倭寇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
未完
この作品「倭寇」は、まだ完結していません。頭のカタイひとたちは内容がまとまってから書けとか言うでしょうが、ここはアンサイクロペディアです。足りない部分はで補い、完璧な記事に仕上げてください。

倭寇とは、室町時代に出没した日本人の海賊。独特の動きと食事スタイルで有名である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「倭寇」の項目を執筆しています。

発生[編集]

この時代、一部の民衆が次のようなことをきっかけに不満を持っていた。

  • 飢饉による食料不足。
  • 貿易によって日本にもたらされる珍しい食物が、武士などの特権階級に消費されてしまい農民にまで来ないこと。

この不満を解消するため、自ら海外へ行き食料と資金を調達しようという動きが生まれた。これが過激化したものが倭寇である。

海賊としての動き[編集]

倭寇は中国や朝鮮へ粗末な船で向かった。そこで家や畑を荒らし、ほぼ食糧のみを大量に略奪した。略奪した食糧のほとんどは日本に持ち帰って売り、その資金で、大名などから他地域の珍しい食物を買っていた。一方、次のようなものは自ら消費した。

特徴的な食事[編集]

倭寇の船内での食事は、日本から出発するときと日本へ帰還するときでは大きく違った。前者についてははっきりした記録が残っていないが、おそらく当時の一般的なものである。しかし、後者は当時にすればきわめて特異なものであった。たいてい次のような献立だったと言われている。

  • 粉にした小麦、卵、そぼろ状にしたパンを豚肉にまぶし、大量の油の中で加熱した料理(特に卵については、普通の日本人が食すようになったのは、江戸時代以降。豚肉は明治以降である)
  • あたたかい白米(当時は玄米が主流であった)
  • 細く切ったキャベツ(日本に伝来するのは幕末からである。おそらく西洋船から調達したものと思われる)
  • お湯に味噌を溶かし、野菜を入れたもの(当時の味噌は、大豆を加工した保存食で、つまんで食べるものであり、お湯に溶かすどころか、調味料として使われるのは稀であった)
  • 香辛料、野菜(主にトマト)、塩、砂糖を煮詰めたたれ(香辛料やトマトは当時の日本には伝来していない。キャベツや豚肉料理にかける)

このうちとくに、白米、キャベツ、味噌料理は豊富であり、いくらでも食べ放題だったと言われている。外国で珍しい食材を調達するのはともかくとして、それを洗練された料理メニューとして完成させ、常食したのは、驚異という他ない。

一般的な歴史の教科書類との相違[編集]

現在、ほとんどの歴史の教科書に倭寇は登場する。しかし、たいていの場合、倭寇はただ「海賊」と記されているだけあり、このような食事等に関する記述は全くない。これは、文部科学省が教科書を検定する際、この記述によって下に述べる「現在の倭寇」に影響を与えてしまうと判断したためである。したがって、文科省非検定教科書の一部にはこの記述がみられる。

その後の倭寇[編集]

江戸時代になり日本が豊かになるとともに鎖国が始まると、倭寇は次第にその活動を弱めて行った。しかし、現在倭寇は株式会社として、上のような食事を再現し提供する飲食店となった。この会社は決して昔の倭寇を血がつながっているわけではなく、単に倭寇を偲んで作られたものである。ただし、名称は次のように変更された。

  • 「倭」⇒より現代に一般的な字である「和」
  • 「寇」⇒現代では元寇が中学校で教えられているため、「寇」は悪いイメージの字となっている。そのため、同じ読みである「幸」

このように、現在は倭寇は形と名称を変えて続いているのである。

未来の倭寇[編集]

将来、倭寇がどのようになるかについては諸説ある。中には再び日本の情勢が乱れれば、また海賊としての活動を再開するのではないかとの見方もある。

関連項目[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「倭寇」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)