八百屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八百屋」の項目を執筆しています。

八百屋(やおや)とは、日本における伝統的なアダルトグッズ専門店の総称。

概要[編集]

後述するとおり、アダルトグッズは日本において古くから親しまれてきた。合成樹脂ゴム製の製品がメジャーになるまで、八百屋は男女問わず性的な営みに潤いを与てきた。現代においても、そのコストパフォーマンス、リサイクル性、安全性から広く親しまれており、人工アダルトグッズには無い独特の感触に根強い愛好家が付いている。ロハスブームも追い風になり、徐々に人気が復活している。

八百屋はまず、畑で採れたばかりの新鮮なアダルトグッズを供給することが第一に求められている。次に求められるのが品揃えで、性的嗜好は十人十色であるため、あらゆるニーズに対応できなくてはならない。細長いもの、太いもの、柔らかいもの、硬いもの、丸いものや四角いもの、凹凸が激しく歪なものまで、ありとあらゆる形状・性質のアダルトグッズを網羅してこそ一流の八百屋と呼べるのである。

販売される主なグッズ[編集]

以下では各アダルトグッズについて説明する。いずれも使用前にはきちんと洗浄し、安全に使用することが大前提である。

もっともポピュラーなグッズ。太さ、長さともに標準的な(日本人の)男性器に近く、若干の反り具合と表面の突起が刺激を促すため、男女問わず不動の地位を確立している。女性器に使用された場合、若干の塩味が付く場合があり、それを特に好んで食す嗜好の持ち主も少なからず存在する。これを俗に『きゅうりの潮漬け』という。因みに、男性が使用する場合は専ら肛門で使用することになり、アレの付いたきゅうりは極々一部の愛好家から『モロきゅう』として親しまれている。しかし衛生上の問題もあり、お勧めは出来ない。何はともあれ、応用が利くことも魅力の一つであろう。
食用としての日本への伝来は十六世紀とされているが、実際にはそれ以前から日本に存在していたとする学説もある。形状は先がとがっており、長さも概ね短いためボリューム感では劣るものの、陰核の刺激などピンポイントで攻めることに長け、他のグッズとの併用において真価を発揮するグッズと言えよう。しばしばヘタの方から挿入する場合があり、この場合は深く入れすぎて取れなくなるアクシデントに注意が必要である。
これも非常にポピュラーなグッズである。太さは概ね太めであるが、使い慣れた性器にはむしろ丁度いいくらいである。表面が滑らかなので動かしやすく、幅広い層に人気の一品である。
大きさはまちまちであるが、形状に凹凸が多く、コアなファンが多いグッズである。表皮が厚く頑丈であり、使い回しが利くのも魅力である。
さつま芋と同様、凸凹の虜になる者が多い。但し、表面に傷が付いたり、使用途中で折れたりすると性器が被れ、大惨事に見舞われる恐れがあることも十分留意しておかねばなるまい。最近ではその被れによる痒みを楽しむプレイが増えているようである。
平均的なサイズがかなり大きめなため、ベテラン向けと言える。しかし、皮を剥き粒が露出した状態での使い心地は他のグッズとは一線を画すものであり、一度味をしめるとこれ無しには生きていけなくなるほど中毒性が高い。耐久度が極めて低いのが玉に瑕である。製造国としてはアメリカ合衆国が世界最大のシェアを誇り、同国産のとうもろこしは『ジ・アメリカン』と呼ばれ、その巨大さで有名である。しかし、ジ・アメリカンは大きいだけで硬度や張りは今一であり、総合的な評価は必ずしも高くない。因みに、アメリカンの中でも最高級グレードとされた『マティ』ブランドは、一時日本国内で『先っぽ●ロマティ』という名で流通、某少年漫画でも取り上げられるほどの人気を誇ったが、名前が酷似する某アスリートが名誉毀損でこれを訴え、現在ではタブーとなっている。彼曰く、「俺のブツはあんなもんじゃねえぜ。俺のブツはマジで聖なる糞並だぜ」
サイズは根菜の中でも最大クラスであり、どちらかと言うと特殊なプレイ向けのグッズである。グッズ使用による快感よりも、巨大な物体を無理やり挿入すると言うスリルを味わうことを目的とする場合が多い。
男性にとってこの感触はまさにアレそのものであるため、自慰行為には不可欠である。
全国区でのアダルトグッズとしての歴史は浅いが、古くより栽培されてきた南西部においてはよく使用される。
主に男性に好まれるアダルトグッズの1つである。2つ手にもって揉む事で快楽と絶対的な支配感を感じる事が出来る。支配感の元は力を入れすぎると破損してしまう事から来ていると考えられる。他のグッズと同じく大きければ大きい程価値があると思われがちだが、好みは人それぞれで、プチトマトじゃないと満足できない層も存在する。また、あえて破損させて挿入を試みる事も出来る。多くのアダルトグッズが男性器の代替品であるのに対して、女性器の代替品としても使える事からイタリアを中心にブームが広がっている。中がぐじゅぐじゅしている物ほど揉むのにも挿れるのにも都合が良いとされる。また、トマト投げ祭りというSMイベントも毎年大々的に行われており、歴史時代は中々古い物があるようだ。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

歴史[編集]

その起源は定かではないが、風土記において既に描写があることから、奈良時代には既に庶民の間に定着していたものと思われる。八百屋という名称は、『八百万の神』を由来としている。八百屋について語る上で、シャーマニズムとの関連は避けては通れない。古代日本では政治的な決定や、その年の農作物の出来等が全て占いによって決められていた。占いをする上で巫女は、自然界におわす八百万の神と交信することで未来を予言したという。このとき巫女達は、自らの体内に自然の一部分を取り込むことによって霊魂を神と近づけ、より鮮明なお告げを得ようとした。そこで用いられたのが、その年に収穫された農作物であった。それら農作物を巫女は自らの生殖器に挿入し、自然と一体となろうとしたのである。形状的に男性器に似た胡瓜等の根菜が良く用いられたが、その地域で収穫が多い農産物を用いることもあった。なお、鬼道を操ったという卑弥呼もこの方法を用いたという。

関連項目[編集]