偏諱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bad green Potato.png
この記事は腐っています! 鼻が曲がります!!!

しかし、腐っているのではなく醗酵していると主張なさるのであれば、あなたが熟成させてください。もしかしたらおいしくいただけるようになるかもしれません。

偏諱(へんき)とは、自分の名前の一文字を、極めて親しい関係の男性に与える行為。中世で横行した。

概要[編集]

これは中世における独特の儀式である。自分の名前の一文字を、親密な関係を構築した、主に立場が下の男性に与えることをいう。例えば、織田信長は、「信」の字を息子の信忠、信雄、信孝ら複数、甥の津田信澄近衛信尹、「長」の字を黒田長政浅井長政浅野長政菅屋長頼などに与えている。

何故自分の名前の一文字を与えるのか?それは、の深さをアピールする為である。どういう絆か?無論、穴と穴の絆である。

偏諱の「諱」は、「いみな」と呼び、本名に当たる。現代で言うならば、課長の山田太郎がいたとすれば、「太郎」が諱で「課長」が通称である。芸能人を例に喩えれば、緒形拳「緒形明伸」が諱で通称が「拳」である。石坂浩二「兵吉」が諱で通称が「浩二」である(ちなみに石坂浩二については、姓も「石坂」とは別に「武藤」というものがあるが、ここでは割愛する)。軽々しく本名で明伸・兵吉などと呼ぶ人間はいない。その名で呼ぶのはよほど親しい人に限られる。それは中世でも同様であった。

中世においても、本名は軽々しく呼んで良い名前ではない。軽々しく呼べば殺されてもおかしくない。石坂浩二を本名の略称で「へーちゃん」と呼ぶ人間がいるが、それは石坂浩二の親友か、あるいは石坂浩二より遥かに立場が上で無礼、不作法をいくらやらかしても許されるような傲岸不遜な人間、勝新太郎クラスの人物に限られる。例えば、茶人の山上宗二豊臣秀吉のことを「ヒデ公」と、諱を茶化した呼び名で呼んだため彼に処刑された。元禄赤穂事件が発生したのも、吉良上野介が、いつもの精神病発作を起こして癇癪をしていた浅野内匠頭を「長矩」と本名(諱)で呼び捨てにそれに内匠頭が逆切れしたことが原因ともっぱらの評判である。それほどの名前から、一文字をくれてやるというのである。穴と穴の結びつきがあるほどの絆がなければ、行われない崇高な儀式である。

昔の人間はいくつも名前を持っていた。例えば、山縣有朋であれば、「狂介」とかいうおかしな名前が通称で、この他にもいくつもの変名を持っており、諱が「有朋」であった。明治時代に戸籍制度が刷新されたことにより、山縣有朋に統一したが、それまでは人がいくつもの名前を持つことは当たり前であった。その中でも、諱はもっとも崇高で尊い名前とされた。

今日では、大相撲の世界の親方様が愛弟子に与えるしこ名が代表的偏諱である。親方が代々伝わる「伝統の一文字」を伝授していくところに、親方と力士たちの裸のぶつかり合いが生で展開していることをみてとることができる。

偏諱から分かるホモセックスの数[編集]

基本的に、親子関係であれば、親が名前の一文字を偏諱として子供に授けていることが多い。これは親子で近親相姦をしている証である。それに加えて与えた諱の数だけホモセックスしまくっているので性病感染率が高くなる。

例えば北条時宗は、弟の宗政、宗頼、平頼綱の長男平宗綱、次男飯沼資宗、安達泰盛の長男安達宗景、次男の安達盛宗、長井宗秀など、様々な人間に「宗」の字を与えているが、これだけの数の人間とホモセックスとしたということである。当然、性病感染率も飛躍的に上昇する。時宗は若くして死に、宗政や宗頼も早死にしたが、性病に感染した可能性が極めて高い。おそらく時宗はポジ種所有者であったと推察される。

