先送り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

先送り(さきおくり)とは本来すぐにやらなければならないことを後回しにして放置することができる呪文である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「先送り」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
先送りの実例

使用法[編集]

仕事、家事、夏休みの宿題など、誰でも「面倒くさい」「やりたくない」と思ってしまうことがこの世には多々あるが、この呪文の詠唱に成功するとやらなくてもよくなるような気になれる。

まさに夢のような呪文であるが、大抵の場合学校企業では使用が禁止されている。理由はみんなが先送りの呪文を唱えると放置される作業が膨大になり後に言及するしっぺ返しの威力がとんでもないことになるからである。なに、国会議員がみんな使ってる?禁則事項です

使用者[編集]

主に国会議員や官僚といった限られた一握りの人間のみ使用することを暗に許されている。この呪文を使用できることがいまや一部の特権と化しているのだ。また例外としてマスコミが使用することにより、議員や官僚の不始末を表沙汰にせず、帳消しにしてしまうこともできる。

使用例[編集]

それでは実際に私が先送りの呪文を詠唱してみることにする。

Nemurineko.jpg この節の執筆は初版執筆者の意向により先送りされました。
先送りして欲しくない方は自分で完成させてください。(Portal:スタブ)

使用後[編集]

使用後は放置した事を全く気にせずのびのび過ごすことができる。しかし、本当に必要なことに対してこの呪文を唱えた場合呪文の係りが浅くなる。そのためふとしたきっかけで呪文が解けてしまうことがあるのだ。

その場合この呪文を唱えることによって回避した数々の悪影響が呪文を唱えた当人に降りかかってくるため(これを使用者はしっぺ返しと呼ぶ)よほど精神力が強くない限り連発はお勧めできない。

関連項目[編集]