修学旅行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「修学旅行」の項目を執筆しています。

修学旅行(しゅうがくりょこう)とは、日本の生徒・児童(小学生中学生高校生)が学校ぐるみで行なう行と業の旅行である。

なお卒業間近の高校生および大学生有志が行く卒業旅行は泊りがけの乱交パーティーであり、全くの別物である。


歴史[編集]

イギリスのグランドツアーに起源を求めるトンデモ説があり、またその珍論がウィキペディアにも記載されているが、日本における修学旅行はこれとは明確に異なり、深い歴史を持つ。

日本においては日本列島に縄文人がやってきたのが最初とされる。修学旅行の一環としてナウマンゾウ捕獲の実習を行っていた当時の中学生らが、地殻変動などの理由で故郷に帰れなくなり、日本に土着した。これが日本原住民族になったと言われる。また、弥生時代には大陸や南方から稲作の実習でやってきた高校生が、原住民族の文明が遅れているのをいいことに、入植する形で日本に居ついたのである。縄文人より発達した文化を有していた彼らは、弥生人と呼ばれた。この歴史的事実は、日本神話の天孫降臨に形を変えて伝わっている。また国譲り神話では、高天原から天下ってきた高校生が、中学生をカツアゲして国を強奪した様子が描かれている。

その後も日本人は修学旅行とともに進歩してきた。邪馬台国以降では中国が主な修学旅行先であり、最も人気が高かった。この中国への修学旅行は時代が過ぎても遣隋使・遣唐使という形で継続された。また逆に中国など大陸から日本に修学旅行に来て、そのまま帰化した秦氏のような渡来人も多かった。

一方、平安時代からは日本国内での旅行も多く増え、坂上田村麻呂が引率した蝦夷征伐や石清水参りなどが人気が高くなり、後の時代のお伊勢参りなどもこの系譜である。土佐日記は日本初の「修学旅行のしおり」として名高い。この傾向は江戸時代まで続くが、その間、現地住民と修学旅行生との間で頻繁にトラブルが発生していたらしい。特に海外への修学旅行ではその傾向が顕著であった。から来た修学旅行生が引き起こしたトラブルは元寇とまで呼ばれたほど悪質で、鎌倉幕府滅亡の原因も修学旅行に一因がある。

織田信長は、ヨーロッパからの修学旅行生を歓迎したが、やがて勝手に布教活動をするなど素行の悪さが目に付くようになると、豊臣秀吉が彼らを追い出すようになった。しかし、その秀吉も韓国への修学旅行時には、現地でマナーの悪さを指摘されている。また地方では倭寇という形で独自に海外へ修学旅行に出かけたものもいる。これらのトラブルを受け、江戸幕府は海外への修学旅行を全面禁止(朝鮮通信使など極わずかな例外も存在している)せざるを得なくなった。なお、参勤交代遠足である。

明治以降の学校制度の整備により、修学旅行は国内・国外ともに隆盛を極めた。国内で著名なものとしては戊辰戦争八甲田山雪中行軍などがある。一方、海外への修学旅行としては日清戦争日露戦争第一次世界大戦シベリア出兵日中戦争太平洋戦争などが名高い。諸所の事情から、修学旅行は女子の参加を厳しく制限しており、参加が認められるには終戦を待たねばならなかった。

戦後、しばらくは交通状態が悪く、ほとんどの学校では事前に列車事故などを想定して避難訓練が行われ、当日も生徒は命綱を掴んで列車に乗るという厳かな移動だった。

概要[編集]

基本的には泊りがけで行う遠足とほぼ同義である。ただしおやつは遠足とは異なり、リミッターに特殊なルールが適用されるため、バナナはおやつには含まれない(腐る可能性がある)。お小遣いは限度額が決められているものの、これはしばしば無視されるし、先生も黙認する。中には随分と散財し、「ゲームソフト買えるぐらいの額を使っちまった……」みたいなやつもいる。持ち物には名前を書くよう推奨されるが、パンツなどを落とした際に名前を書いておくと自分のクビを絞める事になりかねない。 なお、帰宅部員は自宅に帰宅できないので参加には十分注意すること。

主な行き先[編集]

