充電

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

充電(じゅうでん)とは、コンデンサやバッテリーにアダプタが電気を流し込むこと。主に携帯電話ウォークマンなどが週に一度ぐらいの間隔で行う性交渉である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「充電」の項目を執筆しています。

概要[編集]

近年の家電製品は、技術の高度化・複雑化により人工知能が搭載されるほどにまで発達した。この人工知能はやがて、人間の与り知らぬうちに自我を獲得するに至り、人間によるプログラムの変更などを必要とせずに自発的な演算や思考をするようになった。この過程の最終的な段階において、家電製品は擬似的な感情を芽生えさせ、家電間による愛情の交換まで可能としたのである。充電は、家電たちの愛情の具体的表現方法として確立した。

彼らによると、電池残量の増減と性欲は反比例する。つまり、電池残量が少なくなってくると繁殖期に入るということである。繁殖期に入った家電製品には、まずアダプタが奥まで挿入される。同時に、二股になったアダプタの反対側は、コンセントを二穴責めする。この結合が続く間、アダプタはバッテリーの中に大量の電気を放出する。アダプタが存分に欲望のたけを吐き出した頃にはバッテリーの方も絶頂を迎え、で合図を送る。このため、生物学的分類に従うならば、アダプタはオスでありバッテリーやコンデンサはメスということになる。

機種や電池残量の度合いにもよるが、この接合は数時間にも及ぶ場合がある。静かに、それでいて深く愛し合う彼らの繁殖行動は、人間にとっても見習うべきことが多い。

過充電[編集]

妊娠により膨張したバッテリー。

高度な知能を獲得したとはいえ、やはり家電製品には本来的に生殖器が存在しない。したがって、彼らには工場で生産される以外の繁殖方法はないものだと見なされてきた。しかし最近になって、あるいはそうでもないかもしれない可能性が浮上してきた。いわゆる過充電である。過充電とは、満充電状態になっても充電し続けることで、必要以上にたくさんの電気を注ぎ込んでバッテリーを妊娠させてしまう現象である。

しかし、家電メーカーは躍起になってこの過充電による妊娠現象を否定している。安くない予算を計上してまで隠蔽工作まがいの自主回収に努めているほどである。それもそのはずで、メーカーにとっては製品を製造販売してこそ利益が上げられるのであるから、家電だけで勝手に繁殖されては困るのである。また、それを利用して第三者が事業を始めるような事態が発生しては、商売あがったりになりかねない。家電メーカーが不良品を回収するのには、このような事情が隠されている。

メモリー効果[編集]

電池の容量を使い切らないまま継ぎ足し充電をしていると、バッテリーの性欲は減退する。このような充電を頻繁に繰り返してセックスレスになってしまうことを、メモリー効果と呼ぶ。これは、言わば家電における倦怠期であり、新鮮味のない単調な充電に飽きてマンネリズムに陥った状態であると言える。これを解消するための機能にフラッシュがある。ただし、フラッシュは人間に例えるなら強力な媚薬のようなものであり、多様しては電池の体がもたないので、そういうプレイが好きな家電以外には勧められない。

関連項目[編集]

この項目「充電」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)