八戸市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八戸市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「八戸市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「八戸市」の項目を執筆しています。

八戸市(はちのへし)は、青森県、じゃなかった、八戸県の県庁所在地である。

市の概要[編集]

青森県よりは岩手県北部(盛岡など)や釜石県北部(宮古など)の方が繋がりが深い。岩手県北部から八戸県にかけては江戸時代には南部藩の領土で、「一戸」「九戸」といった「n戸」(※n自然数)という地名が点在しており、八戸もこの一つである。

青森県が所有権を主張しているとか何とか聞くが、そういったことはたちの悪い都市伝説である。言葉も気候も見ているテレビ局も違うのに何の冗談だろう?青森県西部の弘前市とは古くからの敵対関係にあり、間を取って青森市が県庁所在地に選ばれたと言う歴史がある。

2010年12月3日まで東北新幹線の終点だった場所らしい。新幹線の終着駅がある都市の中では最も小さい都市だと言われてきた暗い過去を持つ。駅は市の外れにあるため、意気揚々と降り立った観光客をよく真っ白にさせる。なぜそんなところに駅があるかというと、疫病患者を市の中心部に入れさせないためである(実)。また、東北新幹線の新青森開業後は八戸スルーが行われることになったため、2ちゃんねる等でネガティブキャンペーンを実施中である。

八戸で最も有名なのはウミネコである。2010年現在、八戸市の総人口よりも多い数のウミネコが市の東部にある蕪島に生息している。そのため、市内はウミネコの糞だらけで足の踏み場もないほどである。市民の多くは、一日の大半をウミネコの糞掃除に費やしているという。また、ウミネコの胸を触ると今までに無いくらいのやわらかさと幸せを感じると言われている(その後ウミネコの糞になる)。

弘前市との関係[編集]

  • 1588年 - 糞ったれピカ丸こと津軽為信が南部家領の津軽一帯と外ヶ浜を占領。
  • 1590年 - 真性バカ野郎こと津軽為信が南部家よりも先に豊臣秀吉に拝謁して津軽地方の領地を安堵。南部氏は津軽為信が惣無事令に違反する謀反人として秀吉に訴えたが、糞味噌マンこと津軽為信が豊臣家をよいしょしていたため水に流される。死ねよ
  • 同年 - 家臣だったデベソチビこと津軽為信がなぜか南部家と同じ大名の位に、しかも豊臣の傘下となる。南部家が内心「くたばれよ」と思ったのは言うまでもない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

町並み[編集]

三日町が中心街である。シネコンやアニメイト、服屋などが入っているチーノビルが八戸の中心的存在といえるが隣は仏壇店である。さらにその隣も仏壇店であり、八戸という街を象徴している。(編注。2013年、チーノビルの通りにあるドトールが移転。跡地にできた店はやはり仏壇屋である)中心街とはいうもののヨドバシカメラなどといった電気店や大型書店、どこにでもあって当たり前のセブンイレブン松屋といった店は一切存在しない。中心街に本屋がない、中心街で本を買えないのは八戸くらいのものである。あるものは貧相な文房具屋、鍋屋といったところである。とにかく仏壇を売る店が多く、中心街で流れている宣伝放送も仏壇の宣伝である。街では狂ったように何度も何度も同じ店舗の宣伝放送が流れているが、数年前は「ゆずれない願い」が、現在では「ドラえもんのうた」が常時使用されている。当然著作権者の許可は得ていないものと思われる。

以前はチーノと似たようなRECなるビルがあり、ヴィレッジヴァンガードなどが入店しておりファッションビルとしての役目を果たしていたが突如閉鎖。シャッターが降りている状態が続いているが最近は老婆がこのビルの周辺に集まりだし、野菜やよくわからない焼き物の出店を開くなど、不法な占有状態が継続している。その一方で、市はこの周辺に観光客向けの施設を作って観光客を呼ぼうといった話が持ち上がっているが、遠くからわざわざ仏壇店が並んでいるような街に高い金を出して来る人がいるはずもなく、狂気の沙汰である。


中心街にポータルミュージアムと横文字な肩書きを無理くりあてハメた未来のない建物が、市民、・・・じゃなかった、県民の税金で勝手に建てられた。そのため数軒の老舗店舗が、大人のやり方で立ち退いた。 この建物の一番の見世物として、時報とともに一階に設置した数頭の木造ライオンが、歯を叩き祭り囃子を演奏する八戸県でも1、2を争う高度な技術が採用された。


また2012年から、ファミリーマートの侵略が急増した。

「青森県の歴史」八戸市教育委員会編[編集]

1870年頃、神君家康公の恩顧を忘れ、西国諸藩が略奪と殺戮の宴を心行くまで楽しむためやってきたとき、東北諸藩はこの圧倒的なる南の海からきたバイキングどもに膝を屈することを潔しとせず、団結を誓って勇猛心を振るい、共同して反撃に立ち上がった。しかし、弘前藩は東北地方の人民を嫌悪していた上に、承昭が九州からの養子だったこともあり、あっさり裏切った。それが戦況にどう響いたかは定かでないが、結果として弘前藩は戦後、東北諸藩統括としての地位を与えられ、仕方なく統治することにした。

気候[編集]

夏場はやませのおかげでチョー快適!!!11ただし寒いときは極端に寒い。最低気温が釧路、網走を下回ることなどザラである。梅雨の前後など、もうすぐ夏にさしかかろうというのに最高気温20度未満ということもしょうちゅう有り、冷たい都市である。でも冬場は雪はあんま降らないから不便なし!!!日本一住みやすいぜ!!!八戸県民YAHOOOOOO!!!

