倒置法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

文を入れ替えることで強調する表現技法である、倒置法(とうちほう)とは。なおロシア的倒置法とは違うのだ、これは。

Wikipedia
倒置」の項目を執筆しています、ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが。

概要[編集]

つなげることは小学校で習う、主語と述語の順に。しかしルールを無視することで強調できるのである、倒置法は。人間社会でも証明している、これに類似することを、不良や政治家が。ロシア的倒置法があるがロシア的倒置法と倒置法はかなり異なっており混同することがあってはならない、似たものに。明確なルールはない、倒置法自体に。ただし、後ろに来ることがあってはならない、述語が。また、入れ替えた結果変わるという本末転倒なことがあってもいけない、意味が。どこから切り取ろうと何を切り取ろうと自由である、それら以外は。ただし、読み解く際はどこに入れるかが分からないと前述した変わるということになってしまう可能性もある、意味が。またこのほかにも弱点がある、読みにくいとか面倒とか。

ロシア的倒置法[編集]

ロシア的倒置法との相違点について述べる、この項では。

  • 書き出し
書き出しは「ソビエトロシアでは」で決まっている、ロシア的倒置法では。対して特に書き出しは決まっていない、倒置法では。
  • 文末
ロシア的倒置法では文末は決まっている、動詞で。対して倒置法では持ってくることになっている、述語以外のものを。これが一番の違いである、倒置法とロシア的倒置法の。
  • 文の流れ
基本人間の受身である、ロシア的倒置法は。しかし順番を入れ替えるだけである、倒置法は。
  • 強調度
!マークが必ず付くことやソビエトロシアではといういきなりの宣言などによりかなり強い、ロシア的法は。対して入れ替えるだけなのでどうしても見劣りしてしまう、倒置法は。

しかしいくつか見受けられる、類似点も。(例)混乱性(どちらの文もわからない、少し見ただけでは。そのためたびたび使われる、暗号として)

効果と問題点[編集]

  • される、強調
最たる効果である、倒置法の。しかし前述の通り遠く及ばない、ロシア的倒置法には。
  • なる、難解に
とても効果的である、馬鹿に対して。しかし向けて言うと「何言ってんだこいつ」と呆れられる、一般人に。
  • できる、後付け
忘れてもそれに気づかれずつけることができる、主語等を。ただしなるためお勧めできない、ややこしいことに。

識者コメント[編集]

「けしからん! いたずらばかりしおって、倒置法の奴は。」
倒置法 について、磯野波平
「諸君 私は好きだ、戦争が。
諸君 私は大好きだ、戦争が。
諸君私は 大好きだ、 戦争が。」
倒置法 について、少佐
「他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然、死に値する、倒置法は。
従って、腹を切って死ぬべきである 、倒置法は。
また、ただ死んで終わるものではない、倒置法は。
彼は無責任な悪人であり、地獄の火の中に投げ込むものである、唯一神又吉イヱスによって。」
倒置法 について、又吉イヱス
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ、倒置法は。」
倒置法 について、塩爺
「見せてあげよう。ラピュタの雷を。」
倒置法 について、ムスカ
「使いたまえ、皆もこの素晴らしい語法を」
倒置法 について、ダミアン

関連項目[編集]

執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です、この項目「倒置法」は。協力者を求めています、より愉快にしてくださる。さぁ、恥ずかしがらずに書き込んでみよう、これを見ているあなたも! (Portal:スタブ)
ユーモアが不足しています、この記事には。十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です、治療には。
十分気をつけましょう、ユーモアの摂取方法にも。