八雲町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八雲町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「八雲町」の項目を執筆しています。

八雲町(やくもちょう)は、北海道の町のひとつである。

日本で初めて列島横断を果たした市町村でもあるが、その割には、誰も注目していない。影の薄さはその地方の他、「八雲」(和歌に由来し、多くの雲という意味)という「(のように)実情がつかみにくい名前」にも現れている。

概要[編集]

日本で初めて、木彫り熊バター飴の販売を行うようになったり、檜山支庁を、「アシクッサ・ユカリーン」が境界を操って強引に分断し、太平洋日本海にまたがる市町村になったりと、話題になりそうなことは多くありそうなものだが、前述のような事情でほとんど注目されていない。北海道でも名古屋共和国でも東京でも出雲でも、事情はほとんど同じである。

八雲について[編集]

本来、八雲の名前は「八雲立つ出雲八重垣妻籠めに八重垣つくるその八重垣を」というスサノオの歌が示すとおり、島根県出雲市一帯に多い名称のはずである。同地域へ行く特急列車は「やくも」を名乗っていることが、それを裏付けている。

明治期、この地域を開拓した尾張国(今の名古屋共和国)の殿様が、雲のようにつかみにくい楽園を新天地の北海道(蝦夷地)に築こうとして、勝手に和歌の単語を引用したことから、今のような北海道の知名になったといわれている。その結果、八雲は名前の通り雲隠れをする様なところとなってしまった。

地理[編集]

日本海側に出るには、一山越えなければならなく、向こうにあるのは僅かな平地にへばり付くように存在する熊石地区である。しかし、そこも八雲町内であり、二海郡内であり、渡島支庁なのである。

関連項目[編集]