児玉清

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「児玉清」の項目を執筆しています。

児玉 清(こだま きよし)とは日本のクイズ界を長年牽引してきたという有名な副業のタレントとしての一面のほかにそれほど有名ではないが実力はある本業の俳優の二つ以外にも職を持つかなり変わった人間である。

略歴[編集]

  • 1934年東京都北区に生まれる。
  • 1958年東宝映画第13期ニューフェイスに合格する。このころはまだ俳優専門だった。
  • 1958年映画『隠し砦の三悪人』で、芸能界デビュー。俳優としての全盛期である。
  • 1967年東宝を退社してフリーとなり、児玉清事務所を立ち上げる。実業家としての面が際立ち始めたのはこの頃からである
  • 1972年日本放送作家協会賞男性演技者賞を受賞。これを期に俳優としての彼はほとんど死滅する
  • 1975年「パネルクイズ アタック25」放送開始。この頃から俳優としてよりタレントとしてテレビに出ることが多くなる
  • 2011年胃癌により、東京都内の病院で死去。

職業[編集]

  • 俳優
本業であり、有名にもなったがタレントとしてのほうが有名である。かなりの仕事を請け負ってはいるのだがそれでもアタックしきれていなかったようだ。
  • タレント
彼の本分とも言える職業。彼の持ち味であるひょうきんさでこちらのほうが有名になる。
  • 書評家
彼は芸能界きっての読書家である。そのため書評なども出している。かなり売れた模様。
  • 切り絵家
彼の特技は切り絵である。そのためよく無償で切り絵をさせられることがあった。こちらはかなり地味だったせいであるのと趣味という点からあまり有名ではない。
  • 思想家
彼は保守派であった。それが何か?

これらのほかにもさまざまな仕事をこなしてきた。彼は天才だったのかもしれない。

パネルクイズ アタック25[編集]

Main12.jpg
Kodama magic.JPG

彼の代表作ともされる番組である。詳しくはここを見てもらいたいがここでは彼の働きぶりについて語る。 彼はこの番組で中核となっていた。晩年は監督すら凌ぎ、トップに上り詰めていたほどにである。また、クイズ番組には必要不可欠なクイズ作家の作った問題すら独断と偏見自らの力で変えるという豪腕振りである。しかし、彼は仲間内では嫌われていなかった。彼は独断と偏見で変えてはいるもののそれらがすべてすばらしいできであり、また権力を振りかざすということもしなかったためである。そんな彼の代表的な掛け声として上げられるのは「アタックチャーンス」であろう。この声は低音でハリがあり兄貴なら完全に食いたくなる声であった。そしてこの声は観客出演者スタッフ全員を魅了するいい声だった。

このほかにもさまざまな働きがあり、ここでは語りつくせない。ただ、彼がいなければこの番組が成立しなかったことは事実である。

紳士[編集]

この項目では彼の紳士ぶりについて語る。 彼はあまりに有名になりすぎたためにモノマネをされることが多くなった。その際に多く使われたのはやはり「アタックチャーンス!」である。しかし、それと同じほどに使われたのが「その通り」と言う正解をしたときの独特のほめ言葉であった。しかし、彼はこれを封印することにしたのだ。なぜ?それは彼が自分がモノマネをしていると思われると彼らに悪いからというとても同じ人とは思えないようなかっこいい理念によるものであった。このほかにもロケ先では必ず最後まで残り、メンバーの忘れ物が無いかどうか確認したり、転んでしまった人間に躊躇無く手を差し伸べたりとまるで聖人のような方であった。なのにどうして死んでしまったのサムエル・ワンジルさん!

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第23回執筆コンテストに出品されました。