ただし、太平洋沿岸のためか地震は多いのが玉に瑕である。

市民[編集]

1年に3度くらい八戸市じゃねえや八戸県出身の凶悪犯罪者(ほぼ100%の確率で殺人罪)が生まれ、また犯罪者の年齢も多種多様で16〜72歳とまぁ普通だのう。青森県だけでなく全国、世界中を飛び回っている。ここ近年はディクロニウスが八戸市民に混じり、肉親を殺害する事件が多発している。国はこれを重大視し、現在はオルタネイティヴⅣ発動中。最悪の場合、東通原子力発電所を核とし北東北ごと消し去ろうとする計画が検討されている。

あまり知られていないが民度の低さは大阪民国に遅れをとらず、属性で見れば対に当たる。非常に内弁慶で犯罪行為を発見しても見て見ぬふりという腐れ根性を兼ね備えているために、ブロークンウィンドウ現象が光の如くに進行する。

無能な人間はすぐに捨てるのが市民じゃなく県民のモットーで、そのへんの木を一蹴りすれば片足を棺桶に突っ込んだような爺さんがボトボト落ちてくるのは有名である。

八戸は給料も低く(コンビニバイトは夜勤でさえ時給1000円に届かない)そのこともあり姥捨てが頻繁に行われており、一般的に老婆が捨てられるのはバスである。市営バスは常に老婆で超満員札止めであり、無料であるため朝から晩まで一年中老婆はひたすらにバスに乗り続けて一日を過ごす。乗り合わせた老婆が見知らぬ老婆、老人に声をかけ、出会いと発展する出会い系バスとしての役割すら近年は持ち始めている。このように常にバスは老婆に占有、占拠されているため一般客がバスで席に座れるようなことはない。

また現存する公園のトイレの9割9部9厘はハッテン場クソミソ的な意味で)である。実際に訪れてみれば、その証拠となる落書きを見ることができるだろう。

子供のうちに女性のくっせえアワビをかがせる南部藩時代からの伝統があり、各小学校の近くにはヘルスが1つはある。必ず学校から50m以内に位置し、通学の際に寄り道できるようになっている。小中野小学校に関してはトイレよりヘルスの方が近い。

この様なアーン♥♥な文化を兼ね備えるがために、特殊な性癖を持ってしまうのがほとんどで、禁則事項です禁則事項ですなど常人、ましてや宮小路瑞穂宮崎勤高橋ジョージらでさえも理解しがたい嗜好をもつ。

行事[編集]

三社大祭というデコトラ自慢コンテストがある。その時期になると数日で中心街に数十万人から数百万人が集まり街の道路沿いは人で埋め尽くされ沿道は椅子が並び場所の奪い合いが起こるほどの、ねぶたに勝るとも劣らない人気恒例行事であるが、市があまりにも無能すぎるので全国的な知名度は限りなくゼロに近い。彩るだけではもの足りず、3次元化させ車体にくっつけるあたり二次元オタクになにか近寄っている気がするが、まぁ気のせいですね。気のせい。毎年かさばった飾りや人形が建造物を破損させたり電線を切断するシーンは見ものである。

八戸に新幹線が来たことを期に知名度を上げようと試みたものの駅の周りに安ホテルを建てまくっただけであり、全く意味がなかった。八戸の人間が八戸のビジネスホテルに泊まるはずがなく、八戸に来る理由がなければ誰もやって来ないからである。

名物料理[編集]

せんべい汁といちご煮が有名である。というか有名にしようとしている最中である。「B級グルメコンテスト」などに出場してデカい一発を狙っているが、しょっちゅう富士宮焼きそばに決勝で負けて優勝できずにいた(実はB-1グランプリ発症の地でもある。)が、あまりにも万年2位が続くので常勝の1位(富士宮やきそば)を殿堂入り扱いにしたりや、なんや、かやで近年ついに微妙なグランプリ金賞を獲得した。せんべい汁のせんべいは亀田製菓の「おばあちゃんのぼたぼた焼き」、いちご煮のいちごは福岡県名産の「とよのか」に限る。よくいちご煮のCMには、若干白みがかかった透明の汁物が映っているがもちろんウミネコの糞と海水の混合物である。このほかにも「八戸らーめん」というものが存在するが、ぶっちゃけただの醤油ラーメンである。

主な八戸市出身の有名人[編集]

田中義剛は八戸県出身と自称しているが、あのような一般人が県民なはずがない。

その他[編集]

東北新幹線延伸を記念して、アタック25のラスト問題「ある都市」に選ばれた。が、チャンピオンは答えられなかった。本編の「九州新幹線の愛称は?」に誰も答えられなかったから、他の出演者でも無理だっただろう。ってなわけで、鉄道教の信者以外にはまだまだマイナーな都市である。

廃墟写真家小林伸一郎が、刊行する写真集のテーマに八戸市を突如選び出した。「廃墟、廃墟、廃墟、八戸市、廃墟、廃墟」という写真集のリリースである。小林伸一郎は八戸出身でもなければ何のゆかりもない写真家であり、彼が八戸市から感じ取ったものがどんなものかであるかがなんとなく伺える。

笑っていいとも!」が一日に2回見れるかわりに深夜アニメがほとんどはいらない。 っていうか、笑っていいともを1日に二回見たがる人って…。

ロックスター・ゲームズが八戸市を題材とした、Grand Theft Auto Hachinohe city(仮)を開発中らしいが、一向に世に出る気配が無い。


嘉門達夫は、「ひかり」の博多行きの下り列車にて、博多の次は八戸と公言し、CDも出している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


ミッキーマンソン.jpg この記事「八戸市」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)