個人情報

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Nuvola apps important yellow.svg 警告
このページを見た履歴が、第三者に知られる恐れがあります。
一刻も早く閲覧を中止してください。

個人情報 (こじんじょうほう)とは、保護しなければならない、自分だけの大切なものである。この説明でアーン♥♥や、あらあらを想像してしまった人は、あっちいってください。

概要[編集]

近年では、個人情報の取り扱いが、非常に問題となっている。 個人情報が悪い人に知られてしまうと、オークションサイト・ネットショッピングの不正利用で請求書のみ自分のところに回ってきたり、迷惑メールの増加により思索の時間が減ってしまったり、さらなる個人情報の蔓延が起きたり、口座からの現金引き出しにより貯金ゼロどころか借金まで作られてしまったり、替え玉受験で日本の学力全体が低下したり、不正パスポートの作成によりテロの加害者になってしまったり、日本の借金が増えたり、貧しい子供たちに支援がいかなくなったり、世界大恐慌が起こったり、戦争が各地で起こるようになったり、人類が滅亡したり……と、いろいろな悪いことが起こってしまう。 このようなことを防ぐために、個人情報の保護というのは大変重要なのである。

個人情報保護の方法[編集]

アンチウイルスソフトを導入する。
最近は正規のサイトをハッキングして閲覧者のパソコンに強制的にウイルスをインストールする手口が流行している。アンチウイルスソフトがあれば、侵入しようとするウイルスをかなりの高確率でブロックすることが出来るのだ。間違ってもウイルスソフトは入れないように。また、情弱はアンチウイルスソフトの選択を誤っている事が多いので、動作がおかしくなって、「PCが重くなっていませんか」と謳い文句にしているウィルスソフトを入れてしまうケースも多い。入り口は日本語対応しているけど、解約で英語しか出来ないと言う半ば詐欺行為も多く、英語がどの程度理解力で海外も含めた「有料ソフト」の対価を知っておくべきである。ただ、完全日本語対応のアンチウィルスソフトは情弱向け蛇足機能・ボッタクリも多いのでお察し下さい。動作がおかしくなったら、OS設定・ソフトの特性での乗り換え・ハードパーツの入れ替えとかをすれば10年PCを持たせられる強者もいるほどに良いのだが、システムドライブ依存の情弱にはそれが出来ないので誰も気にしない要は管理をこまめにすることが肝心と言える。
有害サイトの使用を避ける。
有害サイトに会員登録なんてもってのほか。回覧するだけでも、パソコンがウイルスに感染して、個人情報をバラマキ続ける恐れもある。「アーン♥♥サイトを見ないと死んでしまう」「覚せ検閲により削除がないと生きていけねーよ」なんて贅沢なことはいってられないのである。
会員登録はむやみにしない。
たとえ有害サイトでは無いにしても、会員登録は厳禁。なぜなら、会員登録したサイトの管理人恋人にフられたりしてしまうと、自暴自棄になった管理人が、個人情報をバラマかないとも限らないからである。個人情報保護の世界に「信用」という言葉など存在しないのだ。
表札に名前を書かない。
あなたの地区では、「地区マップ」という名の「個人情報ドッサリマップ」が配られたりしないだろうか。このマップは、地区にあるすべての家の所有者名が書かれているという、大変危険なマップである。このマップと、尾行等を組み合わせることで、容易にパスポートぐらいは複製できてしまうだろう。何とも恐ろしい。このマップはどのように作られているかというと、表札等の記名を参考に作っている(多くの場合無許可)ようだ。つまり、表札に名前を書くのは、自殺に相当することなのである。
ブログtwitterに個人情報を書かない。
あなたの本名や、勤務先・通学先、およびそこで何をやっているかなどを誰もが見れるブログtwitterに書く事も当然厳禁。あなた自身の情報ではなく、知人に関する情報であっても同様だ。普段は誰も気にしない情報であるが、万が一あなたか知人の勤務先・通学先で不祥事が発生した場合、あなたが以前ブログやtwitterに何気なく書いた一言があっという間に燃料と化す。そして1ヵ月後にはあなたの交友関係・職歴・家族構成・性癖などが合法的に全世界に暴露され、少なくとも1回はあなたの勤務先/通学先、もしくは自宅近辺がスネークされる事になる。そうなったら最後、最早あなたは生きていけないだろう。
学校での注意
学校とは、多くの個人情報が氾濫している、悪い人にとってはオアシス、多くの善人にとっては恐怖の場所なのだ。アマテラスの時代から善人ほど「引きこもり」になるのは当然である。
まず、「連絡帳」と呼ばれる個人情報が詰まった冊子を、信用なんてできたものではない上級生に渡す行為が多々見られる。しかしこれは絶対にしてはいけない危険な行為である。第一、その上級生が連絡帳を落としてしまった場合、あなたは1日何万通にも及ぶメールに頭を抱えること間違いないだろう。第二に、その上級生が悪い人である場合も考えられる。本当に恐ろしい。
また、名前の書いた物を多々使用する所も危険である。万が一、名前を書いたハサミなんかを紛失したときには、死を覚悟した方がいい。
人間関係
近所の皆さんに自己紹介などという過ちを犯してしまった者は居ないだろうか。その個人情報がどのくらい広がってしまうのか、計算してみよう。
仮定:10人に個人情報をバラマき、その10人がさらに10人ずつあなたの個人情報をバラマき、その10人が…という風に広がる。1つ広がっていくのに1日かかる。
1日目 : 10人
2日目 : 100人
3日目 : 1000人
~~~
7日目 : 10000000(千万)人
8日目 : 100000000(一億)人
9日目 : 1000000000(十億)人
10日目: 7000000000(七十億)人
となり、10日で全世界の人々にあなたの個人情報が知れ渡ることになる。今更後悔しても、もう遅いのだ。そう、ネズミ講方式なのだ。
アンサイクロペディアの編集
ここ、アンサイクロペディアを編集しているあなたも、個人情報が漏洩している恐れがある。あなたはIPアドレスというものをご存じだろうか。このIPアドレスが知られてしまうと、あなたの住所、あなたの名前、あなたの顔写真、あなたの口座番号、それのパスワード、あなたがHDDに保存しているエロ画像も取得されてしまう。「アンサイ楽しいなウヒヒ」と笑ってる間に、ほら筆者のパソコンにも迷惑メールがドサドサドサ…
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

結局どうすればいいのか[編集]

このような、個人情報漏洩が致命傷となる世の中では、人間としての生活をあきらめ、自己の個人情報の保護にすべてを捧げるしかないのである。残念でした。もはや、行政が個人情報に依存する死亡番号が発行され、キムチ化しているのだから完全に逃げるには人間をやめるしか方法がない。嗚呼、切腹が公認されていた時代に以下略

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「個人情報」は何故か「プライバシー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。