光化学スモッグ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

光化学スモッグ(こうかがくすもっぐ)とは、一般的に工場自動車などからの排気ガスに含まれる有害な物質が太陽光によって化学反応を起こし、人体に有害な物質を生成、それらが気象状況によって一部地域に滞留することで霧状(スモッグ)になることを言う。

あわせて、2010年代における中国都市部における空気の総称である。

概要[編集]

人類史上において一般的な空気が有害になるような事例は、火山の噴火に伴う有毒ガスの発生を別にすれば、19世紀イギリスロンドンにおける煤煙によるスモッグがその端緒であるといえる。その後、20世紀においてアメリカで化学産業が発達、ナイロンプラスチックといった石油製品の誕生により、より多くの化学物質が大気中に放出されることになり、1945年のロサンゼルスで人類史上初めてとなる光化学スモッグが観測されることになる。

その後も、世界各地の工業地帯で人体に有害なスモッグが発生、日本でも1970年東京で初めて観測された後、各地で発生。首都東京で発生した公害として大きな社会問題となり、その後、地方で起こった公害病などに見向きもしなかった日本企業が一斉に環境に優しい技術を導入していくきっかけとなる。

発生条件[編集]

1970年代の日本における光化学スモッグの発生条件は、主ににおいてが少ない状態が長く続くことで、自動車や工場などから大気に放出された化学物質が一箇所において長期間紫外線などにさらされることで発生していた。しかし、2010年代になると、この条件は大きく変わることになり、主に九州地方においてなどに北西の風が吹き付けることで一般的な中国の空気が日本にもたらされ、その結果、光化学スモッグが発生するという事態におちいる。

これは、毎年中国から黄砂が飛来するのと同じ気象条件で、春の場合は黄砂がそれらの有害物質を吸収、もしくは反応を阻害するためスモッグ化は抑制されるのに対し、においては大陸の雪が黄砂の飛来を妨げるため、そのまま中国大陸の一般的な空気が日本に飛来、太陽光で変異するという状況になっている。あわせて、黄砂が吸収した有害物質はそのまま日本各地で雨として降り注ぐことが多く、一部の山間地では酸性雨被害が発生している場所も存在する。

けれども、中国政府が何も言わない以上、この状態は中国の一般的な空気が日本にもたらされているだけの話である。

症例[編集]

光化学スモッグは、簡単に言えば軽い毒ガスである。そのため、主にのどに被害を及ぼし、場合によってはそのまま体調不良を訴えて病院に入院するようなケースも多い。これは、花粉症とは違い皮膚への刺激も存在するためである。そのため、濃度の濃いスモッグについてはフィルターを通さないタバコ並みに危険度が高く、長期間の呼吸によっては最悪、ガンになる可能性すらある。

けれども、これが中国では政府の公式見解として普通の空気である。

中国の惨状[編集]

このように、一般的な空気がそのまま光化学スモッグと化す中国では、光化学スモッグの症例であるのどの痛みや目の痛みといった段階を大きく通りこしており、長期間吸い続ければ肺がんになる危険性の高い空気が工業地帯で蔓延。主に、沿岸部や都市部において大きな問題となっている。けれども、本当の問題は国民の命が危険にさらされている中で、中国共産党指導部が対策に乗り出さず声明も発表しないことである。そのため、この問題が解決するには相当な時間がかかる可能性が高い。もっとも、高度経済成長期の日本においても地方の公害はほとんど無視されたまま数十年にわたって被害が拡大し続けたというケースもあるため、歴史的に見れば特に問題はなく、どこの国でもよくある話である。そして、どこの国でも愛国心を奪うのは、こういった公害被害の拡大であり、あの大人しい日本人ですら1960年代には数多くのテロ活動を起こしたという実績がある。

そのため、首都北京を中心に、6億人が被害を受けている中国の国民がどういったレベルでよくある話に結びつくか予断を許さない状況になっている。けれども、こういった話は長い中国の歴史において大変によくある話である。ただ、本来であればイナゴ疫病洪水などの各種天候被害などは中国一国での話であるのに対し、光化学スモッグは珍しく諸外国に影響がある。そのため、いつの日かこの時代がシミュレーションゲーム化された場合、どういったイベントになるかが注目される。

関連項目[編集]