鉄道での移動を行なう場合に立ち寄り、電車の乗り方などを学ぶ。多くの場合、鉄道マニアの独壇場となる。駅では列に並んで長時間座らせられる。こうすると教師たちは安心するが周りの人間からの憐れみのこもった視線からは避けられない。
バス
嘔吐の体験が出来る。バスマニアの独壇場にはまずならない。窓側の席は取り合いになる。また、ヅラ疑惑の教員の後ろに座ると罰ゲームで……。帰りは何故か9割の生徒が就寝し、運が良ければ隣の女子がもたれかかってきて恋人気分を味わうこともできる。
戦争関係の場所(原爆ドームなど)
移動中や見学中は図書館に必ず置いてあるはだしのゲンの話で盛り上がり、一体感を感じる事を学ぶ。稀に軍事マニアが台頭するきっかけとなる。
城跡や資料館など
歴史を学ぶために訪れる。戦国時代マニアなどが大ハッスルできる。
寺社仏閣
バチあたりな行動を行うことによって無神論を学ぶ事ができる。国宝級の歴史的建造物に落書きし、若気の至りを体験する。
東京ディズニーランドユニバーサルスタジオジャパン
アメリカ合衆国の日本への搾取の方法を学び、一人前の親米ポチとしての感覚を養う。ミッキーマウスへのキック行為などはルール違反である。たいていの中学校では、過去に生徒の一人がミッキーマウスを池に落とした等の噂が流れるが、実際に事件のあったはずの年には何も言われていなかったことを考えれば、実は大嘘だったのだと判明する。ちなみに、ディズニーランドでは夢の国としての雰囲気を壊さないよう、学生服での入場を禁止しているらしい。
東京タワー
日本の高度成長期の歴史を学ぶために、高度成長期の遺跡である東京タワーを訪れる。東京タワーと書かれた置物・ペナント・提灯を購入する事が多いが、最近は「根性」と書かれた置物を容易に購入する事も多い。
お土産屋
男子生徒はここで必ず木刀などを購入する。高二病発病者は購入者をバカにしつつ「弟に買っていく」とバレバレの嘘をつき購入する。
離島
過去にTDLでミッキーへの暴力行為があった学校が目的地として選ぶことが多い。そこで地味に農業なり漁業なり体験する。
スキー
生徒の指導をインストラクターに丸投げできるとして、先生方にとても人気がある行き先。スキー実習で疲れきった生徒たちはすぐに眠りこけてしまうので、夜間でも手間がかからない。体育教師以外の先生は、生徒がスキー場で雪だるまになっている間、温泉でのんびりしているか、酒を飲んでいる。
東京スカイツリー
2012年5月以降修学旅行の行き先になるであろう場所[要出典]。日本は工業が盛んであることを学ぶ。また、日本が世界一(の電波塔を作った国)であることを学ばせ、愛国心を持たせ、後々御國に従うよう教え込む企みがあるとも言われている。
京都奈良
日本の歴史や仏教などを、肌や目、耳、舌で感じとる(というより、「とれ」と言われる)場所。正直つまらない。

男子・女子特有の行事[編集]

修学旅行の宿舎などでは生徒児童独自の行事が自主的に行われる。宿舎が別々の関係上、男子・女子でこれらの行事は別々に行われることがあるがこっそり抜け出し逢引する奴らもおり、それをたまたま目撃してしまった男子は大声でみんなに言いふらし、突如学級会が始まる。

男子の行事[編集]

