優香

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「優香」の項目を執筆しています。

優香(ゆうか、本名:志村 優香(しむら ゆうか)、1980年6月27日 - )は日本のタレント。元グラビアアイドル。夫はコメディアンの志村けん

グラビアアイドルとして[編集]

1997年渋谷でスカウトされてデビュー。巨乳であれば即デビューのイエローキャブ全盛期に、大手芸能プロダクションのホリプロがグラビア界に進出させたため話題となった。優香の成功を受けて、大手が続々とグラビアアイドルを世に送り出した結果、胸がでかいだけで脳みそがないイエローキャブのアイドルたちは勢いを失っている。最近細川ふみえを見た人、手を挙げて!

1998年には新山千春深田恭子らとアイドルユニット「HIP」を結成。概してアイドルの少なかった時代であり、若くてある程度かわいい女性芸能人を適当に寄せ集めた感が強い。その後も堀越のり唐沢美帆ら多くの若手芸能人と組まされたりする。また元祖癒し系というコピーで売られたりしたが、癒しを業とする看護婦コスプレをする機会はむしろお笑いタレントになってからのほうが多い。

実はグラビアアイドルとして活躍していたのはほんの1,2年であるが、巨乳以外に魅力もないアイドルに飽き飽きしていた世の男たちにとって優香の存在は大きかった。今でもウェブ上には優香のビキニ姿の映像・画像が山とあることがそれを裏付けている。優香が身に着けていたビキニは無地でシンプルなデザインのものがほとんどである。当時は今のようにグラビアアイドルも多くなく、需要がなかったことから凝ったデザインのビキニが作られていなかったためである。しかしそのために胸や尻のラインがはっきりしたことから、食い入るように見入るコアなファンを獲得するに至った。いまだに「優香のおしりは国宝級」などとほざくキモヲタも存在する。

他のグラビアアイドルとの関係[編集]

優香のバストはF87と、グラビアアイドルの中では決して胸が大きいほうではない。イエローキャブ全盛期は最低でもGカップという空気があったが、優香はその不文律を打ち破った功績があり、その後はグラビアアイドルのカップの下限が下がっていくことになる。今ではBカップの浜田翔子がグラビアアイドルを名乗っているくらいだから時代である。

優香以後、個性的なグラビアが多数登場したが、その中でも彼女たちの先輩に当たる優香には貫禄がついてきている。優香よりも3歳年上のほしのあきのほうがどう見ても若々しい。

また優香は志村けんと玉の輿婚を果たしたことから、彼女に続くことを夢見るグラビアアイドルも多い。優香よりも少し若い安田美沙子ら多くのアイドルが島田紳助バキューン!!されているが、残念ながら結婚には至っていない。

志村けんの妻として[編集]

ぱっとしない制服を着て顔をしかめる優香。グラビアアイドルの面影はどこにもない。

志村けんと結婚後は、殿様と姫君、社長キャバ嬢など様々なシチュエーションでの妄想プレイを楽しむおしどり夫婦として知られる。その様子はそのままお茶の間に流れている(むろん18禁シーンはカットしてあるが)。

けんと優香は小さな運送会社を経営し、その片手間にテレビに出演していた。けんとときどき向かいの肥後ちゃんラーメンに食事に行ってはいつも夫婦仲良く人体実験のモルモットにされる。しかし2008年春に会社をたたみ、団子屋を営んでいたが、2010年春にまた店をたたみ、現在は志村軒というラーメン屋を経営している。テレビ番組上の演出だという意見も根強いが、けんの浮気がばれたときに起こる喧嘩のリアリティはどう見ても夫婦のそれである。しかし良妻である一方で31歳(2011年10月現在)にしては所帯染み過ぎているのが悔やまれるところである。運送会社の従業員であった夏川純はいまどきの若い女性らしく見えたが、3歳年上だとこうも違うのかと視聴者は感じたことであろう、2007年2月までは。だが優香と純は実は同い年だった。

こんにちでも関根勤は優香の大ファンを公言しているが、度が過ぎてオンエア中に「優香~!!!」と絶叫するなど目に余るものがある。このようなストーカーまがいの行動を続けていると、優香の夫であるけんに消されてしまわないか心配である。

関根ほどではないが、優香ファンを公言する者は多い。しかし「日本の喜劇王」の異名をとる志村けんの妻である。八割がたお世辞であると思われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]