個人投資家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

個人投資家(こじんとうしか)とは、資格試験「個人投資家試験」に合格すると貰える資格。でも履歴書には書けない。

概要[編集]

この資格を取得すると株式市場などにいくらでも自らの財産を寄付することができる。この資格を取得する者は近年増加傾向にあるが、その一方で樹海へ旅立つ者や中央線に飛び込んでしまう者も少なくはない。

ちなみに、この資格試験は仕手筋やその背後にいる検閲により削除によって仕組まれた。

試験内容[編集]

各試験の難易度により1級から3級まで存在。いずれの場合でも一次試験は筆記、二次試験は実技で構成されている。

3級個人投資家試験[編集]

最も基礎的な内容。受験資格は特に問われず小学生からおばちゃんまで広く受験されているが、実技試験時に1株以上買わ(売ら)なければならないので、ある程度の資金を持っていることが前提となる。(とはいえ、例えば中外鉱業株式会社の株ならば一株40円ほどの株価で、一単元は100株。つまり4000円もあれば株主になれる。子供のお小遣い程度の資金力でも株主様である)受験料は2,000円。

  • 筆記試験
50問が出題される。解答はマーク式で、合格ラインは75%。
  • 実技試験
1時間の間にどれほど多くの損を出せるかがポイントとなる。終了時に収支がマイナスとなっていれば合格。資金は30万円までに制限されている。この資金は当然自己負担である。
  • 特典
個人投資家と名乗ることができ、かつ株式市場などに財産を寄付することができる。

2級個人投資家試験[編集]

2級試験は3級試験に合格しなければ受験することができない。が、3級で十分個人投資家として活躍できるため取得する意味はない。

  • 筆記試験
3級と同じく50問が出題されるが、難易度は高め。やはり解答はマーク式。合格ラインは85%に上昇。
  • 実技試験
受験者には1週間の時間が与えられ、その期間中に暴落する株を予想する。予想した株が見事に暴落したら合格となる。数少ない2級受験者は大抵ここで落とされる。なお、暴落の基準はストップ安3回分の値下がりとなっている。これもやっぱり自己負担。
  • 特典
特にない。

1級個人投資家試験[編集]

1級を受験した者は過去に1人しか存在しないと言われ、多くが謎に包まれている。一応、2級合格者でなければ受験はできないらしい。

機関投資家との関係[編集]

機関投資家(大人)たちにとっては個人投資家は不可欠である。なぜなら、多くの資金を供給してくれるからである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「個人投資家」の項目を執筆しています。
Syazai kaikenp.jpg この項目「個人投資家」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)