倉敷市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「倉敷市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「倉敷市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「倉敷市」の項目を執筆しています。

倉敷市(くらしきし、Kurashiki-Sity)とは、より有名でない中国にある岡山県の複合都市である。

概要[編集]

古くから瀬戸内海地域における商業都市として発展した倉敷市は、ズラッと立ち並んでいる倉庫(倉が敷かれているようだ → 倉敷市の命名由来)の見事な景観から「倉敷美観地区」として知られているが、それは近隣からみた「青く見えるお隣さんの芝生効果」によるものであり、実際そこに在住・在勤している人からすれば「無個性な建造物がひたすらごちゃごちゃしていて、却って汚らしい」と思っていることについて発言するのはタブーとされており、かつて倉敷市長に就任した検閲により削除(不都合な事実を消去)氏が「倉敷都市整備計画」を市議会において提唱したところ、たちまち政権の座を追われることになってしまったのは言うまでもない

しかし、そんな土地でも住めば都、まぁまぁ狭くない広さを誇る土地面積の中でひしめくように住宅地や観光地、工業地帯に娯楽施設が充実しており、住み心地としては決して悪くないというのがプロ市民たちの声である。が、いかんせん同じ市内であっても地域によってその密度差が極端であり、比較的開発されている地域を少し離れると一面に広がる果樹園や田畑のあれ具合がその現実を物語っており、この辺りはさいたま新都心駅と似通った事情と問題が存在している。人口は50万人ほどであり、そのほとんどが市街地区に集中しており、残った人々の報われない労働によって辛うじて支えられる食料供給にまつわる問題についてはなかったこととされている。

岡山市との確執[編集]

当局の検閲により削除されました

市の花・鳥・木[編集]

まず、倉敷市の花はフジ(藤)であり、これは倉敷市が不二の(二つとない、極上の)地であることを主張するためであるが、その実態は隣接する岡山市にしなだれかかって(全面的に依存して)いる市の運営状況を風刺している、とも言われている。次に倉敷市の鳥はカワセミ(翡翠)であるが、これは瑠璃色に輝く未来への希望、鋭敏なる機転を活かした躍進的飛翔を意味しているとされているが、その実態はやはり隣接する岡山市にちょっかいを出して(=突っついて)は気を引いて、いろいろな意味で有形無形の援助を受けるためのヒットエンドランに過ぎず、小ずるいその手口を、市民は見抜いてしまっている。そして倉敷市の木であるクスノキであるが、これは岡山県を支えている忠義の自治体、すなわち大楠公(だいなんこう、楠正成のこと)を気取っているためとされている。が、その実態についてはもはや言うまでもなく「クスッ、の木」すなわち「蔑視と冷笑の対象」でしかないという現実を、図らずも象徴してしまっているのであった。

観光名所[編集]

そんな倉敷市ではあるが、観光資源に恵まれている岡山県有数の都市でもあり、近隣地域からそれなりに観光客の誘致に成功しているものの、いまいちパッとしないものばかりであり、大阪市神戸市あるいは広島市のようなインパクトが欲しいところであるが、岡山市などは論外である。

倉敷美観地区
何かと有名……というよりはこの倉敷市のイメージに関するほとんどを占める地域であり、いわゆる倉庫街。環境整備を怠るとすぐに薄汚くなってしまい、刑事ドラマなどの立ち回りシーンに使われてしまう。
大原美術館
日本初の西洋式美術館であり、エロ・グロ子の“虐待告知”というトリック・アートがほぼ唯一の売りとなっている。
瀬戸大橋
実に大きくて誠に立派な橋なのだが、みんなここを通過して香川県讃岐うどんを食べに行ってしまうのが悩みの種である。
倉敷マスカットスタジアム
オナニーを公開するために建造された、世界最大のストリップ劇場……というのは夜の顔だが、昼間は何に使っているのだろう。
水島コンビナート
山陽地方随一の工業地帯なのだが、環境テロ事業仕分けのせいですっかり寂れてしまった。が、仕事なんかなくってもみんな元気に働いている。

出身著名人[編集]

倉敷市は山陽地方に特有の楽天的な性格の人が多く、自己主張も苦手じゃないため、どんどん芸能界にタレントや芸能人を排出する傾向にある[不要出典]ものの、いかんせん粗製乱造のきらいがあり、誰も彼もそろって中途半端なイメージしかなく、みんなそれなりに個性的であるがゆえに却ってその特色がくすんでしまいがちであるが、そんな事は誰も気にしないため、みんな気楽に活躍している。いいじゃないの、幸せならさぁ。

  • MEGUMI - 山陰生まれ倉敷育ち。東京進出後も岡山弁を駆使するグラビアアイドルではなく、お笑いタレントとして扱われている。
  • 藤木直人 - 出生地が倉敷の俳優ぽい職業の者。特に深い縁は持っていないように見える。
  • 星野仙一 - 元プロ野球選手・監督。在日。彼のお陰で倉敷人は北京事件を責めることができずにいる。
  • 高橋大輔 - 滑るフィギュア。山陽育ちのお調子者でもある。
  • 荒木絵里香 - バレーボールの苦手なポンコツロボット。いつもグワグワ言いながら前進姿勢を崩さない。

大倉敷連合都市への野望[編集]

岡山市とは合併せずに近くのところと合併をして目指す。なぜなら、岡山市とは百万都市構想いらいの確執があり、岡山県において両市の合併はタブーとされ、合併を画策した岡山県とも未だに臨戦状態にあるからでる。そして、大工業地帯からの税収がらみで利権が一致した児島・玉島との連合都市国家が成立、財政的に岡山市より裕福な立場になった倉敷市にとって岡山市との合併はなんらメリットがないものとなった。

その後も、倉敷市は周辺の小国を吸収することで規模を拡大してきた。平成の大合併においては、本来、総社市と合併するはずだった吉備真備国の国王を豊富な資金で買収し、合併のあかつきにはハコモノをあたえる密約をし、吸収合併を成し遂げた。

いわゆる浜松市方式(県庁所在地の人口を越した政令指定都市で、一番有名な浜松市が例になっている。しかし実際は県庁所在地の福岡市よりも9年も前に、1963年に政令指定都市となった北九州市が先)に近い。しかし、むやみに規模を拡大し政令都市となった岡山市をみると、それほど変化があったようではない。むしろ、デメリットが多いように見受けられる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]


この項目「倉敷市」は、執筆者がねむの木学園の職員をたらしこんだバカである可能性もありますが、今はまだペーパーカンパニーをもてあそぶ半人前のチンピラです。障害関係利権を骨の髄までしゃぶりつくす知能犯罪者にして下さい。そしてはようくそまみれになろうぜ。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずにああ^~! (Portal:スタブ)