割引シール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
値引きシールから転送)
移動先: 案内検索

割引シール(わりびきしーる)とは、主にスーパーマーケットなどにて主婦の味方となるシールである。このシールが商品に貼られると、シールに応じた割引が行われ、消費者の目を引き付ける効果をもたらす。

商品の割引[編集]

閉店時間が近くなっていくと、生ものや惣菜などの賞味期限の近いものは売り切れてしまう。そのため、基本的に閉店時間が近い夜にはメリットが少なく、なるべく開店直後に行ったほうがいいように感じることもある。しかし、その概念は割引シールには当てはまらなかった。閉店時間が近づくと、店側はなんとしてでも売ろうとするため、割引シールが貼られ、安く買うことができる。ここでの割引は○○%割引や、50円割引などのシールであり、それに応じた価格の割引が行われる。すると、できるだけ安いものを求めようとする主婦などにとっては大きなメリットとなるのである。

また、割引されているのに誰にも買われないと、さらなる割引が行われることもある。大抵はその割引により買われてしまうが、さらに買われないとどんどん割引額は上がり、最終的には99%まで割引が行われると考えられる。

割引される主な商品[編集]

基本的には、生ものや賞味期限の短い食品が割引されやすい。反対に、その特徴に当てはまらないものは割引がされにくい。

寿司や刺身は、割引の絶好なチャンスである。これらは生ものであり、かつ鮮度が重視される食べ物のため、早く売らなければならない。そのため、割引のシールが貼られることが多く、夜にはこの売り場は大きくにぎわう。その中に入ることができれば、購入は容易であろう。
  • 惣菜
惣菜も早く売らなければならない。唐揚げを例とすると消費者にとっては、時間が経ってしなびた唐揚げなどよりもカリッとした唐揚げが食べたいはずだからである。食感が変わってしまった唐揚げを、再び消費者の目に止まらせるには割引シールが効果的である。
  • 調理されたもの
調理されたスパゲッティ焼きそばおにぎり弁当なども割引の対象である。これらは特に主食が多く、一人で何個も食べることは困難なため、特にたくさんの人に購入してもらう必要がある。また、賞味期限も短く、商品として販売された日に全て売らなければならないのである。その際に割引のシールは買う意欲を増やすものとして貼られやすい。

割引シールの内容[編集]

  • -1000円引き
誰にも買ってほしくない商品につけるシールである。このシールが貼られていたら、その商品は店長のお気に入りで誰にも買ってほしくないものなのかもしれない。誰にも買ってほしくないものということで、これらの割引シールの中では一番良いものと考えられる。そのため、購入することをお勧めする。
  • 50円引き
100円ほどの商品に貼り付けると、人を引き付けるシールである。もやしうまい棒などに貼り付けてあったら大人買いしてしまおう。
  • 0%割引
割引の名前はついているが、残念ながらシールの無駄である。何がしたいのかよくわからない割引内容だが、見なかったことにして買い物を続けよう。
10%割引や50%割引が破られてできている可能性もあるが、結局のところ何のシールだったのかが分からないため、これを購入するメリットは薄い。
  • 1%割引
割引はされているが、割引率が低すぎるため必要性がとてつもなく低い。これも0%割引と同じく、見なかったことにして買い物を続けよう。
  • 5%割引
微妙なシールである。割引なのは確実だが、いまいち実感できない。まだ放置しても問題は無いと考えられる。
  • 10%割引
安くなってきたと感じられるシールである。10円のうまい棒がこのシールを貼られると、1円もの割引が行われる。この割引率でもあまり購入されることは無いが、どうしても欲しい場合は購入してしまっても良い。
  • 20%割引
これは安い。10円のうまい棒が2円も割引されるほどである。このシールが貼られている商品は、購入することを推奨する。だいたいこれくらいの割引が行われると商品が周りに買われてしまいやすい。
これはものすごく安い。10円のうまい棒は5円へと値下がりする。このシールが貼られた状態で商品が置いてあることは相当珍しく、買うか迷っているうちに周りから手が伸びてしまうことも考えられるため、すぐに買っておこう。
  • 99%割引
これは幻のシールであり、まだ確認されていない。仮にあったとすれば、100円の紙パックジュースは1円で購入ができる。とんでもない割引だが、残念ながら行われる確率は限りなく低い。なぜなら、この状態になるまで割引が続く可能性が低すぎるからである。
考えられる方法としては以下の通りである。
商品が店員にしか気づかれなかった
隠れていたり、誰かが手に取ってそのまま戻された商品は消費者から見つかりにくい。そうして見つからなかった商品が偶然店員の目に留まった場合、99%割引のシールが貼られる可能性がある。
誰も買わないような商品だった
「デスソース味のスパゲッティ」「農薬を味わうキャベツ」などの誰も買わないような商品はもちろん売れ残る。店員がいつまでも売れないと気づいた場合、どんどん割引されて最終的には99%割引まで割引されると考えられる。
客がシールを自ら貼っていた
客がシールを貼ってしまうという方法である。商品を手に取りながらさりげなくシールを貼ると、99%割引はできてしまう。しかし、もちろんこの行為は犯罪であるため、厳しいお叱りが待っている。おまけに99%割引を導入している店舗はすごく少ないため、気づかれやすい。百害あって一利なしな方法である。
店員の手書きシール
店員にもストレスの溜まっているときもある。その際、仕事だということを忘れてしまい、むしゃくしゃして割引シールに「99%割引」と記入する可能性がわずかにありえる。そうなれば、結果として99%の割引が実現する。
存在しない。商品にこのシールがつく前に廃棄されたり、店員たちの胃袋に入ってしまっている可能性が限りなく高いからである。仮にこのシールを見つけたとすれば、それは100円割引の見間違いである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「割引シール」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。


この項目「割引シール」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)