また足利義晴足利義輝親子は全国の大名に「晴」「輝」「義」の字を偏諱として与えたことで知られているが、これは金欠の室町幕府を何とかするため、間接的なホモセックス、つまり自分の精子を高い金で地方の大名に売りつけた証である。田舎の馬鹿大名共は、没落将軍の精子を高い金出して有難がって購入していたのである。例えば毛利元就などは、将軍足利義輝から「輝」の文字と共に、義輝の精子(培養液に10000個入り)を高額で購入して、それを孫の毛利輝元に、「これでお前も名誉ある足利将軍家と血統のつながりが持てる、ありがたいことだと思え」などと言って、無理矢理飲ませたと手紙に書き残している。元就は、「これで我が毛利家も将軍家と名実共に結びついた(性的な意味で)」などと大喜びしていた。最早狂気の沙汰としか言いようがない。これが輝元にとってはトラウマとなり、情緒不安定になった輝元は関ヶ原の戦いでのどっちつかずの行動に繋がったりしている。また後年彼は同性愛を非常に忌み嫌い、弾圧していたキリスト教とも同性愛を攻撃するという目的の場合においては結託するほどであった。無理矢理義輝の精子を飲まされたことが原因であることは言うまでもない

また足利義昭も似たようなことをやろうとしたらしいが、義昭が性病に感染していることを察知した織田信長が、「全国にポジ種をばら撒かれてはかなわん」と義昭の行動を掣肘したため義昭の策謀は頓挫した。義昭はこれに激怒して信長と手切れをし、信長包囲網を構築した。その際、手を組んだ大名達に、自分の一文字と共に精子をくれてやろうと迫ったが、既に義昭がポジ種所持者であることは知れ渡っていたので、誰も受取ろうとはしなかった。自らの精子を拒絶された義昭は各々の大名達に不信感を抱き、連携が取れずに朝倉・浅井・武田と次々に滅ぼされて信長包囲網は崩壊した。

偏諱の法則[編集]

基本的に、与える側が与えた一文字が、与えられた側の名前の最初の一文字を構成する。一例として、「織田信→浅井政・浅野政・黒田政」、「足利義」→「毛利元」、「豊臣秀」→「大谷継」、「徳川家→榊原政」などである。ただし、これは絶対の法則ではない。「三好長→筒井順」例外も存在する。比較的、最初の一文字を偏諱として貰った名前で構成することが多い理由として、性行為によって屈服・支配させられたことの証であることを内外に示すことが理由とされている。

またホモセックスするほど親密な仲だから偏諱を得るとも限らない。例えば直江兼続井伊直政前田利家など、主君と同性愛関係にあったと言われているが、彼らの名前を見ても分かる通り主君から偏諱を賜った形跡は見られない。

さらには、当人が死んだあと、死人に口なしを良いことに勝手に偏諱を受ける事例も存在する。例えば池田輝政は足利義輝の「輝」の字を拝借しているが偏諱の為の儀式、つまり義輝の精子をアナルに突っ込む行為はしていない。そもそも輝政が元服した時既に義輝は死んでいたのである。だが、剣豪将軍である義輝に私淑していた輝政が、勝手に義輝の名前をパクったのである。これに対してあの世の義輝は「著作権侵害だ」と喚きたて、訴訟を起こしたが敗訴した。さらに後年、松平忠輝も、俺も剣豪将軍のようになりたいという希望から義輝の一文字を勝手にパクって忠輝という名乗りを名乗っている。

また山田長政は、尊敬していた織田信長から勝手に一字をパクって長政と名乗った。山田長政は最期毒殺されたが、信長の偏諱を勝手にパクったバチが当たったことは言うまでもない。また山田長政が信長の偏諱をパクって「長政」と名乗ったことで、浅井長政、浅野長政、黒田長政、山田長政と、ただでさえ戦国期に多い「長政」がますます増えてしまい、日本史を専攻する学生を困惑させてしまった。ちなみにこの四人は全員信長の「長」の字を偏諱として拝借している。その後、浅野家においては「長」の字は、歴代当主が名乗る「通字」となるのだが、キチガイで有名な浅野内匠頭(長矩)は、「俺の『長』の文字は浅野家の通字じゃなく、織田信長の一文字を拝借したもの」と豪語していた。つまり山田長政同様信長から勝手に偏諱をパクっていたということになる。つまり、山田長政と浅野長矩は、信長を尊敬しているのみならず、彼とホモセックスしたいと言う願望を抱いていたのだ。

偏諱の終焉[編集]

偏諱という儀式にも終焉が訪れた。明治時代になり、戸籍制度が刷新され、西洋からの価値観が導入され、「ホモは悪」という風潮が生まれた。同時にホモセックスを象徴する偏諱という儀式も全面的に禁止され、偏諱はその長い歴史に幕を下ろすこととなる。

しかし、偏諱は終焉を迎えてもホモセックスは健在であり、今日もドラゴン田中や岡山の変態糞親父によって男同士の同性愛は伝導され続けている。

関連項目[編集]