催眠術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

催眠術(さいみんじゅつ)は、大まかに分けて2つ存在し、相手をトランス状態に誘導する催眠と、相手を自在に操る必殺催眠術が存在する。

テレビを通じて、視線による催眠術を生中継で放送

催眠[編集]

前者の催眠は、対話や視覚的刺激により、理性を静める催眠誘導を行い、トランス状態へと導き、簡単な暗示をかけることが可能だが、大した命令は出来ず、カウンセリングなんかで使ったり、使わなかったり。地味で面白くない。

必殺催眠術[編集]

よくTVや物語で目撃するのはこちらであり、強力な精神力で相手の脳細胞を支配、対象人物を自在に操るため、超能力に分類される。強力な必殺催眠術士ともなると、TVでたまに見るように(なぜか)通訳越しに操作することすら可能である。
催眠術にかけられるとこんな目になる

基本的なかけ方[編集]

  1. 全身を纏う生命波動(オーラ)を感じとれるまで(できれば視覚できるくらいまで)精神を集中させる。
  2. 五円玉の振り子に相手の意識を注意させる。(これにより、相手は理性にスキができる)
  3. 自身のオーラで相手の肉体を包括する。
  4. One,Two,Jango!(ハナッ、トゥル、キムチ!でも可)の掛け声と共に、相手の前頭葉を強制的に支配する。(この際、オーラをケーブル、自身の脳をスーパーコンピューター、対象の脳がパソコンで、ハッキングを行うとイメージすると成功しやすい。)
  5. 前頭葉を完全に停止させることで、対象の理性を完全に奪う。
  6. あとは暗示を与えるだけで自在に操ることが可能である。
  7. 五十円玉の振り子を使うとなお効果的である。

暗示の応用例[編集]

必殺催眠術を用いれば、以下のような 通常の催眠術では到底不可能な暗示でも命令することが可能である。

  • さぁ、貴方はロックンローラーです!思う存分暴れてください!
  • 死ね!(自殺しろ!)
  • ××を殺害しろ!
  • 例えば、僕が日本人を皆殺しにしろと言ったら…

ゲームなどにおける催眠術[編集]

ゲームなどでの催眠術は、主にあいてを眠らせる効果である場合が多い。 代表的なものとして、ポケットモンスターにおけるスリープなどの…

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

著名な使い手[編集]

関連項目[編集]