八幡西区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「八幡西区」の項目を執筆しています。

八幡西区(やはたにしく、YAHATANISHI-Area)とは、福岡県北九州市に存在する7つの行政区のひとつである。

概要[編集]

北九州市で最も人口の多い(全人口の約25%を占めている)行政区として他の6区に対し、イニシアチブをとったつもりで威張り散らしているものの、その大半が黒崎の学生街(八幡西区のNYを自称している)に住んでいる学生によるものであり、毎年入れ替わりも激しく定住することはほとんどない流動的な人口であり、つまり単なる水増しに過ぎないという批判が出ている。だが、区当局にしてみればそんなのは負け犬の遠吠えであり、たとえ一時的なものであろうと人口は人口として計上されるため、まったく気にしていない。2009年に北橋健治が北九州市の市長に就任するや真っ先に八幡西区の掌握に着手し、社会の厳しさを知らない学生相手の商売(パチンコ学生ローン風俗、その他)から上げられる利益をピンハネすることに腐心しており、そのカネが色んなルートを経由して洗浄され、彼の政治資金としてその懐に入っているのは言うまでもない

周辺との確執[編集]

かくして市長の資金源となった八幡西区は税制・区画整備・その他もろもろについて過剰なまでの優遇政策の恩恵にあずかっていることに不満を覚えた他の6区(門司区小倉北区若松区八幡東区戸畑区小倉南区)が連名で抗議運動を展開、連携して八幡西区に対してあらゆる意味におけるボイコットを行ったことで、一時八幡西区のライフラインが麻痺するまでにダメージを受けたものの、市長もその反撃とばかりに予算配分を停止、その上で取引銀行に命じて区の資金口座を強制凍結させたことで、辛うじて6区の息の根を止めることに成功、かくして北九州チキンレース抗争は市長派の勝利に終わったのであった。

周辺環境[編集]

やたらと田舎な八幡西区は、こどもの館があまりにも有名で、黒崎に存在する。また、黒崎に古くからあった商店街は、大型複合商業施設やイオンの進出によって顧客を奪われて衰退の一途を辿っている。黒崎駅の2代ビル(通称ツインタワー)は、コムシティ井筒屋に分かれており、かつては黒崎の権力を象徴する建造物であったが、今や時代の波に呑まれかけている。

元々は山と川しかない田舎であり、まだまだ自然が豊かである、と視点をすり替えることによって観光誘致に成功している。陣原を越えたところに名所として名高い三菱マテリアルが存在しており、萩原町にある北橋健治の事務所を新たな観光名所として売り出そうにも、なかなかそっちまで観光客が回って行かないのが悩みの種となっている。

また、八幡西区の治安はかなり悪く、黒崎を中心とした同心円状で治安悪化が警告されている。特に、ドン・キホーテが進出した時に、治安悪化は顕著なものとなり、当局は警察官の配備を増強したものの、それをあざ笑うかのごとく犯罪は増加の一途をたどっているのが現状である。

出身著名人[編集]

八幡西区には学生が多いためか、強烈なローカル色をもった独自の流行がトレンドのさきがけとなることも多く、若者に自己顕示欲の強い気風を醸成することでも知られている[要出典]。そのため、名を上げて何かと目立ちたがる、いわゆる「のぼせ」が昂じてそのまま各界へと輩出されている。

高倉健(たかくら けん、昭和6(1931)年2月16日 - )
もはや紹介するまでもない日本の名優。「不器用ですから」で知られる彼は、その出身こそ中間市であるが、高校時代に鍛えられてその秘めたる素質を開花させ、俳優として成功した。不器用な人間でさえもこのクオリティを誇る八幡西区の象徴となった。
「本当は不器用だった筈なんですけどね……荒波にもまれて来ました。」
八幡西区 について、高倉健
孫正義(そん まさよし、昭和32(1957)年8月11日 - )
白い犬のお父さん中の人。元は在日韓国人であるが、八幡西区でたくましく育てられた経験をもとに事業を展開、養われた新進的な気風から坂本竜馬にあこがれ、自分も日本を洗濯してやろうと東奔西走、ついには事業家として成功を遂げる。
「八幡西区から北九州市を選択? そんなこまい事言わんと、ソフトバンクが世界を洗濯しちゃるきに!」
八幡西区 について、孫正義
重松亜紀(しげまつ あき、生年はヒ・ミ・ツ♪ - )
フリーアナウンサー。黒崎生まれの黒崎育ちという、まさに生粋の黒崎っ子であり、本人もその事を何より誇りとしている。その気質をいかんなく発揮し、報道するニュースよりも自分自身を売り込むことにかけては業界随一の図々しさを誇る。
「黒崎を愛することにかけて、私の右に出る者はいないわ! どんなニュースも、故郷にからめてお伝えします。」
八幡西区 について、重松亜紀
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]