食事
鍋を加熱する青い固形燃料などを触る事で化学の勉強を行う。また朝食時に卵の一気飲みなどを行うことで家庭科の勉強にもなる。また「もったいない」精神を再確認するため、使用済みの箸袋を持ち帰ってリサイクルすることが推奨されている。
風呂
友人と風呂に入るのは修学旅行くらい。そのため、ここぞとばかりに他の奴らの竿を見ようとする。
普段おとなしい奴の竿の大きさにびっくりしたり、体育会系の奴の竿の小ささにがっかりしたりするのも楽しみの一つ。
大人の必須項目である飲酒の実地体験が行うことが出来るのも修学旅行ならではである。誰かが持ち込むが、持ち込めなかった場合は土産屋で購入する。これは発覚した場合は自宅への強制送還が申し付けられる事になるため、社会の厳しさと法の抜け道を学習する事が可能である。稀に先生とうちとけて一緒に飲む事になる事も。
喫煙
大人の必須項目である喫煙の実地体験が行うことが出来るのも修学旅行ならではである。室内ではなく室外にて行うことが多く、またその方が発覚しにくい。これらは社会に出てからの喫煙者のルールとマナーを学ぶために必須である。これも発覚した場合は自宅への強制送還が申し付けられる事になるため、社会の厳しさと法の抜け道を学習する事が可能である。
賭博
修学旅行生は教師に隠れて賭博を覚え始める。多くの場合、賭博の賭けの対象は修学旅行に持ってきたわずかなお小遣いやお菓子などが殆どと言う可愛いものである。しかしいわゆる飲む・打つ・買うの人間の三大欲望のうちの一つである打つを学ぶ事で、ここで社会に出てからのギャンブルの世界の厳しさを学ぶ事になる。ギャンブルの種目はUNO大富豪が圧倒的に多い。中には紙麻雀をプレイする猛者も居る。
枕投げ
修学旅行でしか行われることのないスポーツとして有名である。ドッジボールや雪合戦の亜種として扱われる事が多いが、各人一つずつ珠を持つなどの特殊なルールから高度な戦略と運動神経が求められる。後述の体育教師召喚の原因となりやすい。
修学旅行トーク
クラスの好きな女子などを言い合うことで、性の知識の共有と人間関係の構築、また友人からの「じゃあ告れよ」という励ましから来る勇気とそれを押しとどめる思慮深さなどを学べる。「ああ、あの子ならバスケ部の先輩と付き合ってるぜ」などという情報を友人からもらう事で現実の厳しさも知る事になる。好きな女子が居ない場合、ソイツはホモという事にされる(どうしても居ない場合は事前にでっち上げておく必要がある)。二次元は基本的に却下。最終的には好きな人をあてるクイズになる。
稀に三国志ガンダムテレビゲームアニメ聖闘士星矢涼宮ハルヒの憂鬱など)、AV女優の話で盛り上がる宿舎があるが、これは明確なルール違反である。
消灯後のテレビ観賞
これは、決してアーン♥♥な番組を見るわけではなく、アニメ好きの人間が深夜アニメを見るために徹夜をする。
寝ている友人を起こして、強制的に見させる迷惑な人間がいることは言うまでもない
ただし、見回りに来る教師にばれないようにするため、テレビの電源を素早く切る反射神経が求められる。
有料チャンネル鑑賞会
有料チャンネルと言っても新作映画を見ることはまずない。いわゆるピンクチャンネルが主である。徐々に人数が減るにせよ深夜帯に延々と鑑賞されることもままあり、1000円の元は十分にとれる。ただし宿泊施設を一棟貸し切っている場合はカードの購入には注意が必要である。大概60秒はお試し視聴の設定がされているため、数秒ごとに区切って電源を入切すれば、無料で好みのシーンを拝見することができる。なお自宅からビデオや小型メディアプレイヤーに取り込んだ動画を持ち込んで鑑賞会を行う場合もあるが、色々な意味で危険を伴う。
学校側の希望で有料カードが反応しない様に根回しされている場合がある。1000円とドキドキ返せ。
脱走
特に宿泊施設がひなびた温泉街の場合、なつかしのストリップ小屋などが存在し思春期の男心をくすぐるには十分な存在である。宿泊施設に向かうバスの車窓から見えた日にゃ行って見たいと思うのが心情。かくして脱走計画は実行に移される。脱走は正面玄関から堂々と出ていく者、非常口や従業員用通用口からこっそり出ていく者、更には3階から雨どいを伝って大胆に出ていく者等多彩である。が、かくして脱走には成功したもののストリップ小屋の正確な位置を誰も覚えておらず途方にくれて戻って来るのが関の山である。
女子の部屋に遊びに行く
多くの場合期待するような事は起こらず、話やゲームなどをして終わる。そこで女の子の本性を知ることも・・・
まあそれはそれで楽しい。
男子校では天文学的な確率でしかありえない。
正座
上記の行動がハッスルしすぎた場合、体育教師や生徒指導部による部屋への介入が行われ、宿舎の廊下に正座させられる。これは日本の伝統である座禅を学ぶという意味がある。また偶然居合わせた他の宿泊者らの目も厳しいことから、いかに高い精神性が日本人に求められているかが窺える。
その他
期間中うんこ我慢など各人がそれぞれ独自に何かにチャレンジする事も多い。またLSDに初挑戦などよりエクストリームな方向にいく場合もある。

女子の行事[編集]

おしゃべり
とりあえずなんの変哲もない世間話をする。男子からみれば「おまえらおばさん?」と思えるすばらしい行事だ。恋人話にでもなったら、恋人がいない人にとって奇妙なひと時になるであろう。
やっぱ人生ってうまくいかないね☆

修学旅行から帰ったあと[編集]

スクールトリップブルー
大抵の学校において、修学旅行はその学校生活の中で最も愉快な行事である(一部の生徒を除き)。いわばラーメンで言うところのチャーシューである。ということは、最大の楽しみが過ぎ去ってしまった後の学校生活に残されたのは苦行、即ちお勉強の日々なのである。この辛すぎる現実に気づき、打ち据えられてしまった生徒は、激しくになり、時に自殺者も出るほどである。この現象をスクールトリップブルーと学会では定義している。
記念写真
旅行中の大切なおもひでを記録した写真達は、過ぎ去ってしまった楽しい日々の残り香である。これらの写真は後々、卒業写真や文集に使用されることになるが中にはフ●イデーばりのスクープ写真が撮影されていることもあり、これによってあんな疑惑こんな疑惑が持ち上がり騒然とすることも少なくない。また、思春期の生徒にとって、好きな異性と一緒に写っている写真などは貴重なオカズ甘酸っぱい青春の象徴として格別の価値を持つ。しかし、よくよく見てみると、その異性が写真のなかでさり気なく手を握ってたりするのが自分ではなく違う生徒だったりして、夜中に自室で一人『うわあああああああ』と悲鳴を上げてしまうのも、また醍醐味である。

修学旅行中の自宅[編集]

この期間は保護者の方々が久しぶりに邪魔なガキ子供の世話から解放され、二人きりの夜を楽しむことが出来る唯一の日である。子供達がめくるめく旅行を楽しんでいる間、保護者の方々もめくるめく夜を楽しむことができる。修学旅行から帰還した際、妙に両親の仲が良くなっていることがしばしば見られるのはこのためである。修学旅行とは子供達のみならず大人達にとってもいいことずくめの素晴らしい行事なのである。

まれに留守なのをいいことに自分の部屋を大掃除され、エロ本などが机の上に置かれるなどの悲劇が発生する可能性もある。このことから、エクストリーム・エロ本隠しにおいてもっとも難易度の高いステージだと言われることもある。

関連事項[編集]