優越感ゲーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

優越感ゲーム(ゆうえつかん -)とは、日本ネット廃人の間で最も人気のあるオンラインゲームである。「かんげーむ」となっているが、決して「(ハン)ゲーム」ではない。似たようなゲームはネチズンもやってるらしいが。また、アンサイクロペディアなので、ついエクストリームスポーツだと言いたくなるかも知れないが、そんな大層な代物でもない。

概要[編集]

現実社会から自らを遮断してネット漬けになっている廃人たちは、自分の地位が分かり難いため、いつしか自分は本来なら最高の地位にあるべきだと思い込む。 その結果、他人が自分より下にあることを何かにつけて確認したくなるものである。

優越感ゲームは、ネット上でそんな廃人たちがオンライン対局するゲームである。

ゲームの内容[編集]

ゲームサイト
オンラインゲームである以上、当然専用サイトが存在する。特に有名なのはレースクィーン社のサイトで、ここでは毎日数百万人単位での参加者がゲームに明け暮れているという。
競技方法
どんなジャンルでもよいから、自分に関わるものが競技相手が関わるものよりも優位であることを誇示して相手を泣かせれば勝ちという、言葉にすると非常に単純なゲームである。しかし、対戦相手の大半が何の取り柄もないひきこもりのためその道に全てを賭けているため、どんなに自分の関わるものが劣っていると言われてもそれを認めることはまずない。恐らく、そのジャンルに興味のない者にとっては、オタク同士の痴話喧嘩にしか見えないであろう。

分かり難い方は、自分が好きな食べ物と相手が好きな食べ物のどちらが優れているかを言い争うようなもの[1]と考えればよいだろう。

主な競技部門[編集]

興味のないものは「何でこんなものを争う!?」と思われるかも知れないが、競技者にとってはまさに真剣勝負そのものである。

血液型
「俺はA型だから、B型のお前より優れている」などと本気で宣う者もいるが、単に人口の多少に過ぎない。実際B型やAB型でもその発言者より優れている者は現実社会にはいくらでもいる。
居住地出身地
「俺は東京都に住んでいるから、神奈川県のお前より優れている」とこれまた本気で宣う者もいるが、仮に東京都でも足立区とかだったら、神奈川県でも横浜市の方が垢抜けているだけ良いと思う者も少なくないのだが。また、出身地についても、同様に優越感ゲームの部門となるが、これについては余り熱を上げ過ぎると洒落にならない事態になるので注意されたい。
アニメ漫画
作品に関する知識の多寡を争うならまだしも、どの登場人物を支持するかということでも立派にゲームが成立してしまう。
スポーツ
支持チームの違いで争いが起こるならまだしも、競技間でも優越感ゲームが成立してしまう。サカ豚だの焼き豚だのという蔑称は、いかに意味のない諍いをしているかの証ですらある。
鉄道バスなど交通機関
これらもアニメや漫画と非常によく似ているが、沿線に住んでいるかどうかさえ分からない者が特定の鉄道会社を支持したり貶したりすることで、他社より上位にたとうとする者も少なくない。また、都電標準軌だと言い張る程度で、鉄道ファンの鉄人を自称して他者を見下そうという者さえいる。
HTML
HTMLは所詮、ウェブページを作るための技術にすぎないのだが、これの良し悪しを争って優越感ゲームをやる者も少なくない。Another HTML-lintは、HTMLの出来の善し悪しを100点満点の点数制で評価するため、全然面白くないサイトしか作れない者が「俺は100点満点だから70点しか取れない○○より良いサイトを作ってる」と言って悦に入るが、大抵点数が低いと言っているサイトの方が人気があるものである。
ゲーム機
これは既に「ゲハ」と呼ばれる独立したゲームとなっているが、最早「ゲーム機はビデオゲームをするためのものである」という根本的なことさえ忘れて、支持するゲーム機メーカーでないゲーム機の支持者を必死になって蹴落とそうとしている。ゲーム機メーカーの社員でもない者が、自分の支持するメーカーが優越したって何の得にもならないのに。
接続元
優越感ゲームへの参加者は、自分たちの接続元さえもゲームの対象とすることが多い。旧パケットモンスター社のゲームサイトの場合、多くのゲームで参加者にIDと呼ばれる文字列が付与されていた。IDの末尾には、例えばPCから利用している無料会員には「0」、ガラケーから利用している無料会員には「O」、iPhoneから利用している無料会員には「i」、有料会員には「P」、有料サービスの無料お試し券使用者には「T」などと識別用の文字が与えられるゲームが多く、何でもかんでも自分が最上位でなければ気が済まないPCから接続している廃人達からは「末尾Pのくせに生意気だ」などと優越感ゲームにされてしまうのであった。お金払っているのに…
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

理由はわからないが、自分自身とは何の利害関係もないものあればあるほどゲームがヒートアップする傾向が強い。

脚注[編集]

  1. ^ 俗に呼ばれるきのこ・たけのこ戦争が開戦後30年以上経った今なお続いているのも、双方の支持者が自分が好きな方が相手よりも優れていると言い張っての優越感ゲームに変化した結果である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「優越感ゲーム」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました
この項目「優越感ゲーム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)