倉吉市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「倉吉市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「倉吉市」の項目を執筆しています。

倉吉市(くらよしし)は、鳥取県中部に位置する都市である。

鳥取県の三大都市の一つで、山陰地方でも十指に数えられる。米子市民のいうところの「田舎っぺ市町村」の一つでもある。

概要[編集]

鳥取県の中部、東伯耆の中心地である。鳥取県に四つしかない市のうち、もっとも地味で影が薄いといわれていたが、打吹玉川の白壁土蔵群に代表される落ち着いた古い街並みや、由緒正しいが数多く現存しており、近年それらが評価され、(糞的な意味で)観光都市として発展した。

Stop crap2.png
トイレ記事に注意!!

この記事はトイレです。筆者自身がそれを掃除します。

トイレのまち[編集]

市の標語は「食べてよし、出してよし、くらよし」であり、健康的な生活をおくるためには快食快便が欠かせないという考えから、快適な公衆トイレの整備を推し進めている。市民の日課はトイレ掃除であり、トイレの大切さを社会に訴えかけている。

そのため、トイレ巡礼者やスカトロ愛好家の間では、一目置かれる存在となっている。倉吉が「トイレのまち」を名乗るようになったのは、鳥取市付近にて発生した鳥取地震の教訓から、震災時の避難場所としてトイレが推奨されたことによるといわれている。

地理[編集]

鳥取市米子市のほぼ中間にあり、東の大砂漠から吹いてくる乾いた風と、西の黄泉比良坂から漂ってくる湿った妖気がほどよく混ざり合うため、の生育に適した環境である。今のところ、日本海には面していないが、市街地近郊に大きな池があり、そのほとりにハワイ温泉がある。海に進出するため、近いうちにハワイを併合するのではないかといわれている。

地名の由来[編集]

倉吉旧市街のすぐ南には、倉吉の象徴である打吹山がそびえる。打吹山には、次のような昔話が伝わっている。

天女が地上に舞い降りて、池で水を浴びていたところ、その光景を覗いていた農夫によって羽衣を隠されてしまう。天に帰れなくなった天女は、嫌々ながらも仕方なく農夫と結婚し、やがて二人の娘を授かる。姉の名はお倉、妹の名はお吉といった。

ある日、天女は、お倉とお吉に羽衣の隠し場所を尋ねた。二人はその場所を知っていたが、父から「誰にも言うな」と言われていた。天女は「ちょっと見るだけだから」と言って、娘から羽衣の隠し場所を聞き出した。山の頂上で羽衣をみつけた天女は、娘をおいて天界に帰ってしまった。お倉とお吉は、母を呼び戻すため、山頂で太鼓を打ち笛を吹きならし続けた。いつしかこの山は「打吹山」と呼ばれるようになったという。

なお、天女はとんでもないものを忘れていった。農夫は天女に捨てられた悲しみのあまり、それを口いっぱいにほおばり、その美味しさに涙したという。

歴史[編集]

倉吉は古代の伯耆国庁所在地である。国府の位置が東に偏りすぎているのは、後に伯耆国の東部を因幡国として分けたためである。因伯両国がかつての「大伯耆国」であり、倉吉は両国の中心地として栄えたのである。

里見忠義が、安房国から倉吉に流されており、その八人の家臣は「八賢士」と呼ばれ、南総里見八犬伝の八犬士のモデルになったといわれているが、信じるか信じないかはあなた次第だ。

エグ芋の由来[編集]

「エグ芋」という、梨の害虫駆除剤に使われる不思議ながある。エグ芋について、次のような昔話が伝わっている。

老婆が川で芋を洗っていたところ、旅の修行僧が「芋を恵んでくれないか」と頼んだが、老婆は「この芋は口が歪むほどえぐいから、食べ慣れない人には無理だね」とくさい芝居を演じて、修行僧を追い返した。老婆がその芋を食べようすると、どの芋もえぐい味がして、とても食べられる代物ではなくなっていたという。このように、悪意のある嘘は、災いのもとになることを物語っているといえる。

経済[編集]

倉吉の経済は、西瓜スイカ)、メロンなどの果物や、長芋、農機具などによって支えられている。この世に存在しない幻の果実とされていた梨が、浜辺のから発見され、砂のようなシャリシャリした食感をもった瑞々しい果実は、東伯地方のみならず鳥取県の経済・産業に大きく寄与したことから、「世紀の大発見」といわれた。倉吉市街の一等地にある公園広場に、梨のためだけに博物館を建てるなど、「倉吉は梨の賜物」といわれるように、倉吉は梨に支えられて市勢を発展させてきたのである。

交通[編集]

山陰本線が通じているが、市の中心部からは離れており不便である。かつては、山陰本線の上井駅(現在の倉吉駅)より倉吉線が倉吉(打吹)、関金を経て山守を結んでいた。さらに山守から、蒜山高原を経て、より有名でない勝山に至る計画もあったが、勝山の知名度不足が祟ったため、票集めに失敗し、計画はお蔵入りとなった。

今のところ、国道9号は隣町を通っており、倉吉にはかすりもしていない。そもそも、東伯地方には二桁国道すら通じていない。一桁国道を手に入れるため、近いうちに隣町を併合するのではないかといわれている。

関連項目[編集]


この項目「倉吉市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)