娼婦や娼館にシェアを奪われる形で衰退していった。

日本においては古く奈良時代には既に公衆便女の習慣があり、江戸時代には一般化していたとなっている[1]。江戸市中には遊廓などもあったが、公衆便女は岡場所(非合法遊里)よりも更に格下とされていた。また当時はセックスに持ち込むまでのやり取りを楽しむのが「粋」であり、ただハメて出すだけの公衆便女は競合相手とは見られていなかった。その後明治以降衛生観念が急速に発達すると、「他の肌が触れた公衆便女を使いたくない」という声もあって一時数を大きく減らしたものの、近年では衛生状態が改善されまた手軽であることもあって各地に公衆便女がまた増えつつある[要出典]

設備等[編集]

公衆便女は主に公共トイレで使用される為、設備はそこに依存する。和式個室では腰への負担が強く、また一般家庭での洋式便器普及率の上昇から洋式個室を使用することが多い。その場合洋式便座の上に公衆便女を座らせて正面から挿入する手法が一般的である[2]。使用後は備え付けのペーパーで簡易清掃した後それを便器に流すことになる。最近は温水洗浄便座を使用し身体の水洗いも行われる。尚小便器スペースに座らせて口で性欲処理を行わせる場合もあるが、汚物で汚れやすいのとプライバシーの問題から都市部ではあまり行われない傾向がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「手水組」と呼ばれていた。
  2. ^ 個室が狭いため、それ以外での挿入は難しい。

関連項目[編集]

この項目「公衆便所」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。